CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 12月24日〜1月11日までの感染対策 | Main | 旧優生保護法裁判 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
令和2年度第2回居住支援法人研修会[2021年01月15日(Fri)]
緊急事態宣言が発令される前の研修会という事もあり、参加者はZOOMによる参加を呼び掛けて実施しました。今年度、2回目の研修会です。平成29年10月の「住宅セーフティネット法」の改正により創設された「新たな住宅セーフティネット制度」によって、住宅を確保する事が困難な人に対しての「居住支援」の取り組みが強化されました。熊本市居住支援協議会は、「居住支援」を行う居住支援法人、不動産関係者、行政との連携を深める事で、誰もが安心して地域で暮らすことができる社会実現に繋げたいと考えています。
今回は、「家賃滞納による貧困」という課題を通して、住宅確保要配慮者に対してどのようなアプローチが求められるのか?また、居住支援法人だけではなく、不動産関係者、福祉関係者、行政との一体的な入居後の支援について、互いの強みを生かす取り組みを考える機会として、研修会を開催しました。
 講師の太田垣章子さんのお話を通して、住宅確保要配慮者は、社会における絆の脆弱さを補う為の支援が必要である事を感じました。社会が孤立化していく中で、本人のSOSを聴くことの重要性と、私たちがそれをキャッチできる環境整備の脆弱さでもあります。
 多くの居住支援の窓口が広がる事で、その整備に繋がる可能性が広がります。この研修会を通して、居住支援法人のつながりが深まり、支援の輪が広がる事を期待しています。 
この記事のURL
https://blog.canpan.info/zirituouendan/archive/1896
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント