CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 2020年10月 | Main | 2020年12月 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
旧優生保護法裁判報告[2020年11月09日(Mon)]
IMG_3868.jpg旧優生保護法裁判が11月9日熊本地方裁判所で行われました。
今回も除斥期間についての意見陳述となりました。各地方裁判所でもこの除斥期間が争点となっています。
前回は、徳田弁護士による障害者への名誉回復がなされていない状況の中であると共に、名誉回復の施策がない状況の中で、法律の名前が変わっただけという趣旨でしたが、今回の福井弁護士は、出生前診断及び人口中絶による障害児出生の防止は、今もなお行われており、心身障害者対策基本法4条で国及び地方団体の責務として、心身障害発生防止を掲げており、これに基づき出生前診断等による障害児の「発生予防」システムを構築した点。昭和49年学術会議の分科会が「人類遺伝学将来計画」を掲げ、「生産性の論理」から障害者の存在そのものを測定している点から、福祉コスト削減すなわち優生学的観点から導入された「出生前診断」及び「人口中絶」は、母体保護の観点ではなく、生産性の論理から障害者の存在を測定したうえで、未だ行われており、「障害=不幸」との考え方や生産性論理に見られる優生思想は平成8年改正を経ても大きな変化なく社会に根付いている。
という主張をした形です。

国民優生法とこれに続く優生保護法とその関連政策による被害は、人権に関する政策の中で最大かつ最悪の問題です。
法律によって身体を傷つけられ、傷つけられた身体は元に戻ることはなく、子どもを持つ権利・持つか持たないかを選ぶ権利を奪い、心も深く傷つけた行為です。しかも、障害者を劣等な人間として位置づけられた法律があった事を恥じるべきであり、除斥期間で済ませられる問題ではないと思います。
「命と尊厳が守られる安心した社会」「排除や差別のない平和な社会」の実現に向けて、みんなでこの問題を学び続けたいと思います。

次回は、1月25日に行われます。
| 次へ