• もっと見る

コマさんの気まぐれ散歩道

コロナ太りした栃木のおやじコスプレーヤー:コマさんが
明るい未来を夢見てアレコレもがくブログ( *´艸`)


ザッキ〜おにいさんとあそぼ石井サロンさん12月、終了 [2017年12月13日(Wed)]
『きっと このお嬢さんたちも 来年、サロンさんさよならする子たちだな〜』
そんな思いがしました ステージ前列で「いっしょにあるこ」踊ってる女の子たち見て(#^.^#)

◇びっくりしたよ。。
5人並んだお嬢さんの左側の子?おにいさんの癖(腰に手をやりながら歌うとこ)まで真似して
いっしょにあるこ踊ってたんだもの(=゚ω゚)ノ
​思わず笑っちゃった(^^; みんなが見てるときは変なフリできないなって。思った◇


その前の年は双子のおにいちゃんたちが 前列で一生懸命自分のフリを見つめ真似してたっけ。

毎年 このくらいの時期に来ると
ママに抱かれキョトンと不思議そうなお顔でおにいさん見てるサロンデビュー組のお子さんとはまた別に

一際たくましく成長したサロン情通の親子さんのお顔がそこにあり
おにいさん 一年一年の早さを身に染みて感じます。

きょう 自分の前で踊ってたお嬢ちゃんたちは ほんと毎月のようにザッキ〜おにいさんステージに顔を出してくれてるお子さんたちで・・
自分と そのお子さんたちがふれあってる姿も
(お嬢ちゃんたちの)すぐ後ろにいるお母さんたちは 極々自然のように安心した表情で見つめている。

思えばそんなお嬢さんたちだって 
毎月毎月 ご機嫌に自分のパフォーマンスを受け止めてくれてた訳ではなく
時にはお母さんが制止するのも聞き入れず他のお友達のところに走り寄って行ったり
別の関心ごとの方に目がいってしまって 
《あ、今日はこの子ザッキ〜パフォーマンス見るより別の事したい気分なんだな・・》
そう思う時もあったんだよね?

子育てサロンって 対象年齢が012だし そういう子供たちの気まぐれって当たり前だし
絶対その時間 自分のパフォーマンスに付き合わなくちゃいけないってものではないので
それを あなたのために演じてるんだから こっち見てなさい” とは言えない。

そんな気まぐれなお子さんたちとの関りの中、
こうやって 月が経つにつれ お母さんが何も言わなくても 
自分の気持ちで おにいさんと一緒に踊りたい♪って なってくる姿見ると
ほんと 第三者である自分であっても なんか感慨深いものがあるよねぇ・・

みんなとタッチしてて おにいさん ほんと心があったまった(#^.^#)


​☆たとえ数組であっても
こうやって長いSPANで自分と関り 自分を必要としてくれる親子さんがいると
その人のために もうちょっとだけ寄り添っててあげたい。。
そう思ってしまうザッキ〜おにいさん・・。

もしかすると このお嬢ちゃんたちが自分の最後の親衛隊になるかも知れないから(笑)
彼女たちが 幼稚園に入園する その時まで ザッキ〜おにいさんの仮面をかぶっててあげようって。。




トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント