• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
2008年6月23日に書き始めました。2008年10月から1年1ヶ月くらい休止していましたが、2009年11月に再開しています。2010年8月から1年4ヶ月くらいまた休止していましたが、2011年12月に再開?

村夏至ってどんな人、と思ったら、とりあえず、左サイドバーのカテゴリーアーカイブの「01カテゴリー解説」を読んでみてください。プロフィールも少しは参考になると思います。
自分の忘備録という意味もあっていろいろ書き込んでいます。左サイドバーのカテゴリーアーカイブを活用するなどして、興味の持てるところからお付き合いください。
コメントに関しては、私が承認してからの掲載になりますので時間がかかる場合があります。ご容赦ください。

似顔絵イラストは、2018年4月に最近知り合った友人が私の好きなはたけや虫たち、マステなどをいれて、かわいく描いてくれました(イラストの変更は3回目です)。

1162_少し遅く植えたブロッコリーなどの苗や大根(ダイコン)などのタネ

[2022年12月09日(Fri)]
例年、ブロッコリーや芽キャベツなどは8月末から9月最初に育苗ポットにタネを蒔き、10月中旬くらいにはたけに定植。

大根(ダイコン)、小松菜(コマツナ)、蕪(カブ)などは、10月20日前後にはたけにタネを直蒔きします。

はたけに空きができたので、上に書いた通例の1か月から1か月半遅れで、タネ蒔きや残った苗の定植を行いました。

ブロッコリーとスティックセニョールはまだこんなに小さなまま。

221206ブロッコリーなど遅定植01.JPG

例年通り植えた苗はすでにこれくらいの大きさで、食べる部分である花芽ができかけています。

221206ブロッコリーなど遅定植03.JPG

10月20にタネ蒔きした小松菜や大根はこんな大きさになっています。

221207小松菜.JPG

221207大根.JPG

今回(11月下旬)はたけにタネ蒔きした大根などは、芽が出てきています。

大根は大きめの芽なのでわかりやすいのですが、

221206大根芽.JPG

小松菜などは、植えた場所が小松菜などを以前蒔いているところで、タネがはたけに残っていて、野草のように芽が同時に出てくるので、似たような双葉で今回蒔いたものと区別がつきません。

221206小松菜・蕪芽.JPG

大きくなってきたらわかるでしょうか?

寒くなってからの1か月は影響が大きく、成長は遅くなると思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

今期最初の焚き火遊び221204

[2022年12月08日(Thu)]
毎年冬季の恒例行事、地元の子どもたちや知り合いに呼びかけての焚き火遊び。

昨年は初日に、遊び場の桜の木の幹に空いている穴に雀蜂(スズメバチ)の巣があり、寒くなって動きが鈍くなっているとは言え、刺激しないように周りに竹の杭を打って子どもたちが近寄らないようにしたりと心配だったので、前日に下見に行ったところ、大丈夫でした。

今回は初日だったので、メインイベントは焼き芋のみ。

221204焚き火遊び02.JPG

設置していた竹のテラスが5年くらい経過して、崩れそうなので、もう人が乗らないようにしようかと思っていたところ、気づかない間に上っている子どもたちがいて、見事に崩れ、幸い子どものケガはなかったものの、すぐに解体して、新しいものに作り替える段取りをしました。

221204焚き火遊び03.JPG

前回同様、生きている竹が一番丈夫なので、それを活かして、その隣に柱になる竹を固定し、竹を渡してそこに竹を乗せていくという方法。

水平な場所ではないので、水平を取るのが難しい。竹の棒を渡して、遠目から感覚で水平を確認してもらうというアナログな方法でやっていたら、参加していたお母さんから「スマホで水平わかりますよ」と言われ、スマホに標準でついている水準器を活用してある程度の水平を取りました(文明の利器って、侮れません)。

次回、1月には真ん中に柱を追加して、さらに竹を渡せば完成です。

221204焚き火遊び04.JPG

いつ作ったがわかるように、2022.12を小刀で刻字してもらいました。
その他、焚き火の周りの椅子も補修したりして、充実した第1回目となりました。

221204焚き火遊び05.JPG

221204焚き火遊び06.JPG

後で見回ってみると、秘密基地的なものがちらほら。子どもたちも楽しんでくれたようです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1161_里芋(サトイモ)の収穫(初霜の日に)221203

[2022年12月07日(Wed)]
いつもは11月中下旬から収穫をはじめる里芋。

今年は、12月に入っての少し遅めの収穫になってしまいました。

温暖な瀬戸内海沿岸にも早めの初霜が降りました。苣(チシャ)の葉っぱにうっすらと。

221203チシャ霜.JPG

里芋はわずかに葉が残っている状態。

221203里芋収穫01.JPG

最初に掘ったのは、一番端の日陰側で、親芋が小さめなので、全体的に芋の付きもあまりたくさんではありませんでした。

221203里芋収穫02.JPG

221203里芋収穫03.JPG

それでも、そこそこの大きさのおいしそうな芋たちです。

これから、ぼちぼち収穫していき、最後の株は春まで取っておいて、一部をまた種芋として使います。枯れ草などをかぶせておけば、そのまま越冬してくれます。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『地球交響曲(ガイアシンフォニー)−第九番−』221217

[2022年12月06日(Tue)]
2022年12月17日(土)13時〜15時03分
広島県立美術館講堂にて
入場料:大人1500円(当日2000円)、小人(18歳未満)800円(当日1000円)

2212地球交響曲9.JPG

221217ガイアシンフォニー9_02.JPG

イギリスの生物学者ジェームズ・ラブロック博士の提唱する「地球はそれ自体がひとつの生命体である」というガイア理論に触発され、その理論を感じされる人を取り上げてオムニバス形式で映像化したドキュメンタリー映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)』。

1992年公開された第一番から制作され始め、2021年に最終版となった第九番では、ベートーベンの『第九』の第一人者と言われる指揮者 小林研一郎さん、ノーベル生理学医学賞受賞の本庶佑さん、認知考古学者のスティーブン・ミズンさんが登場。

私自身は、最初の何作品かを観ていて、何となく怪しい部分もありながらも、考えさせられることも多く興味深い作品だと思っていて、完結したのを最近知りました。

予定が重なっているので、今回観に行けるかどうかわからないのですが、どこかで自主上映されると思いますので観てみたいと思っています。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1160_里山ひよじ村での作業_水路の泥上げ221203

[2022年12月05日(Mon)]
里山ひよじ村では、11月20日に開催した大地の再生講座を終えて、水路の風通しを良くする整備などをぼちぼち行っていて、私自身は、用事が重なったりでようやく少しだけ参加。

221203ひよじ村水路泥上げ.JPG

なかなか手が付けられていなかった水路の泥上げと水路周りの草木の刈り取り。上げた泥が流れないように、刈った草木と交互に積み重ねていきました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『なぜ私は私であるのか 神経科学が解き明かした意識の謎』

[2022年12月04日(Sun)]
『なぜ私は私であるのか 神経科学が解き明かした意識の謎』
(アニル・セス著、2022年(原著は2021年)、青土社)

2211なぜ私は私であるのか.JPG

意識について探求し続けている神経科学者による「意識」についての最新の研究を紹介する本で、なかなか興味深い。

意識とは何かという問題は古くからありながら、難問で、でも最近また注目を浴びているらしい。

著者は、科学者らしく慎重にわからないことはわからないという立場を取りながら、そして明快な結論はないながらも、さまざまなアプローチで意識に迫っていく。

まず最初に驚くのは、意識レベル(昏睡状態から目覚めの様々な状態、気づきのある状態との差など)がかなりの精度で測定できるようになっているということ。

そして、意識の内容を考えるにあたって、意識的知覚というものが、ただ外の世界をセンサーによって知覚するというより、常に予測をして現実とすり合わせをしているという意味で、「制御された幻覚」であるということや、自己というもの自体が一つの知覚であり、もう一つの「制御された幻覚」であること、生き続けるという生命学的欲動によって形作られているという、いろいろ切り離すことができない状態であるということについて、具体的な実験なども交えて解説してくれて、謎が謎を呼ぶ刺激に満ちた本です。

人工知能や動物などの意識についての言及もあり興味が尽きない。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

まいにちノッティングin himaar(「ウールの椅子敷き」展示販売会)221206〜

[2022年12月03日(Sat)]
■四角 2022年12月6日(火)〜
●丸 12月13日(火)〜25日(日)ともに12時〜18時(月曜休み)
himaarにて

まいにちノッティング221206〜01.JPG

まいにちノッティング221206〜02.JPG

この時期恒例になってきているノッティング展。倉敷本染手織研究所を卒業してノッティング作家として活躍しているササムライクコさんのあたたかな作品たち。12月6日と13日にはササムラさんも在店のようです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

「デイキャンプで移住者と交流しよう」に参加してきた221126

[2022年12月02日(Fri)]
岩国市美和町の旧長谷小学校に作られた長谷交流館周辺(グラウンド)で開催された「デイキャンプで移住者と交流しよう」。

キャンプやレクリエーションの達人が指導のもと、参加者みんなで、タープ設営やピザ焼き、塩麹に付け込んだ鳥手羽元とざく切り野菜たっぷりのダッチオーブン料理、お土産に牛乳パックを使った岩国寿司、北欧生まれの木を倒すゲーム「モルック」(ゲームを久々にしたのですがこれが意外と盛り上がった)など、盛りだくさんながら思いのほかのんびり過ごせた1日でした。

221126移住者と交流デイキャン02.JPG

221126移住者と交流デイキャン03.JPG

221126移住者と交流デイキャン04.JPG

221126移住者と交流デイキャン05.JPG

写真は、絶品だったダッチオーブン料理のみです(他も美味しかった)。

参加者も、最近近くに移住してきた子連れの若夫婦や元地域づくり協力隊員でその後も住み続けている家族、45年ぶりに帰ってきて暮らすようになった人や地元の地域づくりに熱心に取り組んでいる人など様々。

美和町の住みやすさ、地域に対する思いや、田んぼを受け継いでくれる人を探している話など、いろんな話も聞かせてもらったりして交流を図ることもできました。

実は、私の知っている移住者にも声をかけてみたのですが、興味を示してもらえたものの、予定が重なっていたので残念ながら参加できなくて、こういった交流の場は楽しく、お互いに参考になるので、こういうイベントがあればまた誘ってみようと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

1159_大根(ダイコン)の間引き菜

[2022年12月01日(Thu)]
例年10月20日前後にタネ蒔きをする小松菜(コマツナ)と大根と蕪(カブ)。

菜っ葉系は、温かい時期は虫に食べられてしまうので、真冬でも育つこの三種(と、ブロッコリー)は私がこの時期に育てる野菜です。

それでも、苗の時期は暖かいので、特に大根は、名前の真っ黒な青虫?背黒蕪葉蜂(セグロカブラハバチ)の幼虫に食べられてしまうことが多いのですが、今年は何の加減か全然食べられていません。

仏の座(ホトケノザ)をメインとして、通称ひよこ草(繁縷、ハコベ)などに周りと株間は埋め尽くされながらも、どんどん大きくなってきています。

仏の座も繁縷も、春の七草に入っているくらいで食べられないことはないのですけど、普通は食べません。それより、この二つの野草は、根があまり深く入り込まず、引き抜きやすいので、ぼちぼち取ればいいかと比較的ほったらかしにしてしまいます。

ちなみに、育ちの早い小松菜はこんな感じ。

221128小松菜.JPG

そして、この時期の楽しみは、間引き菜。小松菜と蕪は最近紹介したので、大根の間引き菜を紹介しましょう。

221127大根間引き02.JPG

密集したままだと栄養を奪い合って大きくなれないので、徐々に間引いていきます。

221127大根間引き03.JPG

221127大根間引き04.JPG

221127大根間引き05.JPG

そして、根元の土などの汚れをきれいに洗い流して、刻んで汁の具にしたりします。

221127大根間引き07.JPG

特に、軽くゆがいて、細かく刻んで絞り、鰹節と醤油で和えてご飯にのせて食べると最高です。大きくなった大根の大根葉でも十分美味しいのですが、間引き菜は若々しさと柔らかさが魅力です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

100回目を迎えた森田真生さんの生命ラジオ221124

[2022年11月30日(Wed)]
京都在住の若き独立研究者 森田真生さんの話を、関東から周防大島に移住した中村明珍さんが聴き役として進行し、インターネット配信するちょっと怪しい名称の「生命ラジオ」。

コロナ禍の2020年の11月からはじまって、月4回のお話しと、月1回フリーアワーと称してズームを使ってそれぞれが生命ラジオで感じたことや思っていることを話し合っていて、私も参加させてもらっているのですが、この11月に3年目。そして100回目を迎えました。参加者の誰かも言っていましたが、毎週同じ人の話を2年間も聞き続けるというのはなかなかない機会です。

専門的な分野やネットの世界では焦点が合いすぎて一見クリアそうな議論が多くを占めているような昨今、わからないことを問い続ける森田さんが、知り合った人や本から学び、考えつつあることを話してくれるのを聴くのは、とても刺激になります(ここで紹介された本を結構読んでます)。

寄り道バザール(yorimichibazar)のホームページで、毎月参加者を募集しています。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ