CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
2008年6月23日に書き始めました。2008年10月から1年1ヶ月くらい休止していましたが、2009年11月に再開しています。2010年8月から1年4ヶ月くらいまた休止していましたが、2011年12月に再開?

村夏至ってどんな人、と思ったら、とりあえず、左サイドバーのカテゴリーアーカイブの「01カテゴリー解説」を読んでみてください。プロフィールも少しは参考になると思います。
自分の忘備録という意味もあっていろいろ書き込んでいます。左サイドバーのカテゴリーアーカイブを活用するなどして、興味の持てるところからお付き合いください。
コメントに関しては、私が承認してからの掲載になりますので時間がかかる場合があります。ご容赦ください。

似顔絵イラストは、2018年4月に最近知り合った友人が私の好きなはたけや虫たち、マステなどをいれて、かわいく描いてくれました(イラストの変更は3回目です)。

ひろしま哲学カフェに参加してきた200119

[2020年01月23日(Thu)]
ソーシャルブックカフェ ハチドリ舎の片隅、土橋公民館をメイン会場として月一ペースで開催されている「ひろしま哲学カフェ」。

2020年最初のテーマは、「「問題」は解決しないとだめですか?」。

「哲学カフェ」は、基本的なところの考え方はある程度共有されているけども、微妙なところではそれぞれの進行役にまかされているようです。「ひろしま哲学カフェ」では、まずそれぞれが当日呼んで欲しい自分の名前(本名でもあだ名でもなんでもOK)を決めて自分の前に書き、最初だけは、進行役が決めたテーマに基づいて、みんなが自分の名前とひと言ずつお話しする始め方がおきまり(あとは、無理にしゃべらなくてもいい)。

今回の出だしのテーマは、「自分の体験で、問題が解決した例」。ここで、参加者の多くが解決した例を出すのが難しくて、「そもそも問題は可決できてないじゃん」的な波乱含みのスタート。

しかし、その後は、話していくと解決した例がでてきたり、そもそも問題とは何なのかとか、保留にしたり、忘れたり、関係者が話し合ってその問題をないことにしようとすることにしたりするのは、解決したと言えるのか、とか、「ねばならない」ではなくて、同じ未来を見据えて問題点を共有できたら解決にむかうのでは、など、定義の話しから、人の性格や心情的な違いによる捉え方のあり方など、触れ幅の大きな話になって、面白いものでした。

哲学カフェの面白さを他の人に話したとき、「定義がはっきりしないとちゃんとした話しが進まないのでは?」と言う人もいるのですが、初対面の人もいるような場では、同じテーマでも考えていることや切り口が違ったりするので、いろいろ出し合って、相手がどういうことを考えているのかを知っていって、自分もその考えに影響されて考え直したりするのが楽しいので、あまり理詰めで考えすぎない方が楽しいのかな、と思ったりします。

次回は、2020年2月11日(月・祝)14時〜16時
ソーシャルブックカフェ ハチドリ舎にて
テーマ:「自分の言葉」はどこからどこまで?
参加費:1500円(1ドリンク込み)

おまけ
「哲学カフェ」終了後に軽く雑談しているとき、ハチドリ舎で月一ペースで開催している「セクマイBar」(性っていろいろ!セクシャルマイノリティー(性的少数者)たちと、性についての疑問や悩み、あれこれ自由に安心して飲みながら語り合いませんか?)に参加している人がいて、価値観が違いすぎる人ばかりで面白いと言っていてちょっと興味を持ちました(気になっていたのですが、実際の参加者から話を聞くと具体的なイメージが少しふえて興味が増します)。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

6『ジョジョ・ラビット』2020サロンシネマにて5

[2020年01月22日(Wed)]
『ジョジョ・ラビット』
(監督:タイカ・ワイティティ、出演:ローマン・グリフィン・デイビス、トーマシン・マッケンジー、タイカ・ワイティティ、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン、109分、2019年、アメリカ映画)

1912ジョジョ・ラビット.JPG

第二次世界大戦の末期、ドイツの10歳の少年が主人公。友だちがあまりいなくて、ひ弱だけど、妄想でつくりあげたヒトラーが友人で、ナチスの少年養成機関であるヒトラー・ユーゲントで訓練キャンプに参加したりする熱心なナチス信奉者。

父親は戦争に行って行方不明。優しい母親は、あえて直接的には子どもにナチス批判をしないものの、ひそかに壁の奥の部屋にユダヤ人の少女をかくまっている。

やがて、少年は少女の存在に気付き、少しずつ交流していくうちに偏見に気付いていく。

監督が自ら演じるおちゃめな妄想上のヒトラーをはじめ、全体的にユーモラスに描かれながらも、切迫した状況の中に光る大切な優しさなどが描かれていてなかなか素敵な作品です。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

子ども食堂(仮称)を見学してきた200119

[2020年01月21日(Tue)]
昨年の11月に知り合いの若いお父さんたちといっしょに子ども食堂の立ち上げに関する講座を受講して、一気に盛り上がって開催の運びとなった子ども食堂の初回を見学してきました(私は、地域のおじさん的な立場)。

中心メンバーは、PTAの役員などだったりするので、学校側との連携がスムーズで、フライヤーも学校が印刷・配布してくれ、地域の人たちにも使ってもらえるコミュニティルームとなっている空教室を集合場所にして、調理室も借りて、みんなで一緒にカレーを作って食べようという会になったようです(食事代は、子ども50円、大人200円)。

特に事前申込み不要にしたら、予想を超える子ども60人、大人20人くらいという大盛況。
調理台の数である6つの班にくじ引きで異学年にわけて、ぎゅうぎゅう状態でしたが、班長のお父さんの下、ちゃんと役割分担をしながら和気藹々と調理しているすがたはほほえましい。

200119子ども食堂01.JPG

200119子ども食堂00.JPG

食材もいろいろなところから提供してもらって、岩国ならではの蓮根(レンコン)もあって、カレーの中に入れたり、薄い輪切りにしてホットプレートでこんがり焼いてトッピングにしたりと楽しい。

200119子ども食堂02.JPG

200119子ども食堂03.JPG

200119子ども食堂05.JPG

200119子ども食堂06.JPG

200119子ども食堂07.JPG

私は、お昼から別用があったので、残念ながら完成まで居ることができなかったのですが、その後、場所を分散してみんなでカレーを食べ、会の名前をみんなで決めたり、楽しく過ごしたようです。

とりあえずは無理せず不定期で開催していこうというゆるい感じで、みんなが楽しんでやっている雰囲気が伝わってきました。

応援していきたいと思っています。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

689_サニーレタスの逆植え替え

[2020年01月20日(Mon)]
10月下旬にタネをはたけに筋蒔きしたサニーレタスが大きくなってきたのですが、密集しているので、間引いて育苗ポットに植え替えてみることにしました。

普通の逆のパターンですね。

タネを植えたものの、この季節は明るい時間帯が短く、平日は暗くて朝夕に収穫にはたけに行っても寒いしよく見えないので、軒下で育ってくれば助かるなと思って。

200112サニーレタス01.JPG

200112サニーレタス02.JPG

200112サニーレタス03.JPG

まだ小さな苗は根も体も小さいので、大丈夫な気がしますが、結構大きくなったやつは、植え替えるときに微細な根がとれてしまって、大きな体を支えるだけ水分や養分を吸い上げられるか心配です。

植えた直後はこんな感じ。

200112サニーレタス04.JPG

1日後は、

200113サニーレタス01.JPG

そして1週間後はこんな感じで、寒いせいか、すごく元気なわけでもなく、枯れてしまうわけでもなくといった状況。一つ変わったのは紫色がぐっと増えたようです。

200118サニーレタス植え替え01.JPG

ちなみに、プランターにも植えてみたら、こちらのほうがやはり土が多いせいでしょう、元気です。

200118サニーレタス植え替え02.JPG

単純に、寒い時期なので、成長は遅い。そして、育苗ポットだと、朝晩の寒さははたけより厳しいだろうなあ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『IT全史 情報技術の250年を読む』

[2020年01月19日(Sun)]
『IT全史 情報技術の250年を読む』
(中野明著、2017年、祥伝社)

1910IT全史.JPG

生態学者、民族学者、情報学者、未来学者など多方面で活躍し、世界的にみても先駆的に1960年代に情報技術についてまとまって論じていた故梅棹忠夫さんならどう考えるだろうか、と思いながら、「情報技術の生態史観」(@それぞれの遷移の段階が前段階と断絶している、A遷移の後段階が前段階を必ずしも完全に駆逐するわけではない、Bテクノロジーは可能性の展開、など)を描くことを目指して書かれた本。

まず、書いておかないといけないのは、「情報技術」と本のタイトルにも書いてあるけども、(例えば、「どうやって電波に音声を乗せているのか」など)技術上の個別具体的なことが書かれているのではないということ。社会的背景に基づいたり基づかなかったりして、どういうキーパーソンの元に新しい情報技術が開発され、社会がそれをどう受け入れ、どう変化していったかといったことについての250年の大きな流れを見渡すことができるといった感じです。

情報技術の始まりを、フランス革命で国内外から注目を集めて、四方を敵国に囲まれたフランス革命政府が、国境を守る軍隊と迅速に情報のやり取りを行うために1794年に新たに開発された腕木通信にしているところは面白い。

腕木通信とは、1本の4メートルの腕木とその両端につけられた2本の2メートルの腕木を組み合わせたものが自由に角度を変えられるように作られた腕木通信機を10キロメートルごとに作り、そこに常駐している通信士が望遠鏡で隣の腕木通信機が示す形を確認してまねることによってリレー式に目的地まで信号を届けるという一見原始的な方法でありながら、今日の情報技術の基本的な性格を持ち合わせていることを指摘している。

それは、メッセージを、(手紙などのように手に持てるような媒体を使わずに)まずデジタルな符号に変換し、それを離れたところで受け取り、復号化して元のメッセージに戻すことによって、発信者から受信者へ伝える技術であるということ。

その後、ケーブルを使って記号を送り、音声も送れるようになり、それが無線でも送ることができるようになって、安価な受信機ができるようになると、ラジオ放送という不特定多数の人への一斉配信すると言う新しいコミュニケーションが生まれるようになるといった、新しい技術が新しい利用価値を生み出していく様子をさまざまなエピソードとともに一気に読ませてくれてなかなか興味深い。

しかし、現代に近づくいてくるほどに、論調があいまいになってくることは否めないような感じがしたのも確か。

いずれにしても、今注目を浴びている情報技術についての流れをおさらいすることで、情報やコミュニケーションについて考えていくうえでの参考にはとてもなる。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

sofa HIROSHIMA 一周年記念イベント 哲学カフェ200125

[2020年01月18日(Sat)]
2020年1月25日(土)16時〜18時
テーマ:「本は人生を変えるか」
進行役:中岡成文(一般社団法人 哲学相談おんころ代表理事)
ゲストスピーカー:辻川純子(himaar店主、編集者、ライター)
上村崇(ELCAP代表、福山平成大学附属図書館長)
定員:20人
参加費:1500円(ワンドリンク付)
会場:sofahiroshima レンタルスペース

広島の紙屋町にあるパセーラの3階に1年前にオープンしたsofa HIROSHIMA。1周年を記念していろいろな催しを開催するようです。

その中のイベントの一つに、哲学カフェがあることを最近知りました。
このところソーシャルブックカフェ ハチドリ舎を主な会場としているひろしま哲学カフェにちょくちょく参加していますが、ちがう進行役の場合どういう雰囲気になるのか体験してみたいと思っています。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

『外国人が熱狂するクールな田舎の作り方』

[2020年01月17日(Fri)]
『外国人が熱狂するクールな田舎の作り方』
(山田拓著、2018年、新潮新書)

2001外国人が熱狂するクールな田舎の作り方.JPG

先日、岩国でインバウンドに関するイベントがあって登壇してくれた山田さんの話がなかなか面白かったので、著書を買ってみました。

学生の頃から「海外でチャレンジしたい」と意欲的だった著者が、実際にマネジメントに関するアメリカ企業に就職し、また、パリに本社を置く日本法人に転職するも2001年のアメリカでの同時多発テロによって、自分が勤務していた会社の事務所のあるビルが崩壊するという体験を経て、より広い世界を見るためにスポンサーをつけて525日の世界放浪の旅に出かけ、その過程で、「日本と言う自分たちが生まれ育った国は、歴史ある豊かな国で、特に地方部にはそれらの要素が比較的濃厚に残されており、ある意味これからの社会で渇望される持続可能な社会の要素を沢山持っているのではないか」という思いに至って、縁もゆかりもなかった岐阜県北部の飛騨に移住し、「なにげない里山の日常」を売りにして外国人観光客から人気を集めるツアーを提供する仕事を始めた10年間について書き記した本(一文が長すぎました)。

地域のお祭りの役などを引き受け、地元のコミュニティの中に入り込みつつ、田舎の生活のに悪い影響を与えないように少人数単位で徒歩やサイクリングで解説しながら見せることがいろんな人のhappy(幸せ)に通じるという考え方のもとに地道に活動している様子が、失敗談なども含めて丁寧に書かれていてとても参考になる。

後半の方で、同じ事業は全国どこでもできるということと、それを進めるためのよい人材を確保することの大切さと難しさが語られていて、共感する部分です。こういったまねすれば成功する可能性の高い近道はいろいろと探せば見つけることはできる。ある意味、いろいろな答えは様々な人の積み重ねの中からいくつか見出されていて、それに向けて着実な努力をすればいいだけのはずなのですが、それがなかなか難しいのですよね。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

Live tour「旅する女たち 〜春待ちの西へ〜」200202

[2020年01月16日(Thu)]
2020年2月2日(日)14時〜(13時半開場)
西福寺(岩国市岩国2-6-32)
出演:田村キョウコ(from サンタラ)、Qoonie
 オープニングアクトあり
一般前売2500円(当日3000円)
学割前売1500円(当日2000円、小・中・高)
 いずれもドリンクとお菓子付)

200202旅する女たち.JPG

岩国市出身で、アコースティックユニット“サンタラ”のヴォーカリスト 田村キョウコさんと、東広島市出身でRie&Qoonie のピアノ&コーラス担当のQoonieさんによるコンサート。

サンタラのライブは、ヒマールで一度だけ聴いたことがあります。結構私の好みです。行ってみたいと思っています。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

5『パラサイト 半地下の家族』2020広島バルト11にて4

[2020年01月15日(Wed)]
『パラサイト 半地下の家族』
(監督:ポン・ジュノ、出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン、132分、2019年、韓国映画)

200111パラサイト.JPG

2020年、映画鑑賞5作品目にして、劇場での鑑賞4作品目。

定職を得ることができず、細々と内職をしながらごみごみした下町の半地下の部屋で暮らす極貧層の4人家族。

ある日、大学に合格していないが受験経験の豊かな息子は、友人から家庭教師の代役を頼まれて、美大志望の妹に大学の入学証を偽造してもらい、高台にある超高級住宅に住むIT企業の社長の娘の家庭教師となる。

そこからそれぞれ他人を装い、いろんな手を使って1人また1人と社長宅で働くことになる半地下の家族。

悪気のない裕福な家族やその友人たちと、何とか貧困状況から抜け出したい家族の対比。次々とスリリングに展開していく物語。楽しませながら考えさせられる。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

688_春に作った苗を秋に植えてみたら(結果)

[2020年01月14日(Tue)]
4、5月に人肌発芽させたりして育苗ポットで育てていた苗のうち、自分のはたけにも植えず、人にもあげそびれて、軒下で数か月間放置していたものを、思い立って9月下旬にはたけに植えてみました。もちろん、ダメもとです。

その時の状態。

190927春からの苗01.JPG

植えたときはまだ暖かかったので、特に茄子(ナス)は意外なほど旺盛に育っていたのですが、その後の寒さと共に衰えていき、やはり収穫までは至りませんでした。

1月に入って12日の状態です(見る方向が9月の時と逆ですけど)。

200112遅く植えたナス・ピーマン01.JPG

茄子はこんな感じ。

200112遅く植えたナス・ピーマン02.JPG

ピーマンはよく見ると、小さな(軍手をはめた指の大きさと比べてみてください)実が付いている苗もありました。

200112遅く植えたナス・ピーマン03.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ