• もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 2023年01月 | Main | 2023年03月 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2023年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
障害者就労 サイトで橋渡し[2023年02月28日(Tue)]
IMG_4506.JPG熊本県の補助事業で今年度、はーとアラウンドくまもとで取り組んだ企業と障害者就労支援事業所をつなぐマッチングサイト。
コロナ禍の中で、仕事が減少している障害者就労支援事業所。
一方で、企業は人材確保に困難さを感じています。
互いにwin winにという想いで、障害者就労支援事業所の作業の見える化を図りながら、企業からの受託を目指すものです。
障害者の法定雇用率も今後2.5%〜2.7%に順次上がる中、障害のある方の一般就労に向けた支援にも繋がる事ができればと考えています。

企業から頂いた仕事を通して、企業が求める人材育成。一方で、合理的配慮が企業文化に広がる事に繋がればと願っています。
本日、熊本県庁で、意見交換を行いましたが、障害者就労に繋がる活動として、連携を強めながら今後も進めていきたいと思います。
法人研修[2023年02月22日(Wed)]
自立応援団の法人研修会が、熊本市食品交流会館で開催されました。就労支援センターくまもと、キラリアートファクトリー、グループホーム自立応援団、あいえすヘルパーステーションの職員が参加。
その他、NPO法人人吉球磨きぼうの家、社会福祉法人るぴなす会の職員も参加するので、会場とオンラインのハイブリット形式として実施する事ができました。
ある意味、便利な世の中になりました。

『自立応援団20年を振り返り、支援員が大切にしていく思いとは?』という内容で、これまでの歴史を振り返りながら、社会に障害のある方々が包容されるまちづくりを目指すにあたり、障害者権利条約における委員会での総括所見等を通して、今後の活動について学ぶ事ができました。

委員会研修では、衛生委員会から『感染症の基礎知識』として、中村委員からの報告がありました。
アミュプラザでのおとなりマルシェ[2023年02月18日(Sat)]
331597913_1507463582996913_4977222711585383158_n.jpg熊本駅前のアミュプラザでおとなりマルシェが行われました。
キラリアートファクトリーも参加。はじめてのアミュプラザでの販売会ですので、とても楽しみです。
天気が心配されましたが、そこまでは寒くなく良かったです。
事業所協議会研修会[2023年02月13日(Mon)]
329614003_611874810757861_8568727883602052044_n.jpg
事業所協議会研修会が、熊本市障障害者福祉センター希望荘で開催されました。
今回は、「障害のある人の人生設計を支えるグループホーム経営」という題で、プレジャーワークの吉田さんから活動報告。
「働く」「暮らす」を利用者中心に支援していく中で、一緒に悩みながら日々の活動をしている実践は、とても大切なところだと思います。その中でも食事を通した生活支援の重要性のお話をして頂きました。
午後からは、障害者総合支援法の改正の概要などについて、熊本県からお話を聞くことができました。
令和6年度に制度が変わる中で、今後の就労支援、共同生活援助での暮らしの支援を職員の皆さんと共有しながら、今後の活動に繋げていきたいと思います。
NPOマネージメント研修[2023年02月11日(Sat)]
330390398_548922657198464_8243690463481070861_n.jpg行政・企業・市民を巻き込んだ形での新たな協働を学ぶ。

協力世界代表の松原明さんをお招きして、NPOマネージメント研修を熊本市市民活動支援センターたいぽーとで開催しました。

現在のNPOが疲弊している原因として、民間企業と同じ手法での対価における交換システムにある事を詳しく事例等を通して、説明をして頂きました。
協力のテクノロジーの本を出版される際、私も一緒に学びましたが、改めて、NPOマネージメントの実践について理解を深める事ができました。
当日は、現地に15名の方が参加し、ZOOMからの参加者を含めて20名が参加。
相利の部分を互いに共感しながら、目的が違っても互いに協力できる事や連携できる事を力に社会を変えていく手法。
NPOは、協力関係の構築がとても大事だと思います。
障害福祉の分野においても社会福祉法人、NPO、ソーシャルビジネスとしての株式会社等も参入しています。
その中で、仲間を中心とした捉え方を持って互いが連携、協力しあえる関係性の構築を目指さなければ、withコロナ時代を乗り越える事は、困難な状況になるでしょう。
物価高により、仲間たちも生活が更に困難な状態に…。
工賃アップ、賃金保障を実現していく為にも、障害福祉全体での連携を行いながら、様々な企業や行政との協力関係を模索していきたいと思います。