CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
2008年6月23日に書き始めました。2008年10月から1年1ヶ月くらい休止していましたが、2009年11月に再開しています。2010年8月から1年4ヶ月くらいまた休止していましたが、2011年12月に再開?

村夏至ってどんな人、と思ったら、とりあえず、左サイドバーのカテゴリーアーカイブの「01カテゴリー解説」を読んでみてください。プロフィールも少しは参考になると思います。
自分の忘備録という意味もあっていろいろ書き込んでいます。左サイドバーのカテゴリーアーカイブを活用するなどして、興味の持てるところからお付き合いください。
コメントに関しては、私が承認してからの掲載になりますので時間がかかる場合があります。ご容赦ください。

似顔絵イラストは、2018年4月に最近知り合った友人が私の好きなはたけや虫たち、マステなどをいれて、かわいく描いてくれました(イラストの変更は3回目です)。

『未来を実装する テクノロジーで社会を変革する4つの原則』

[2021年09月21日(Tue)]
『未来を実装する テクノロジーで社会を変革する4つの原則』
(馬田隆明著、2021年、英治出版株式会社)

2106未来を実装する.JPG

テクノロジーで社会を変革するためには、テクノロジーがあるだけではだめで、それを社会にどうやって受け入れてもらえるかを考えたり、時には受け入れ安くなるように社会を変えていかなければならないという、そもそも的なことをおさらいするような本(なので、新しいテクノロジーの中身に関することは書いていません)。

日本のようなある意味成熟した社会では、さまざまな課題がある程度解決されているため、システムに不具合があっても、それを変えることに伴うリスクやコストが大きく、また関係者が多岐にわたっているためなかなか難しいこと、新しい課題可決のため民間、公共、市民活動などそれぞれの分野で活動していたセクターがお互いに学び合って融合しつつある部分があることなどについて、実例も交えて丁寧に解説してあります。

テクノロジーの社会実装にかかわる人は、ともすれば社会に対する認識が薄いという面がありそうで、これくらいの共通認識を持ってもらいたいという意味では理解できるのだけど、カタカナ言葉が多い割に中身的にはこれまで様々なところで述べられていることも多いような感じがして、少し中途半端な印象も受けた。

巻末には、「社会実装のツールセット」として、社会実装に役立ちそうな分析手法や情報などをまとめて掲載してあります。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

957_遅植えロロンの実り210919

[2021年09月20日(Mon)]
余ったまま育てていた苗を7月11日に、芋ばたけの隣の空きスペースに植えたロロン(南瓜(カボチャ)の品種名)。

敷き藁をした部分からはみ出さないように、ときどき様子を見ています。

遅く植えたのと、特に耕したりしていないのもあってか葉っぱの色味があまりよくありませんが、

210919あと植えロロン01.JPG

なんとか実りはじめました。

210919あと植えロロン02.JPG

苗を植えたほうに回ってみると、枯れ始めています。

210919あと植えロロン03.JPG

近寄ってみると、2本植えた苗の一方は、完全に枯れています。

210919あと植えロロン04.JPG

それでも育っているというのは、どういうことかとたどってみると葉の生えている部分の下から出た根がしっかり地中に入り込んでいるところが何か所かあります。

210919あと植えロロン05.JPG

リスク分散型のしたたかさ。

うまく育って熟してくれるといいのですが。

ちなみに、5月下旬に植えたロロンは枯れて、完全に終わってしまいました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

956_玄関に置きっぱなしの紫つくね芋の零余子(むかご)

[2021年09月19日(Sun)]
去年の冬に収穫して保存しておき、5月に植えた紫つくね芋の零余子。

植えきれなかった小さなあまりを玄関に置きっぱなしにしていてふと気づくと、もう9月。収穫してから10か月くらい経過していて、しかも芽が出てしまっていたりするのに、まだ生きています。

210916紫つくね芋の零余子01.JPG

生命力のすごみを感じます。

210916紫つくね芋の零余子02.JPG

210916紫つくね芋の零余子03.JPG

知り合いにも分けてのあまりなので、植える場所もなくいかんともしがたい。

210919紫つくね芋01.JPG

5月に植えたものは、旺盛に葉も茂っていて、あと2月くらいすれば収穫できます。

210919紫つくね芋02.JPG

今年も、大きな零余子がたくさんできています。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

61『ファヒム パリが見た奇跡』2021レンタルにて

[2021年09月18日(Sat)]
『ファヒム パリが見た奇跡』
(監督:ピエール=フランソワ・マルタン=ラヴェル、出演:イザベル・ナンティ、ジェラール・ドバルデュー、アサド・アーメッド、ミザヌル・ラハマン、107分、フランス映画)

2008ファヒム.JPG

2021年、映画鑑賞61作品目。

主人公の子どもは政情不安定なバングラデシュから、母子を残して、父とフランス・パリにたどり着き、父は仕事探しと同時に難民申請も行うのだけど、言語の問題などもありなかなかうまくいかない。

バングラデシュ国内で天才と呼ばれたチェスの打ち手だった主人公は、パリの地で有名なコーチに出会い、衝突しながらも教室の仲間と共に信頼関係を築いていく。

やがて在留資格がなくて本来は参加できない彼も含めて、子どものチェスの全国大会に教室として参加することになり、奇跡を生むことになる。

実話に基づいた物語。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『アイリッシュネスへの扉』

[2021年09月17日(Fri)]
『アイリッシュネスへの扉』(松井ゆみ子著、2021年、ヒマール)

2108アイリッシュネスへの扉.JPG

岩国市役所近くにあるセレクトショップ兼書店、ときどき陶器や雑貨などの展示会やライブイベントなども行っているヒマールのもう一つの顔、出版部から、新しい本が出ました。

アイルランドに30年住んでいる松井ゆみ子さんのエッセイ。

2019年に、アイルランドの都市部から北部のスライゴーという町にある由緒ある古民家に移り住んでから、コロナ禍での暮らしなど、まずは、古民家にまつわる話からアイルランドの歴史に引きずり込まれ、地域ごとの伝統文化を大切している暮らしぶりなど、自在な筆致でアイルランドに触れることになってしまいます。

最後のあたりで、2020年の年末、クリスマスのチャリティイベントで、主に若者たちが運転するある乗り物によるパレードが出てきて、それを「未来へのパレード」と名付けるところが印象的。

アイルランド好き?のヒマールのオーナーたちが、現地でたまたま出会った著者とのつながりから生まれた本で、ヒマールのホームページの中には「Yumikoのサバイバル・クッキング」という料理やお菓子のレシピを中心としたブログページがありますし、著者がセレクトしたアイルランドの雑貨をリアルに販売するコーナーも店舗内にあります。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

955_まちなかのはたけ210911

[2021年09月16日(Thu)]
2週間ぶりに様子を見に行ったまちなかのはたけ。

まずは、岩国駅前のはたけ。

ミニトマトはお休み状態になっていますが、もう少し涼しくなってきたらまた収穫できそうな雰囲気。そのほかの野菜たちはぼちぼち収穫できているようです。ミニトマトの枝の整理や、食用鬼灯(食用ホオズキ)の枝の整理や支柱立てをしました。

210911子げきはたけ03.JPG

8月下旬にみんなで支柱立てをした綿は順調に大きくなっていて、

210911子げきはたけ01.JPG

実が弾けそうなのがたくさんあるなあと思って眺めていたら、

210911子げきはたけ02.JPG

1個だけ弾けているのを見つけました。

210911子げきはたけ04.JPG

錦帯橋近くのはたけの綿もすくすく育っていて、こちらはボチボチ綿の収穫がはじまっているようです。

210911ライブデポはたけ02.JPG

210911ライブデポはたけ01.JPG

片隅で咲き始めていた藍の花も花びらを開き始めていました。


210911ライブデポはたけ藍の花.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

60『白雪姫〜あなたが知らないグリム童話〜』2021レンタルにて

[2021年09月15日(Wed)]
『白雪姫〜あなたが知らないグリム童話〜』
(監督:アンヌ・フォンテーヌ、出演:ルー・ドゥ・ラージュ、イザベル・ユペール、シャルル・ベルリング、リシャール・フレシェット、ダミアン・ボナール、ジョナタン・コエン、112分、2019年、フランス・ベルギー映画)

2109白雪姫.jpg

2021年、映画鑑賞60作品目。

グリム童話の「白雪姫」をモチーフにした現代のお話。

ホテルを経営していた父を亡くした主人公は、そのホテルの従業員として働いている。ホテルを経営しているのは亡くなった父の後妻である義理の母。彼女は、主人公に現在の恋人を奪われそうになっていることを知り、主人公の抹殺を依頼することになる。

車で連れ去られ殺されそうになった主人公は間一髪救われて、田舎町のさらにまた奥にある、双子とチェリスト、3人の男性の住む一軒家に住むことになり、その美しさに魅せられた町の男たちは次々と手玉に取られていく。

主人公に感じられるある面でのあけっぴろげさと、男たちの愚かしさとの対比は、痛快でもある。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

954_ロマネスコと芽キャベツの定植

[2021年09月14日(Tue)]
8月中旬から育苗ポットにタネを蒔いて育苗を始めたロマネスコと芽キャベツ。

まだ昼間は暑いくらいだからでしょう。虫たちの活動も活発で、結構虫に食われながら徐々に大きくなりつつあります。

まだ、定植するには小さいような気がしますが、このまま狭いポットの中で育てるより、より根が張りやすいはたけに植えてやった方が元気に育つような気がして、試しに少しはたけに植えてやることにしました。

ロマネスコと、

210911ロマネスコ定植.JPG

芽キャベツ。

210911芽キャベツ定植.JPG

まだまだ昼間は暑いので、はたけに出すと一気に食害されてしまうかもしれないけど、様子を見てみようと思います。

翌日、秋から育てる葉野菜用のはたけをつくったりしていたら、さっそくロマネスコの周りをひたすら飛びまわる黄色い蝶を発見。パートナーを見つけて卵を産み付けようと狙っているかのようです(飛んでいるのでぼやけてます)。

210912ロマネスコに忍び寄る黄色い蝶.JPG

そして、よく見ると、すでに青虫が食べているではないですか。たった1日でどこからやってきたのでしょう。

210912ロマネスコ食害.JPG

ちなみに、9月1日から育苗を始めたブロッコリーは、さすがにまだこんな状態。

210912ブロッコリー.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『エナガの一生』

[2021年09月13日(Mon)]
『エナガの一生』(文:松原卓二、絵:萩岩睦美、2017年、東京書籍)

2109エナガの一生.JPG

私は野鳥観察が好きで、中でもエナガはかなり好きな部類です。

小っちゃくて、かわいくて、普通に見かける。

あまり人を恐れないので身近にいるのですが、ちょこまかとよく動くので、意外と知られていない鳥でもあるような気がします。

集団でさえずりあいながら木々を移動していくので、慣れるとその特徴的なさえずりで、すぐに気づけるようになります。

特に北海道にいるシマエナガという、より白っぽいエナガの仲間が人気なのですけど、エナガ自体もファンが多く、本もいろいろ出ているのは知っているのですが、買うのは2冊目。

エナガファンでエナガの写真集も出している写真家の松原さんが文を(多分参考資料として写真の提供も)、鳥好きの漫画家・イラストレーターの萩岩さんが絵を担当し、一羽のエナガを主人公として擬人化しながらも、リアルさとのバランスがうまく取れている印象で、イラストにした良さがよく出ている100ページにわたる長編の絵本。

新しい望遠レンズも買ってしまったし、この冬は、エナガメインで野鳥の写真を撮ってみようかという意欲が増してくる。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

953_自然の絵画(蛞蝓(ナメクジ)の軌跡)

[2021年09月12日(Sun)]
はたけで草取りをしていたら、里芋(サトイモ)の葉にきらりと光るものが。

210905自然の絵画01.JPG

写真ではわかりにくいですが、多分蛞蝓た這った跡で、粘膜が乾いて薄い透明な膜になっていて、太陽の光の加減で光っているのです(見る角度によって変化します)。

210905自然の絵画02.JPG

まさに蛞蝓の軌跡(落っこちたのかどうかは謎ですが)。


210905自然の絵画03.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ