• もっと見る

MI ジャーナル

―はたけと芸術を楽しみつつ、仮説を立てながらいろんな人と協働して問題解決を図り、子どもとともによりよい社会を目指していきたい、そんなことを考えている人のヒントになりたい―


キーワードは、農業(はたけ)・仮説実験授業・楽しさ・子ども劇場・芸術文化・冒険遊び場(プレイパーク)・チャイルドライン・協働などなど(ただし、私の中でつながっているだけで、それぞれに直接的な関係があるわけではありませんので、誤解のないようお願いします)


「MI ジャーナル」とは、Micro Intermideate Journal(マイクロ・インターミディエット・ジャーナル)。元のタイトル「農芸楽仮説変革子ども」は私の関心領域のキーワードをつないだだけだったので、2010年3月3日より、私の日々の情報発信という意味で、MI(村夏至)ジャーナルとしたのですが、2014年9月4日から、MIの意味を変えて、小さいながら何かのきっかけや何かと何かをつなぐ内容にしたいという意味の名称にしました(詳しくは、カテゴリー「21MIジャーナル」をご覧ください)。

<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

1248_小玉西瓜(こだまスイカ)も雌花が咲き始めました230629

[2023年07月05日(Wed)]
人肌発芽で同時に育苗を始めたロロン(南瓜(カボチャ))と小玉西瓜。

小玉西瓜のほうが、定植の時期など、全体的に成長の早さが1週間くらい遅めで、雌花もようやく咲き始めましたので、雄花の花粉を受粉してやりました。

230629小玉スイカ一番雌花受粉.JPG

230630小玉スイカ雌花.JPG

西瓜も受粉してから40日が収穫の目安なので、一番果の収穫が8月初旬ごろということになります。西瓜はやはり暑い時期に食べたいので、来年以降はもう少し早めに育苗を開始したいところです。

それにしても、南瓜のほうは収穫時期の目安がいろいろ(つると実のつなぎ目がコルク状になるとか、実全体の肌が爪痕がつかなくらい固くなるとか)あってわかりやすいのですが、西瓜は本当にちゃんと熟れているかの判断が難しい(甘さが乗ってなかったり、逆に熟れすぎて棚落ちしていたり)ので、自分で食べる分にはいいのですが、余分を人にあげたりしようと思ったときに迷います。


230630小玉スイカ.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
プロフィール

村夏至さんの画像
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岩国情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
最新コメント
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nougeiraku/index2_0.xml
月別アーカイブ