タグ   /  小玉スイカ

記事

小玉スイカ」 の検索結果 25件

最後に1個だけ残していた、というか、実りが遅かったので熟すのを待っていたら、やはり最後には、勢いがなくなって虫たちの攻撃を防げなかったようで、下面は大丈夫だったのですが、上面が穴ぼこだらけで、満身創痍..
タグ:小玉スイカ  半身創痍  
7月に入って、小玉西瓜の雌花が次々と咲き、実も大きくなってきたので、ネットをかけることにしました。 南瓜(カボチャ)はネットをかけなくても烏(カラス)に食べられてしまうことはないし、西瓜..
人肌発芽で同時に育苗を始めたロロン(南瓜(カボチャ))と小玉西瓜。 小玉西瓜のほうが、定植の時期など、全体的に成長の早さが1週間くらい遅めで、雌花もようやく咲き始めましたので、雄花の花粉を受粉し..
タグ:雌花  小玉スイカ  受粉  
4月中旬から同時に人肌発芽で育苗を始めた南瓜(カボチャ)と小玉西瓜。 成長の早い南瓜はすでに瓜葉虫(ウリハムシ)からの襲撃を避けるために行っている肥料袋による囲いを外していますが、1週間遅れ..
瓜葉虫(ウリハムシ)の食害を防ぐために定植したときに肥料袋でかこってあるロロンも、だいぶ育って、袋の上から顔をのぞかせてきたので、解放してやることにしました。 朝の解放直後はだらんと..
ロロン(南瓜(カボチャ))と同時に4月17日から人肌発芽で育苗をはじめた小玉西瓜の苗も、約2週間遅れでようやく定植できる程度に大きくなってきました。 行うことは、ロロンとほぼ同じ。ある程度の広さ..
毎年行っている人肌発芽では、後半戦で南瓜や西瓜(スイカ)や胡瓜(キュウリ)などの発芽を行います。 もともと成長が早いのと、特に胡瓜は気温が暖かくなってからのほうがいいような気がするからです。 ..
以前(もう20年以上前?)は大玉の西瓜を作っていました。大きい実が成るのはうれしいのですが、いかんせん冷蔵庫に入らないので最近はもっぱら小玉西瓜にしています。 今回は、まあまあ順調に美味しいのが..
タグ:復活  小玉スイカ  
夏真っ盛りで、毎日暑い日が続いています。 夏野菜が、徐々に種類も増えて毎日収穫できています。 南瓜(カボチャ)と小玉西瓜(こだまスイカ)も収穫が始まりました。南瓜のほうはまだ新しい実が..
昨年から使い始めた西瓜や南瓜用の座布団。透明なプラスチック製で何度かは使うことができるし、底の部分も緑に色づいてくれるし、特に南瓜は地面に着いていないので虫がつきにくいという利点があります。 今..
南瓜(カボチャ)同時に人肌発芽で育苗を開始した小玉西瓜。 成長が旺盛な南瓜に比べると若干ゆっくり育つので、定植の目安である、本葉が4、5枚になってきた南瓜を定植した1週間後にはたけに植えました。..
昨年から開始日を3月11日にした人肌発芽による育苗。 4種類くらいのタネを、発芽するたびに育苗ポットに移していき、すべて発芽が終了したら次のタネを追加して温める感じで順次行っていて、全体ではこん..
表示
<    1  2  3