CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 「障害者差別禁止」「じん肺基金創設」 弱者支援2法案放置の記事 | Main | ペットボトルキャップをいただきました!(^^)! »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
うらさんの原点回帰[2013年02月05日(Tue)]
今年も一ケ月が過ぎました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

農芸班も年明けとともに段々と忙しくなってきました。
飽田で農地を貸していただけることになりました。使用できる畑が少ないことがネックだったのですが、なんとかなりそうです。
西部地区は僕が初めて一人で農耕をした土地なので、原点回帰といったところです。砂地の土地でネギやジャガイモなど良いのが作れます。また、あたたかい気候なので作物の生育が良いのが特徴です。27歳のころ、よく畑に行っては近くの海を見ながらおにぎりを食べていたのを思い出します。
そのころは福岡さん(自然農法の有名人)が大好きだったので、畑でジャガイモとクローバーを共生させて大喜びをしていました。今となっては良い思い出です。
今でもその影響は拭えませんが、今年は原点回帰ということで普通に耕して作ろうかと思います。
(無農薬と動物性肥料不使用は継続)
スタンスを変えなければならない様です。
秋田の畑は長年人の手が入っておらず、土地がカチコチでとても不耕起できそうにはありません。それに、近隣住人の方々の声が一様に『草が生えなくなるから助かるわ』なのです。
既に3人ほどの方からそう言われました。
個人的には草は気にしないのですが、こんなにも周囲の方々は気にするのかと思い知らされました。それに農業は周囲の方々の協力あってこそできる仕事なので、ここいらで自分の思想や理論は片隅においてみるのも良いな、と思っています。
いつも朝令暮改で申し訳ないのですが、周りの環境に合わせてバランスをとるしかないのですみません。
それに、文句も言わずについてきてくれるメンバーの2人のことを考えるともっといっぱい稼いで給料を上げてあげたいなという気持ちも出てきました。今更ながら基本に帰らなきゃな、と思います。
今年は巳年ということで僕は年男です。なにか良いことがあるのでしょうか。
『生きてるだけでまるもうけ』と言い聞かせながら、がんばらずにがんばろうと思います。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/zirituouendan/archive/1345
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント