CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
自室でひとり、ものまね動画作ってる 栃木男です(~_~;)
月1回、地元で 歌のおにいさんステージとかも やってたりしますマイク
大映ドラマや韓国ドラマの愛憎劇系が大好きで光るハート見るとすぐ感化されてモノマネ動画とか作っちゃってますビデオカメラ我が動画をBack Upしてくださるロケーション協力先も随時募集しておりますのでお気軽にメッセください(^_-)-☆
最近の更新14.jpg
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
【ザッキ〜おにいさんといっしょ】
毎月第1土曜日、午前10時30分より
宇都宮市/ゆうあい広場(本の丘)にて絶賛上演中!

歌のおにいさん11年目のステージへ!宇都宮
水彩絵の具と綿棒で描いた韓国宮廷ドラマ登場人物[2020年07月27日(Mon)]
​​​

茨城空港そららのステージで使った
ザッキ〜おにいさん手描きの

【あるある韓国ドラマ声まね】用の背景アート顔1(うれしいカオ)

 今、朝やってるテレビ「トンイ」の王様や
「チャングムの誓い」に出てきたチャン尚官らしき人物が描かれてる!​​
がんばれ!ロボコンもうすぐはじまるよ[2020年07月22日(Wed)]

ロボワルだとかロボトン、ロボガリ、ロボペチャ 
当時販売されてたソフビ人形を買うと ハートのシールが入ってて 
それを100点分あつめて玩具会社に送ると 金髪のロビンちゃんのお人形が貰えたんだよねぇ♪

ソフビから超合金へ・・『がんばれ!ロボコン』を扱った玩具は飛ぶように売れた。

今じゃヤフオクでその人形が¥5000〜¥7000で売り買いされてるって言うんだから・・
ほんと物は大事にとっとくべきだよねぇ

確かロボコンたちロボットは
ガンツ先生ってロボットの先生がいるロボットの学校の生徒って設定でさ?
色んなお家やお店、会社?病院などに入り込んで人間と暮らしてんだよね(笑)
・・で 1日1回学校で成績発表が行われんの^^

人間界でイイことすると それに合わせた光るハート光るハート光るハート(ハートの勲章だかバッチだか?)が
ガンツ先生のお腹んとこから出てくんだよね?確か。

ロボコンは意気込みはいいんだけど何かやると空振りしちゃう生徒で・・いつも0点ばっかという
でもね ロボコンは人間がとっても大好きなんだよねぇ。。
いつも人間を手助けしようと頑張るんだけど失敗する・・そんな彼の姿をみてると
なぜか?自分自身とおなじ存在にみえちゃって^^ 
熱い気持ちで「デンデンがんがん*ほいでんがーん♪」って歌ってしまうの(* ´艸`)

そのくらいロボコンは当時の子どもたちのワクワク・ドキドキ心を虜にした等身大ヒーローだったおやゆびサインきらきら
ちゃんと子供たちにこれをやると後で自分自身痛い思いするよ?って道徳も教えてたしね?
そういった意味ではほんとうイイ番組作ってたよねぇ〜昭和の子ども向け番組は・・

そんなロボコンがYouTubeで全話みれるってー♡ 
すごく楽しみじゃなーい?
不滅の恋人挿入歌&BGMを ごじゃっぺ韓国語で歌ってみた[2020年07月08日(Wed)]


ザキーラkあぼんぬが 
その場のいきおいだけで作った歌動画​



ごじゃっぺ・・・・茨城弁で いい加減な、あやふやな という意味
新生ザッキ〜、オリジナル動画【ヘクソカズラの雌蜘蛛】発表![2020年06月23日(Tue)]

6時間で7人に変身!
声色7変化の技と
LINE,Instagramのカメラ機能を最大限に使って・・

海外映画の予告編のような動画を作ってみました
( *´艸`)♡
ザッキ〜先生が学童の子に伝え続けた相手を思いやる気持ち”[2020年06月05日(Fri)]
SNS誹謗中傷で亡くなった女子プロレスラーのこと
それから自分の親類をボーガンで殺した青年の事
あとコロナの話と
だいたい 今日はどの局も朝から晩まで同じニュースを繰り返し流してた。

​​​​​上記にあげたニュースのうち ふたつは
痛みを感じること(想像する力)に乏しい現代の若者が起こした惨事と
私は捉えてる。

親が子を大事にし過ぎたゆえに そうした想像力に乏しい子どもが増えた

子を育てるべき立場の人間・・
学校の先生だったり 学童保育指導員だったり
幼稚園、保育園の先生も同じ。

我が身大事さに 預かってる子どもの情操にまでは手を出せない。。
ただ当たり前のように 上から与えられた仕事をこなし
月の給料をもらい 自分の家族のために充てる。。そういう生活を繰り返してる人間ばかりであるから。

魅力ない大人に絶望した子どもたちは・・
心の拠り所を求めてSNSの世界に飛び込む。
そこならば 自分と同じような趣味をもった友達、自分の考えを肯定してくれる誰かが イイねだったり・・フォローだったりしてくれるから。。

でも所詮そこも 
彼らにとっては 自分ではない​誰かの自己満足を​
持ち上げるだけの為に存在してる侘しい世界”だって
そのうち知ることになる。

亡くなった木村花さんも きっと淋しさでいっぱいだったんだと思う。
自分の心を分かってくれる友達なり恋人なり・・
そう言う人を求めてSNSの世界に身を置いたのだと。
まさかいつも自分が何か呟くたびにイイねやフォローしてくれてる人間の中に 無神経なコメントを残していったり・・中傷する輩が紛れ込んでるなんて。。思いもしなかったんだろうと。

昭和に生まれた子供に比べると 平成、令和の子どもたちは打たれ弱い
何か大人に注意されるとむくれて 口を開かなくなったり・・面白くないことがあるとすぐに諦め 時には暴力さえふるう。
言葉で相手に返すという能力が いつの間にか乏しくなっていってるのだ。

それは彼らに関わる大人が 
来るべきタイミングにそれらを教えていないからだと私は思う。
マニュアルいっぺん通りの詰め込み式の授業を教師からうけ
人として一番大切な 心の教育を 一切受けられずに 成長していってるから。

****************☆

わたしは学童の子どもたちを預かったときに
その心の教育を 分かる子だけでもいい、教えてあげたいと思っていた。

だから子供たちのいつも座る あの窓際に【学童のやくそく】を掲示した。
いつもはバカやってるザッキ〜先生が 頭に火がついたように怒った時があったのを きっと教え子の誰かは覚えてる筈。



今だから白状するが・・
わたしは桃ノ木保育園《仮名》の学童に来る、もう数年以上前から
現代の親子の形、子どもたちを取り囲む環境の変化を感じていた。
今、マスコミを騒がせてる。。
相手を傷つけても何も感じない若者”が増殖するのを
その時点で感じていたから・・・。

ゆえに 自分が預かる子どもたちだけには
身を尽くして それを教えようと
そう責務のようなものを感じながら生きてきた。

なんで先生 こんなに怒ってるの?
​​​​​初めはね。。平和ボケした今の子供たちには
熱い先生は 不思議な存在に見えたかも知れない。。

だけど どんなに小さくても 私は人として一番大事なこと・・
 相手の気持ちを考える” を伝え続けた。
このタイミングを逃せば きっと彼は二度と誰からもこれを教わらずに生きる事になる、そう思ってたから・・余計にそうしたタイミングは逃せなかったんだ。

​自分がされてイヤなことは相手もイヤなんだと。
予測すること、想像すること 
それは将来のあなたを助ける大事な道具になると。

むろん 私が決めた勝手な約束事・・
一回聞いたってすぐ忘れて同じ過ちを何度も繰り返す子もいたよ。

だけど 私はそのたびに その子に時間をとった。
それが彼らの親が迎えに来る時間だろうが・・これから熟だから〜と困った表情しようと・・。

こういった大事なタイミングを 見て見ないふりしてる教育者、大人が多いから・・悲しい若者がどんどん社会に出ていちゃってるんだよね。
マニュアル通りに事を運ぶのも大事かも知れないけど・・
子供と関わる仕事をしているなら。。選ばれた大人としての使命も果たさなくてはね?



自分の家族をボーガンで射殺するなんて・・・
普通じゃあり得ないよ。
そりゃ 同じ屋根の下で暮らしていたら毎時毎時笑顔で過ごす何てこと出来ないと思う。おばあちゃんとお孫さんであってもね?
いつもは温和なおばあちゃんだって・・ダラダラして朝から晩まで不健康極まりない生活してる姿目にしたら。。ちょっとはキツイ言葉のひとつふたつも出るでしょうよ?

昭和の子どもならね。。。
おばあちゃんに手をかける前に
それくらいの過去の記憶は思い返せたし・・
一瞬?《憎たらしいババァ!》そう思ったとしても
理性で自分の悪意を抑える事ができたの。

それが今の子は ストレートに凶器にいくから・・


殺す前にブルブル震えて命乞いしたかも知れない家族見て
それでもボーガン突き付ける・・そんな真似ができた若者の心理を
私は理解することが出来ない。

自分とおばあちゃんの体型をみて何とも思わなかったんだろうか?
小さいころにお年玉くれたり好きな駄菓子を買って今か今かと自分の来るのを待っててくれた おばあちゃんを 何で一時の感情で殺せるの?


まだまだ こうした痛みを知らずに大きくなる子どもたち・・
世の中に登場していくんだろうな。。

​​​​

​​
令和のスケバン刑事!笛椅子我亜土サキ、新型コロナに物申す[2020年05月28日(Thu)]
社会風刺画​
​【笛椅子我亜土サキ!新型コロナに物申す】​​




〜笛椅子我亜土サキが生まれるまで〜


雨にも負けず風にも負けず・・ただドラえもん切手を買う為に[2020年05月20日(Wed)]
良かったー光るハート

​いやぁ 
発売前から Twitterでバズられまくってた

​​噂の【ドラえもんグリーティング切手】きらきら

寝る前に《郵便局並んで買えなかったらやだなーと》気になって・・
日本郵便のサイトからWEB注文しちゃおうと開いたら。。も
のの数分で
​在庫なし!​​表示​Σ(゚Д゚)

​うわぁー 
こりゃ思った以上に倍率高いぞ光るハートと​
不安げな気持ちで 韓国ドラマそこそこに飛び出した私⛆自転車
いやー それが5月とは思えんほど 手が寒いこと寒いこと事


窓口で恐る恐る 
『今日発売のドラえもんのグリーティングありますか?』

って局員の人に聞いてみたら ありますって言うじゃん♡

嬉しくて ちょっと多めに購入しちゃった( *´艸`)

手にとってみたら・・
やっぱ噂通りの かわいさ♪
ちょっとレトロ感あふれる ドラえもんが 何ともいえない♡










​​​何か買うのに店前に並ぶのなんて 何年ぶりだろ。。。
石岡のビバミナミにドラゴンクエストUだかVが50本くらい納品されるって聞いて
購入権利もらうのに朝はやーく店前にうちの弟と並んで・・
そんでも朝はやーく行ったんだけど店の前に長蛇の列できてて(゚Д゚;)
弟とふたり 『これじゃードラクエ買えないね』そうボヤキながら僅かな期待をかけて
そこで待ってたんだよ。

おそらくそこにずっと居たら50番の購入権利はもらえなかったと思う。

そしたら 前方の方から見た事あるお顔のつっぱりおにーさんが歩いてくるじゃん?
髪の毛リーゼントで色黒、背はちょっと低めのツっつって呼ばれてる男の子だった。
学校では自分、つっつのグループとは遊ばない。。まじーめで大人しい中学生だったから(笑)
声かけられた時はびっくりした。
『お前もドラクエ買いにきたの?』そう言うから こくんとうなづくと
『じゃ、俺たちんとこ来いよ そんなとこ並んで立って買えねーよ?』
そう言って 列の後方に並んでた自分と弟を 最前列の方に連れてったんだよ(笑)

何かそーいうこと それまでした事ない私だったから。。
すんごく罪悪感はあったんだけどね・・ちゃんと並んでる人に申し訳ないって。。

でもね、ドラクエ欲しかったし。。
何より自分たちのこと思って 声かけてくれた つっつの好意がうれしくて。。
弟とふたり・・つっつが並んでた前列に移動したんだよ。。

ちょっと つっつの後ろに並んでた小学生がムっとした表情でこっち見たんだけど・・

つっつが 何か文句あんのか!ってジャイアンみたいにその子らを制圧したから
その子たちも何も言い返せなくて 素知らぬふりをしちゃった。
っつはちょっと悪っぽい雰囲気の男の子だったけど。。仲間を大事に思うやさしい男でもあったんだよね。

つっつのおかげで 自分と弟はドラクエのゲームをゲットできて・・
夢中になって 遊んだっけ。。
映画メタボリックマーメイドより「インフレーションワールド」[2020年05月13日(Wed)]
映画メタボリックマーメイドより

ミュージカルアクター:宇都宮みどりさんが歌う
劇中歌「インフレーションワールド」​​

百合子の花はいつひらく〜私は令和のジャンヌダルク[2020年04月27日(Mon)]


宮痔ペー作詞作曲
2020年 日本を襲った新型コロナウィルス・・。
マスクショック、自粛・・
​それらをテーマに。​

***********************☆

政界のファッションリーダー!小池百合子 さま
毎日かわいらしいおマスクをおかけになり・・
各地域のコロナ感染者数をお述べになるお姿は
まるで民を救おうと旗を掲げるジャンヌダルクのようでございます。

どうぞ 日本を・・
恐ろしい悪魔からお救いくださいませ
メルカリ質問コーナーで禁止されてる筈の手作りマスク出品、許可されてる理由聞いてみた[2020年04月23日(Thu)]
メルカリ出品で気になるものがあったので
先ほど質問コーナーに記述させて貰ったのねペン

以下、わたしが問い合わせた内容
手作りマスクの出品はメルカリ規約で禁止されてる筈。
なのに【インナー】で検索するとかなりの出品が確認され・・
中には売買が成立してるものもある。
これって事務局が許可してると受け止めて宜しいのでしょうか?
どなたか教えてください”

そうしたら即行 ピンポンピンポン携帯電話
スマホのお知らせ音の嵐Σ( ̄□ ̄|||) 

​わたしと同じように疑問を抱いてた方が
こんなに沢山いらっしゃったんだなーと(;´Д`)
| 次へ
最新記事
プロフィール

ザッキ〜おにいさんさんの画像
ザッキ〜おにいさん
プロフィール
ブログ