• もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 熊本市北部商工会総会 | Main | 令和6年度総会 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
就労継続支援A型事業所の課題[2024年05月23日(Thu)]
令和6年度の報酬改定により、就労継続支援A型事業所は、事業者の経営改善への取り組みを一層評価するため、「生産活動」のスコア項目の点数配分を高くするなど、各評価項目の得点配分が見直されました。
しかしながら、コロナウィルス感染症拡大の影響や物価高により、就労継続支援A型事業所の経営状況が、厳しい事業所が増えています。
最低賃金が2020年は790円であったのが、898円と100円以上上昇しています。(2006年の障害者自立支援法施行当時は612円)
最低賃金があがる事は非常に良い事ですが…。
福祉事業所については、これだけの上り幅に対応するのは、非常に難しく結果、事業所の多くは就労会計が赤字となっています。
緊急アンケート調査を行い、30件程度の回答でしたが、内、3分の1が減収。3分の1が現状維持、増収が3分の1という結果でした。
これにより、就労継続支援A型の事業所が減少し、そこで働く仲間たちのことを一番危惧しています。
就労継続支援A型事業所に通っている方の中には、一般就労をしていたが、その環境に合わずに福祉サービスを受けたいという想いで、利用している方も多くいます。
障害者権利条約においても障害者の地域社会への包容が求められていますが、まだまだ、地域社会での合理的配慮は、今年度やっと障害者差別解消法の改正により民間事業者にも適用されたばかりです。企業文化の障害の受容を進めていく必要性はあります。
しかし、自立を強制した社会は生きづらいものです。
一般就労をリタイヤした方が再度、チャレンジする場として就労継続支援A型の役割は大きいと考えています。

私たちは、雇用契約を結んで働く事は、一般就労と同じく最低賃金額以上の給料が保障され、労働基準法などの労働関係法規等の適用を受ける「労働者」として扱われる事が必要だと考えています。
過去に問題となっていた就労継続支援A型事業所もあります。しかしながら、現在利用している方が、事業所の閉鎖や縮小により不利益とならないよう意見交換を行いました。
このような機会を通して、障害がある方の就労の場の確保に繋げていきたいと思います。

アンケート内容はこちら → 令和6年度の報酬改定による継続支援A型事業所における影響について.pdf
この記事のURL
https://blog.canpan.info/zirituouendan/archive/2170
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント