• もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 障害者の社会参加に電動車いす給付を認める判決に関する続報! | Main | きょうされん九州ブロック学習交流会 福岡大会 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
13万6千人の被後見人の選挙権回復がウィーンで国際的プロジェクトにより表彰プレスリリース(2015年2月20日)[2015年02月25日(Wed)]

Japan’s Revision of the Election Law


きょうされん事務局から

日本時間2/24早朝、長瀬 修さんから(現在、ウィーンに滞在)、
日本の「被後見人の選挙権回復」が国際組織であるゼロプロジェクトより
表彰されることになった旨の報が入りました。
関連するプレス情報をお知らせします。

被後見人の選挙権回復」が政治参加の先進的政策として、

国際的なプロジェクトである「ゼロプロジェクト」によって、

2月25日にオーストリアのウィーンで表彰される。

「ゼロプロジェクト」はウィーンを本拠として、

世界的に障害者の権利の実現を目指す取り組みである。

2013年は雇用、2014年はアクセシビリティをそれぞれ取り上げてきた。

本年は、2月25日から27日まで国連ウィーン事務所

(United Nations Office > at Vienna)にて、

政治参加と自立生活をテーマとして開催される。

50カ国以上から500名以上の障害者リーダー、政策決定者等が参加する。

会議は招待者のみが参加可能である。

同プロジェクトは、世界10カ国の11事例を自立生活と

政治参加に関する先進的政策として選出した。

日本の「被後見人の選挙権回復」(2013)はその一つとして選出された。



表彰式は2月25日に国連ウィーン事務所にて行われる。

日本からは、国を相手に選挙権の確認を求めて訴訟を起こし、

東京地裁で勝訴した名兒耶匠さんの父親、名兒耶清吉氏(NPO法人おおぞら理事長)、

名兒耶さんを献身的に支えた弁護団を代表して杉浦ひとみ弁護士

(東京アドヴォカシー法律事務所)、この取り組みに関して

国際的情報収集・情報発信を担った長瀬修(立命館大学客員教授、

国際育成会連盟理事)の3名が出席する。

この3名は、2月27日午前の「全ての人の投票の権利」に関する分科会

(議長:モリーン・ピゴット/インクルージョンヨーロッパ会長)にて報告も行う。


その他の10事例 http://zeroproject.org/policy-type/2015/

オーストリア(上部オーストリア):職業としてのピアカウンセリング(2008)

ベルギー(フランデレン地域):パーソナルアシスタント予算(2000)

ルクセンブルク:全国障害情報センター予算(1993)

ニュージーランド:選挙過程へのアクセス向上(2014)

スウェーデン:パーソナルアシスタント予算への権利(1993)、

> パーソナルオンブズマン(2000)

スペイン:投票と選挙過程への参加(2007)

南アフリカ:障害者議員の平等なアクセス(2006、2009)

ウガンダ:障害者議員枠(1995、1996、1997)

英国:公職への立候補支援予算(2012)

--------



今回表彰される名兒耶清吉さんは、

TOMOの2013年9月号特集でインタビューをさせていただいた方です。



ゼロプロジェクトによる日本のとりくみの紹介は、以下のURL参照

http://zeroproject.org/policy/japan-2/
この記事のURL
https://blog.canpan.info/zirituouendan/archive/1611
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント