CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

コマさんの気まぐれ散歩道

コロナ太りした栃木のおやじコスプレーヤー:コマさんが
明るい未来を夢見てアレコレもがくブログ( *´艸`)


感激♪壬生町歌のおにいさんコンサートに100名の親子が! [2012年03月10日(Sat)]
昨夜からの雨が残る宇都宮・・
左脇に黒ビニールの簡易舞台をはさみ、同じくその手にパフォーマンスセット一式をもち、右手には傘といった井出達で東武線を目指したザッキー

もしかすると"今日はそんなにお客さん(親子さん)来ないかもな〜"なんて不安も抱えながら とぼとぼ電車に乗ったAM8:15
・・20分弱で国谷の駅に着いた

持ってた傘がめくれるくらいのやっかいな風を横目に・・ 昨夜リサーチした現地までのMAPを見ながら目指した福祉センター
手前のグラウンドではサッカーの試合まちの小学生?がいっぱい
雨の中 すごいな〜って感心しながら入館、今回ステージをご依頼くださった壬生町役場*生涯学習課のMさん並びに壬生町子育て支援センター職員の方々と打ち合わせ⇒会場セッティング&音リハ開始
みなさん とってもあったかい方ばかりで お話を交わしている間にだんだんリラックスしてきたおにい 音リハもスムーズにおこなうことができました^^b
DSC00738-1.JPG

そうこうしてるうちに徐々にお客さんが入館し始め・・
10時には想像をはるかに超える親子さんが会場を埋め尽くしていた
《うわ〜 プレゼント足りるかな・・内心ヒヤヒヤ》

司会進行役のMさんと打ち合わせしたとおり (お客さんをびっくりさせようと)ホールの後方に隠れスタンバイ! オープニング曲が流れると同時に登場

ご挨拶代わりに歌ったのは 元気いっぱいの★『ヤッホ・ホー』 

会場の熱気に包まれながらメインステージにあがり
ぶーたろう*モンチの紹介、 "みんなのすきなたべもの"をテーマに
会場の子どもたちと楽しくコミュしていく
『おなまえ教えてください^^』
『◇△ちゃんのすきなものはなんですか?』
と・・おかいつテンションで聞いて周るおにい
《恥ずかしながらもしっかりと答えてくれたみんな、 ありがとね♪》

モンチの野望"ビスケットをおなかいっぱい食べる"や
ぶーたろうの好きなお絵かき・・からそれぞれのお歌へみちびく。
★『どんないろがすき?』
★『おにのパンツ』
★『ふしぎなビスケット』
これまでサロンステージで披露して好評だったステージアイテムを
所々で披露しながら子どもたちに大人気の『怪獣グースカコーナー』へともちこむ
《結果は・・どこの子どもたちも反応速し 口の中にかくした赤い"アレ?"を秒速で答えられてしまったおにい》

お歌やクイズが続いたので そろそろ みんなで体を動かそうと★『コロンパ』でおさんぽ♪

前列でおにいさんに負けじと『おさんぽ おさんぽ〜♪』と大きな声で歌ってる男の子がいて^^ うれしかったな〜 みんな、ノリがよくって
《あんまりうれしいので この曲もう一度リピートしちゃった^^》

イクメン講座に入る前に一度休憩をいれようと ★『にじのむこうに』を歌いながら会場の親子さんとタッチ 一旦 ホール後ろに退場する
DSC00737-1.JPG

*******★

5分後 またまた後方から

★『まほうのとびら』で入場

第2部のメインである【膝の上できいた子ども達の本音】について話しはじめるザッキー あれもこれも伝えたい・・と欲張り過ぎちゃって^^ まとまりのない講座になっちゃったけど 一生懸命 おにいさんのお顔をみているお母さんお父さんに応えなくてはと がんばりました

いよいよ歌ステージもラスト
★『ありがとうの花』のあと オリジナル曲★『バイバイタッチ』を歌いながらエンディングへ!
いつも思うんだけど
『バイバイタッチ』はどうしてこんなにも子どもたちを動かしてしまうんだろ〜って
そう思わせるくらい 今日会場に集まってくれた子どもたちも すごい勢いでステージ前まで駆け寄ってくれて 1度ならず3度4度とおにいさんの手をバシッと熱くタッチ
《いや〜みんなの愛を感じて ほんとうれしかった^^》

DSC00741-1.JPG


そしてそして・・最後
こんなお天気の悪い中、おにいさんに会いに来てくれた100名近くの親子さんに心からのプレゼントを

◆ママに貼られたのか?1歳半くらいの男の子がホッペに3つもシールをつけておにいさんのとこ戻ってきた時は大笑いしちゃったな〜

◆それから マジカルスコープも人気あったっけ^^
さわりたくってしょうがないって感じでおにいさんのとこに来て
『このボタンおすとどうなるの〜?』とか聞いてきたから
『そのボタンは・・おばけがでるボタン〜』なんて^^少しかまってしまった
とにかく 今日会ったお友達はみ〜んな元気いっぱいだったな〜

◆シールをひとりひとりに手渡したとき
3歳くらいの女の子がじ〜っとおにいさん見ながら 『またきてね♪』って言ってくれてネ・・
それを聞いたとき
誰でもない、ちゃんと子ども達の心におにいさんの思いが伝わった♪評価してくれたんだな・・って嬉しい気持ちになった◆

今回も体中が愛で包まれるような、幸せいっぱいのステージがおくれて おにいさんはほんと最高でした

**********★

ステージをご依頼くださった壬生町役場*生涯学習課のMさん、
そして壬生町子育て支援センター職員のみなさん・・
今日は大変お世話になりました

素敵な出会い、ほんとにありがとうございました

DSC00745-1.JPG


DSC00742-1.JPG





今回ブログの中でご紹介した画像はすべて壬生町子育て支援センター職員のみなさん及び会場にお越し下さった親子さんのご協力の下、許可承諾を頂いて掲載しているものです

みなさんのあたたかいお心。。深く感謝しています byザッキ〜おにいさん



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント