CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村
2008年6月23日に書き始めました。2008年10月から1年1ヶ月くらい休止していましたが、2009年11月に再開しています。2010年8月から1年4ヶ月くらいまた休止していましたが、2011年12月に再開?

村夏至ってどんな人、と思ったら、とりあえず、左サイドバーのカテゴリーアーカイブの「01カテゴリー解説」を読んでみてください。プロフィールも少しは参考になると思います。
自分の忘備録という意味もあっていろいろ書き込んでいます。左サイドバーのカテゴリーアーカイブを活用するなどして、興味の持てるところからお付き合いください。
コメントに関しては、私が承認してからの掲載になりますので時間がかかる場合があります。ご容赦ください。

似顔絵イラストは、2018年4月に最近知り合った友人が私の好きなはたけや虫たち、マステなどをいれて、かわいく描いてくれました(イラストの変更は3回目です)。

995_ロマネスコなどの生育状況211127

[2021年12月01日(Wed)]
ロマネスコと芽キャベツは8月15日に、ブロッコリーは9月1日に育苗ポットにタネ蒔きをして育て始めた菜の花系3種。

ロマネスコは、葉に囲まれていて(その葉をかき分けることもできず)花芽の状況はまだわかりませんが、

211127ロマネスコ.JPG

ブロッコリーは、葉っぱを少しかき分けると、花芽ができ始めているのがわかります。まだ、緑が薄い。

211127ブロッコリー花芽.JPG

そして、芽キャベツは、側芽がますます大きくなってそれらしくなってきました。

211127芽キャベツ1.JPG

211127芽キャベツ2.JPG

ちなみに、まだ暖かい時期には蝶の卵を毎日のようにせっせと取り除いていましたが、最近は朝晩が暗くて平日は実質出来ないのもあり放置しているので、ときどき大きな青虫を見かけて取り除きます。でももう卵を産むこともないし、青虫の成長も難しくなってきてそれほど問題でなくなるでしょう。

211114青虫02.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

75『ずっと独身でいるつもり?』2021広島バルト11にて27

[2021年11月30日(Tue)]
『ずっと独身でいるつもり?』
(監督:ふくだももこ、出演:田中みな実、市川実和子、松村沙友里、徳永えり、稲葉友、松澤匠、山口紗弥加、藤井隆、橋爪淳、筒井真理子、94分、2021年、日本映画)

2111ずっと独身でいるつもり?.JPG

2021年、映画鑑賞76作品目にして、劇場での鑑賞27作品目。

主人公の女性は、10年前に東京で独身でいることの意味を高らかにうたったエッセイ本を出版して一躍時の人となったが、次が続かず、ライターとして何とかやりがいを感じて頑張ってはいるが30代後半となっていろいろ迷いもある。彼女がコメンテーターとして出演している配信番組をきっかけに、彼女の本を心の拠り所として自立した生活を貫く女性、日々の不満を抱えながらおしゃれな子育て主婦生活をSNSに発信する女性、パパ活で一見優雅な暮らしをしながらも失われつつある若さに不安を抱える女性、それぞれが抱える生きづらさが交錯する。

あまりにひねりもなく、ストレートに現代女性の感じるつらさを表現していて、逆に清々しささえ感じる。

登場する男性は、概してどうしようもない中、さらりと光る存在も。

極端に言えば、いわゆる男女共同参画の啓発研修ビデオにそのまま使えなくもなさそう(悪い意味ではなくて)。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

994_玉葱(タマネギ)の植え付け終了211127

[2021年11月29日(Mon)]
11月13日にマルチを敷いて早生(わせ)玉葱の植え付けから初めて、時間を見つけては少しずつ植えていった玉葱。

11月27日で、早生600本、晩生(おくて)1200本、合計1800本分、予定していた植え付けを終えました(もう数十本分残っているので、余裕があれば植えようと思います)。

211127タマネギ植え終了.JPG

連作が続いているので、昨年は玉葱の作付けは1年お休みさせていましたが、例年は12月に入っても植えたりしているのですが、今年は11月中に終えることができて一安心。

実際、12月に入って植え付けても全然大丈夫なのですけど、最近は苗が出回るのが早く、12月に入ると手に入らなくなることもあるのが困ったものです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

宏二郎 展「自然の聲」211204〜12

[2021年11月28日(Sun)]
2021年12月4日(土)〜12日(日)(12/6は休館)
10時〜16時半(4、5、11、12日は座談会開催のため16時まで)
幸明館(岩国市黒磯町2-71-29)にて

211204〜12宏二郎展「自然の聲」01.JPG

211204〜12宏二郎展「自然の聲」02.JPG

例年、春と秋に開催されている宏二郎展。今回は展示時間内は自由に鑑賞可。

もともとは油絵メインでしたが、最近は大竹和紙や土など、地元に根差した自然に近い素材の作品も多くなってきています。

今回の特別企画は、4、5、11、12日の4日間、各日16時〜17時、「自然(じねん)の聲を聴く」というテーマで、作品に囲まれながら座談会が開催される予定です。早めに会場に来れば、作品を鑑賞した後、外からの光を取り込む展示スペースである幸明館で、日没が近づく時間帯に、宏二郎さんと参加者で氣ままにお話を楽しむ時間を過ごせるという趣向(各回6人程度の事前予約制)。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

993_根が自由に伸びることができるかどうかの差(ロマネスコの場合)

[2021年11月27日(Sat)]
8月15日にタネから育てているロマネスコ。

9月11日にはたけに定植したものと、10月下旬に11リットルくらい入るプラスチックの鉢に植えたものと、そのまま育苗ポットに残しているものを並べて、大きさを比べてみました。奥にあるのがはたけに定植したもの。手前右が大きな鉢に移したもの、そして手前左に置いているのが、育苗ポットのままのもの。

211120ロマネスコ成長比較.JPG

鉢に移したものは、途中で植えているので正確には比較対象にはならないのですが、大きさの差が歴然。

やはり、根が広がっていけることが成長にとっては重要なのでしょう。

11リットルくらいの土でどれくらいまで大きくなるのか調べてみたくて、やってみています(芽キャベツもブロッコリーも別途同じ鉢で育てています)。

鉢に植えはじめのころの、ロマネスコと芽キャベツとブロッコリー。


211029ロマネスコ.JPG

211029芽キャベツ.JPG

211029ブロッコリー.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

74『トーベ』2021八丁座にて26

[2021年11月26日(Fri)]
『トーベ』
(監督:ザイダ・バリルート、アルマ・ポウスティ、クリスタ・コソネン、シャンティ・ローニー、ヨアンナ・ハールッティ、ロバート・エンケル、103分、2020年、フィンランド・スウェーデン映画)

2109トーベ.JPG

2021年、映画鑑賞74作品目にして、劇場での鑑賞26作品目。

ムーミンの作者として有名なトーベ・ヤンソンさんの半生を、ムーミンキャラクターズ社も協力して制作された作品。

躍動感あふれるチラシは、実際に映像として残っているヤンソンさんが自由に踊っているところから着想したと思われるシーンのカットで、自由を求めていた彼女らしさが表現されている。

厳格な彫刻家を父に持つ彼女は、画家として芸術家への道を進もうとしていたが、もう一つの彼女の内面の表現であった(ある意味手遊び的な)ムーミンのキャラクターが多くの人の評価を受けることになる。しかし、続いていく芸術家としての葛藤が、さまざまな芸術家仲間などとの交友とともに描かれていく。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

992_綿の収穫祭(駅前のはたけ)211120

[2021年11月25日(Thu)]
この春からあらたに手伝っていた岩国駅前のはたけ(私は主に、空きスペースに私が育てたミニトマトや茄子(ナス)、ピーマン、オクラなどを植えてそのお世話をしていた)。

主な作物である綿が収穫期を迎えたので、参加者を呼びかけて収穫祭を開催することになったようで、私も少し参加させてもらいました。

綿は、ビギナーズラックなのか大豊作。

211120綿収穫祭01.JPG

211120綿収穫祭03.JPG

まだまだ、弾ける前の実がたくさんついているので、もうしばらく収穫できそうです。

ちなみに、触ってみると、意外なほど硬い。

211120綿収穫祭06.JPG

終わってしまった茄子やピーマン、オクラを引き上げて軽く耕起し、うちにあまっていたロマネスコ、芽キャベツ、ブロッコリーの苗を植えました。

211120綿収穫祭04.JPG

211120綿収穫祭05.JPG

もうかなり遅めですけど、徐々に大きくなってくれるでしょう。

同時に落花生を子どもたちに引き抜いてもらって、その場で茹でピーナツにしたり。私は途中で帰りましたが、おにぎりやみそ汁をみんなで楽しんだりしたようです。

211120綿収穫祭02.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

第645回郷土史研究会「公的教育機関から見る近世・近代移行期の岩国」211121

[2021年11月25日(Thu)]
岩国徴古館が近くにあるサンライフ岩国を会場として、月1回ペースで開催している郷土史研究会に時々参加しています。

211121郷土史研究会公的養育機関.JPG

今回は近世・近代期の岩国における公的教育機関についてがテーマ。

問題意識としては、近世から近代にかけての公的な教育機関の目的を検討すること。

もともとは、私邸などで行われていた武士教育が、岩国においては、もっぱら文学講義を行う場所としてまず横山講堂が、そして錦見講堂が設けられ、その老朽化などに伴って萩本藩の明倫館などの先進事例を見習って、幕末期の弘化4(1849)年に文武を教える藩校的な存在として養老館という施設が作られたこと、そこが慶応2(1866)年に焼失したため、岩国の公的教育機関に関する文献が少ないことなど、これまでの先行研究をベースにしながら、焼失から免れた部分で養老館での教育活動が行われていた可能性や、学制が敷かれる前に作られた「岩国英国語学所」については、それほど西洋の学問を取り入れることが盛んでもなかった岩国で設けられたことが興味深いことなどについての話があり、面白いものでした。

今後の課題としては、民間レベルでの教育についても調べていきたいが、徴古館には資料がないため難しいとのこと。徴古館の学芸員も充実してきたので、旧家の蔵などにまだ眠っているかもしれない古文書が生かされるといいなと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

991_11月になってタネ蒔きした人参(ニンジン)の芽がでてきました

[2021年11月24日(Wed)]
9月に3列で蒔いた人参が、なぜか、ほぼ1列だけしか芽が出ませんでした。その出た1列は、今年タネを採ってみたものを蒔いてみたのですが、とても勢いがよい。

211116後植え人参03.JPG

今まで、人参の芽出しで失敗したことがないのに、1年前に買ったタネとは言え、数本しかでないというのは初めてです。

というわけで、出なかったところにあらためてタネ採りしたタネを11月に入って蒔いてみたら、ちゃんと芽がでてきました。

211116後植え人参02.JPG

これからどんどん寒くなってくるので、どこまで育つのか観察してみようと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

73『くじらびと』2021サロンシネマにて25

[2021年11月24日(Wed)]
『くじらびと』
(監督・プロデューサー:石川梵、113分、2021年、日本ドキュメンタリー映画)

2111くじらびと.JPG

2021年、映画鑑賞73作品目にして、劇場での鑑賞25作品目。

人口1500人のインドネシア・ラマレラ村。海に面した村は全面火山灰に覆われ、作物が育たないため、代々マッコウクジラ漁で暮らしている(年間10頭くらい取れればやっていけるらしい)。しかも、船外機は使うけど、伝統的な10人程度乗りの小さな木造船を操り、銛で突く危険を伴う方法で。

そこで暮らす男の子を中心に、(クジラ漁は神聖なものでもあるため)みんなで協力してくぎを使わない木組みの船を造ったり、綿から紡いでロープを編んでいく様子など、長期取材による信頼関係が感じられる映像でつづっていく。

そして、マッコウクジラ漁の映像は、ドローンや水中カメラなども使いながら、船上では体当たりしてくるマッコウクジラの衝撃が感じられるほどの迫力あるもので見ごたえがある。

男の子の父親はいったん都会で暮らしたことがあるけれども、そこではお金に追われる暮らしであわただしく、村ではお金がなくても暮らしていけると、便利な生活を知りつつもあえて自然に囲まれた伝統的な暮らしを選んでいる人もいることが印象的。


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

| 次へ
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ