CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 2019年11月 | Main | 2020年01月 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
映画「生きるのに理由はいるの」[2019年12月15日(Sun)]
12月15日(日)熊本県教育会館にて、「生きるのに理由はいるの」を鑑賞。その後の澤監督のお話をしながら、参加者の方々と津久井やまゆり園事件を通して、意見交換を行いました。
この事業は、医療的ケアを必要とする子どもたちの豊かな学校生活を願う親の会・虹色の会主催。
きょうされん熊本支部も後援させて頂きました。

2016年7月26日未明に起きた事件。熊本地震による避難所支援を行っている最中での出来事は、私たちにとって大きな衝撃を与えました。あれから既に3年半の時が過ぎましたが、この事件の本質は、障害者の差別であり、人権問題でもあることから、この事件を忘れない為に、各団体と共に、追悼集会を毎年行っています。虹色の会も同じ想いを持って共に追悼集会を行う実行委員会のメンバーとして活動を行っています。
来年の1月8日には、裁判員裁判による一審の裁判がはじまり、3月には結審の可能性も取りざたされています。映画を観て、植松被告個人が犯した事件と捉えるだけでなく、社会的背景や社会を構成する私たちの課題でもあると感じました。
「なぜ、沈黙し議論が起こらないのか?」植松被告は、「日本国と世界の為」とし、優生思想の思想的確信犯として、手紙を衆議院議長に送っている。それは、安倍「改憲」に刺激された強い日本の共鳴で、生産性によって人を判別したものです。
インターネットでも共感する声がある中、私たちはこのような社会をどう変えていかねばならないのか?参加者と共に考えました。
私たちの考える社会は、共生社会。互いの違いを認め合いながら、互いに支え、支えあう社会が、多くの人々が安心して暮らすことができる社会だと思います。
地域との交流を深め、地域であたりまえに暮らすことができるように、今後も活動を広げていきたいと思います。
希望荘クリスマス会のご案内[2019年12月09日(Mon)]
熊本市 障がい保健福祉課より、ご案内がありました。
12月21日に熊本市障がい者福祉センター希望荘クリスマス会を行うそうです。
入場料無料 希望荘2階大ホールが会場です。先着の方にはプレゼントもあるようで、九州学院合唱部のハンドベル等のイベントもあります。

詳しくはこちら → クリスマス会チラシ.pdf
ガンバルDAYに参加しました。[2019年12月07日(Sat)]
12月7日(土)11:30〜12:30から、桜町・辛島公園通り沿いで、第43次国会請願署名活動を行いました。就労支援センターくまもととキラリアートファクトリーから仲間たちも参加し、市民の方々に障害福祉についての制度拡充について訴える事ができました。

今回は5つの項目で署名活動を行っています。
1 優生保護法で被害にあった人たちの人権回復を
2 障害年金を引き上げ、暮らしを支える制度の拡充を
3 福祉現場で必要な職員を確保できるように
4 支援を自ら選べるように介護保険優先原則の廃止を
5 地域活動支援センターの実態調査と制度の拡充を

あたりまえにはたらき、あたりまえに地域で暮らす権利を私たちは、求めていかねばなりません。障害基礎年金は、65,008円。重度障害の1級の方でも81,260円です。
生産性を求められ、工賃によって格差が生まれています。A型では、働いた時間で格差があります。
福祉に生産性を求める事は、本来の姿ではありません。その人らしく働き、生きがいを持つ事ができる社会が必要です。そして、少しづつステップアップができるように寄り添った支援が求められます。「何もできない」と言う否定から、作業所に出会い、仲間たちと出会い、働いている仲間が多いのです。だから、時間をかけて私たちは寄り添わなければなりません。

今回の署名活動は、大規模商業施設が熊本市中心部に完成してから、多くの人の流れができた通り沿いで、市民の皆様に訴えることができました。しかし、関心の低さは実感しました。
その中で、仲間の皆さんが一生懸命に市民へ呼掛けている姿こそが街頭署名の意義であると思います。障害者は少数派です。でも少数派だからこそ、訴えて行く必要があります。地道な活動ですが、一歩ずつ進めていきたいと思います。