CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
特定非営利活動法人 自立応援団が運営する『就労支援センターくまもと』は、熊本市北部に位置する「フードパル熊本」の敷地内に設置された障がい者の就労支援を行っている事業所です。
企業の下請け業務を受注し、箱折りやシール貼り、DM封入などの軽作業が主な活動ですが、他にも農作業やリサイクル作業もおこなっています。
企業のアウトソーシングに是非ご利用いただき、安定した経営のお手伝いの一助として、業務委託を募集しています。また、企業の社会貢献として、障がい者雇用にご協力いただければ、と願っています。
dennsya.gif   yukidaruma.gif   suika.gif   kirin.gif   kani.gif   dennsya.gif   kani.gif   kirin.gif
お気軽にお問い合わせくださいexclamation
rousoku.jpg
就労支援センターくまもとA型
TEL 096−288−1752

就労支援センターくまもとB型
TEL 096-288−1701

E-mail zirituouendan@yahoo.co.jp

ホームページはこちら


↑オリジナルろうそくづくりの様子
ペットボトルキャップの寄贈ありがとうございました[2021年10月08日(Fri)]
IMG_4144.jpg明治安田生命の職員の皆様からペットボトルキャップの寄贈を頂きました。
企業もSDGsの取り組みを進めています。
この活動は、CO2削減を目指し、地域環境をよくする活動の一環です。
ペットボトルキャップをこのように分けるだけで、リサイクルとして活用されます。
自立応援団では、株式会社木村さんのご協力により、定期的にペットボトルキャップの回収をして頂き、リサイクルして頂いています。
その収益金は、昨年度までは「タイの若竹寮」支援として活用してきましたが、昨年7月の熊本南部豪雨災害で仮設住宅での暮らしを強いられている方々がいる中で、炊き出し支援活動を今年度も引き続き行うことが大事な事から、「火の国未来づくりネットワーク」が行う熊本南部豪雨災害支援活動に寄付することになりました。

IMG_4145.jpg
私たちも熊本地震の際に、たくさんの支援を全国から頂きました。

恩送りに少しでもなるよう…
願いを込めて活動を広げていきたいと考えています。
翌日は、阿蘇市市役所職員がペットボトルキャップをご持参頂きました。

就労支援センターくまもとのリサイクル班もこれを受けて仕分け作業を頑張っています。
リサイクル班では、熊本市水道局から委託を受けている水道メーターの解体事業。(不要な部品を取り出してリサイクルに活用する事業です。)
そのほか、紙や空き缶などのリサイクル活動を頑張っています。
地道な仕事ですが、このような形でご持参頂くと元気が湧いていきます。
IMG_4146.jpg
翌日は、熊本市市民活動支援センター・あいぽーと様から段ボール箱いっぱいのキャップを寄贈頂きました。

熊本銀行等、様々な企業からご寄付を頂いたそうです。

ありがとうございました。
阿蘇旅行[2021年10月03日(Sun)]
IMG_4139.jpg前日は、草刈作業等のワークを行ったあと、楽しくBBQをしました。美味しい阿蘇産のお肉や野菜を堪能。

翌日は晴天にも恵まれましたので、近くの公園に遊びに行きました。ゴーカードや動物との触れ合いは、コロナ禍の中で自粛した生活を強いられている仲間たちにとって、久々の楽しい時間となりました。

その後、湧水公園へ移動…
年間を通して17度のトンネルでは、クリスマスの飾りや七夕の飾りがたくさんありました。
地域の子供たちの絵が丹精込めて作られており、心が癒されます。

楽しい時間、ありがとうございました。
IMG_4142.jpg
学生食糧支援[2021年09月26日(Sun)]
日時:令和3年9月26日(日) 10時〜
会場:段山公園
詳しくはこちら → 食料無料配布会.docx

*マイバックをご持参ください。
IMG_4078.jpg

学生支援[2021年09月26日(Sun)]
IMG_4134.jpg10時開始前に既に多くの学生の方々が集まり、食料配布活動を行いました。崇城大学や保健科学大学等の学生さん100名以上の方々に配布することができました。

コロナ禍の中で、8月の初旬から蔓延等防止措置となり、9月30日まで延長される中で、昼のご飯を我慢したりの生活をしているお話も聞きました。
学生さんの笑顔や喜んでいる姿を見るだけで、私たちも多くの元気を頂いたように感じています。

ボランティアとして、熊本にしクラブ、水前寺クラブ、熊本五福クラブの皆さんが駆けつけて頂きました。自立応援団からは2名の仲間も参加してくれました。
感染状況はまだまだ、油断ができませんが、みんなで感染予防をしながら日々の活動も頑張っていきたいと思います。

IMG_4135.jpg


学生支援活動[2021年09月23日(Thu)]
コロナ禍の中で、学生の方々の食糧支援に対して共感をいただき、多くの方にご寄付を頂きました。まことにありがとうございます。
9月26日に段山公園で配布します。
本事業は、熊本善意銀行の助成を受けて実施します。
IMG_4122.jpg


IMG_4123.jpg


IMG_4124.jpg
学生食糧支援プロジェクト 第2弾[2021年09月19日(Sun)]
新型コロナウイルスの影響により、蔓延等防止措置の適用が9月30日まで延長される中、更に学業の継続について問題が生じている学生も増えてきています。7月17日〜18日にかけて食糧支援活動を行いましたが、この度、熊本善意銀行様の助成を頂き、2回目の学生支援を開催する事となりました。食品提供という方法で学生生活を少しでもサポートできればと思っております。途中で学ぶことをあきらめることなく卒業していただき、社会で活躍していただければ幸いです。
 下記の日程で、食料配布会を開催します。つきましては、配布する新鮮野菜や物資購入の為の募金、ご家庭に眠っているカップ麺やインスタント麺、レトルト食品。生活用品などを募集しています。また、お米1口(2キロ)を募集しています。ご協力をお願いします。

日時:令和3年9月26日(日) 10時〜12時
場所:段山公園 熊本YMCA隣(熊本県熊本市中央区段山本町4 付近)
https://map.goo.ne.jp/place/44RU4KH8/map/

★募集する物資 9月23日(木)締め切り
カップ麺・インスタント麺・缶詰、レトルト食品等
*賞味期限に余裕があるもの、未開封で破損のないもの

★支援物資の届け先
特定非営利活動法人自立応援団 就労支援センターくまもと
住所 〒861-5535 熊本市北区貢町780番地8
電話 096-288-1752 FAX 096-288-1753

★支援募金の振込先
【店名】七一八(ナナイチハチ)【店番】718
【貯金種目】普通預金 【口座番号】0766342
【口座名】熊本スピリットワイズメンズクラブ
*通信欄に学生食糧支援募金と記載ください。
IMG_1903.jpg
旧優生保護法裁判[2021年09月13日(Mon)]
旧優生保護法裁判が熊本地方裁判所で行われました。先日の神戸地裁における不当判決を受けての最初の意見陳述となります。今回は、コ田靖之弁護士が意見陳述されました。
改めて、原告らの主張として、旧優生保護法により「不良な存在」つまり本来であれば,この世に存在することが許されない存在と位置付けられ,そのことによって人間としての尊厳を奪われ,偏見・差別にさらされる地位に置かれた被害であると主張されました。
今もなお、障害者に対する偏見や差別は残っています。津久井やまゆり園事件もその一例です。
コロナ禍の中で、生活保護のバッシング的発言等も多々散見されます。
多様性を認めあう社会は、すべての人々の人権を守ることに繋がります。
仲間たちとの活動を通して、私たちも多くの事を学ぶ機会を与えられました。この裁判を通して、本当の意味での共生社会とは何かを多くの皆さんと一緒に考えていければと思います。
学生食糧支援[2021年09月08日(Wed)]
日時:令和3年9月26日(日) 10時〜
会場:段山公園
詳しくはこちら → 食料無料配布会.docx

*マイバックをご持参ください。

令和3年度法人研修[2021年07月30日(Fri)]
令和3年度の法人研修が7月30日開催しました。
コロナウイルス感染拡大の状況下でしたのでオンラインによる研修会と急遽させて頂きました。
今回は、日中支援活動である就労支援センターくまもとと、キラリアートファクトリーの事例報告を中心に行い、意見交換ができました。
また、冒頭では理事長による自立応援団のこれまでの歴史を踏まえながら、私たちが行う使命について講演をいただき、本当の意味での自立応援団を目指して今後も頑張ってまいります。

生活の支援の場であるホームと在宅支援は、中々、日中活動でどのような支援活動を行っているのかが見えにくい部分があります。就労支援を通して、仲間、職員がそれぞれに成長する過程を振り返りながら討議する事ができました。
コロナウイルス感染対策[2021年07月28日(Wed)]
 全国的に感染は拡大傾向であり、特に緊急事態宣言の期間中であるにも関わらず、東京都及び沖縄県では感染者が増加しています。また、福岡県をはじめとし、九州各県でも感染は拡大しており、強い警戒が必要な状況となっています。
 
 熊本県において、7月18日から24日までの感染者は90人、リンク不明感染者数は19人です。新規感染者が多数であり、デルタ株の確認も相次いでいることから、早期にアラートを発するため、緊急的にリスクレベル4特別警報に引き上げられました。
 有明保健所管内において飲食店等が関連した複数のクラスターが生じ、熊本市においても感染者が経時的に増加を見せており、今後感染者の増加傾向が懸念されます。
現在、自立応援団の職員及び仲間たちもワクチン接種をしていますが、多くの方が免疫を獲得するにはしばらく時間を要します。

 つきましては、特定非営利活動法人自立応援団 コロナ感染対策マニュアルに合わせまして、7月29日から当面の間、移動が感染を広げる事から、リスクを極力減らす為にも在宅就労をお勧めいたします。しかしながら、ご家族の支援が難しい場合等は、事業所を開所しております。可能な限り、送迎のご協力を頂ければ幸いですが、難しい場合は、ご自宅周辺までの送迎を行いますので、ご遠慮なくお申し出ください。利用時間は下記のとおりです。よろしくお願いします。
今後の就労時間については、先日、お知らせしましたように8月2日に再度ご連絡いたします。緊急な要請を行う旨をご容赦頂き、今後ともご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

就労時間 10:00〜15:00
| 次へ