• もっと見る
いずも在宅支援ネットワーク
病気になって療養するとき、あなたは、病院、施設より住み慣れた我が家で過ごしたいと思いませんか?できれば最後まで、家で居たくありませんか?居させてあげたくありませんか?そんな方たちのお手伝いをします。
私たちは、「家にいることができる喜び」大切にしています
« 影の管理者日記 | Main | 報告など »
<< 2014年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
dogwood
はんじょうづる。 (08/30) ハナミズキ
はんじょうづる。 (08/10) 影の管理者
おはようございます。 (07/20) マツイユキ
おはようございます。 (07/20) 影の管理者
おはようございます。 (04/19) はなみずき
おはようございます。 (04/16) 影の管理者
おはようございます。 (04/12) もう一人の管理者
おはようございます。 (04/12) 影の管理者
おはようございます。 (02/16) あいおい
おはようございます。 (02/15)
最新トラックバック
認知症の悩み110番。[2010年12月24日(Fri)]
島根県高齢者福祉課のホームページから
しまね認知症コールセンター』というのを
見つけましたのでご紹介します。

認知症の人と家族の会島根県支部が
島根県から委託を受けて、
認知症の悩み110番
『しまね認知症コールセンター』

が始まりました。
幽霊が直接確認したわけではないので
正確なことは言えませんが、ちらしを見る限り、
認知症についての様々な相談や質問を受け付けて
いただけるようです。
お困りのことや、気になることがあるようでした
相談して見られたらどうかと思います。
連絡先等はPDFをご確認下さい。

(コールセンターのご案内)
研修予定。[2010年07月06日(Tue)]
NPOいずも在宅支援ネットワークからのお知らせです。

いずも在宅支援ネットワークが主催するものも含め
予定されている研修会の一覧です。

ご覧ください。

(7月研修予定)
会員募集![2010年04月07日(Wed)]
NPO法人いずも在宅支援ネットワークでは
平成22年度の会員募集中ですびっくり
会員になると、色々はてなと特典が
ありますので、この機会に是非
お申し込みください。
今年度も、
みなさんが必要としている
旬な研修会や市民講座などなど
企画していきますので、
よろしくお願いします笑い
募集案内です。

入会希望の方は、
申込書と誓約書を提出、
年会費3,000円をお支払い
いただくようになります。
申込書と誓約書は
PDFを利用されても
かまいません。
たくさんのお申し込みを
お待ちしていますびっくり

申込書です。
誓約書です。
制度のお知らせ。[2010年01月22日(Fri)]
コミュニケーション機器等の貸出について。

島根県では、在宅で療養する患者さんやご家族が、
意思伝達装置等の機器について、
購入前のお試しや練習を目的として
お使いいただけるよう機器の貸し出しを行っています。
詳しくは、お住まいの地域の保健所
難病相談支援センター
お尋ね下さい。

(画質が悪くて済みません困った
介護員養成研修が始まります。[2010年01月21日(Thu)]
いずも在宅支援ネットワークが主催する、
『介護員養成研修』が始まります。

主催者である当NPO法人の松井理事長から
今回の研修の思いを聞いてみましょう。

「ヘルパー研修の2回目の受講生を募集しました。
15名定員で14名の応募がありました。前回は12名でした。
前回と違うのは、前回はほぼ全員がこれから介護の仕事に
就きたいという人たちでした。
しかし、今回は14名中、13名が施設で働いているが
何の資格もなく、きちんとした知識を身につけいて
仕事がしたい、何も資格がないよりあったほうがよい、
今までも研修したいと思ったが、
仕事についているので時間的に
受講できるところがなかった
(当法人は夜間と土日の開催がほとんどにしています)
などの希望理由でした。
今の介護現場の現状を垣間見ました。
新しく介護できる人を増やしたい、
介護員不足の自分たちの手で解消していく
という目的で始めた養成研修ですが、
質の向上という点での役割も果たさないと
いけないことを認識しました。
今回も多くの方々に協力していただいています。
本当に「感謝」の一言です。
受講生の方々には現場に生かしていただけるよう
一生懸命研修してほしいと思います。」

受講者のみなさん、がんばりましょうびっくり
お知らせ。[2009年10月06日(Tue)]
島根県が主催する高次脳機能障害支援研修会として、

『脳損傷による高次脳機能障害の対応(親として、精神科医として)』
と題し、堺脳損傷協会役員で、なやクリニック医師の納谷敦夫先生のご講演があります。
日時は、10月11日(日)13:30からで、場所は、松江市総合福祉センター4F大ホール
皆さんのご意見をお聞かせください[2009年07月25日(Sat)]
いずも在宅支援ネットワークでは、10月10日の「世界ホスピス緩和ケアデー」に向けてイベントを検討中です。この企画について、広く皆さんからのご意見をいただき、活動の参考にさせていただけないかと思い、ご意見を募集したいと思います。
このブログでのコメント、いずも在宅支援ネットワークへのメールメール、電話携帯などでご意見を聞かせてください。

以下は、事務局からの募集案内です。

【ご意見募集】
10月10日の「世界ホスピス緩和ケアデー」に何かイベントを企画しませんかはてな
研修会などではなく、一般市民の方に「緩和ケア」を気軽に知ってもらえるようなイベントが出来ればと考えております。
そこで、会員の皆様からアイデアを募集したいと思います。
具体的なアイデアでも構いませんし、「その日なら○○でこんなイベントやっているよびっくり」や「緩和ケアの△△が知りたいびっくり」等の意見でも構いませんので皆さんのご意見をお聞かせくださいウインク


ちなみに・・・
「世界ホスピス緩和ケアデー」とは?
毎年10月の第2土曜を「世界ホスピス緩和ケアデー」として世界各国のホスピス緩和ケア関連の施設や団体が緩和ケアの普及を目的として活動しています。
日本では、日本ホスピス緩和ケア協会が中心となり「世界ホスピス緩和ケアデー」を最終日とした1週間を「ホスピス緩和ケア週間」として全国で様々なイベントが開催されます。
介護員養成研修「受講者の感想」[2009年05月27日(Wed)]
5月22日の「福祉サービスを提供する際の基本的な態度」からの感想ですメモ

『認知症で「ご飯まだか」と言われたら、今用意していると言うだろう。小さいおにぎりおにぎりでも食べてもらう方がいいとは知らなかった。おやつアイスを食べてもらうと思う。』
→ただ食べてもらうだけでなく、食べる物を渡す時の声掛けなどにも注意をされて接することができれば、もっと良くなると思います。

『例題で、息子の依頼で掃除に行って、断られたときにどうするか。掃除を前に出さず、近所の方とお茶飲みくらいから、玄関で話をするところから・・・まさか、断られることがあるなど全く考えもしなかった。』
→ご本人とご家族、それぞれの意向が違う場合のことでしょうかね。必ずしも全員が同じ方向を向いて話をしているとは限らないという例題だと思います。言われたこと(計画されたこと)をするだけではなく、臨機応変に対応しましょう。

『他者を理解するためには、自分自身も知っておく必要がある。』『今日は自分の性格、コミュニケーション能力などをチェックできたので、今後の参考にしたいと思う。』
→自分自身をまず理解することは相手を理解するための第一歩です。私はどうかな・・・ダメ

どのサービスとも共通する話だったと思います。私達も時々振り返ってみることが必要だと思います。


この花は、出雲市内の小規模多機能型居宅介護で飾られている花です。噴水をイメージして活けてあるそうです(フラワーアレンジメントっていいましたかね)。介護員養成研修の講師の先生がお勤めで写真を提供していただきました。施設の中にきれいな花があると心が和みますね。
介護員養成研修「受講者の感想」[2009年05月27日(Wed)]
5月22日の「相談援助」からの感想を紹介しますメモ

『呼び方や話の内容、タメ口や敬語などその人にあった話し方をすることの大事さが分かりました。』『認知症の人には、タメ口で会話した方がよい場合がある。女性には旧姓や名前で呼びかけた方が心が通うことがある。』
→ご利用者に尊敬の念をもって接していただくことが大切です。場合によっては”タメ口”で接することも必要ですば、きちんと時と場合を考えてくださいね。

『計画書など思った以上に多く書くことを知りました。』
→そうですね。ケアプランの確認、契約書や重要事項説明書の作成、個別援助計画の作成、訪問記録の作成など、たくさんたくさん書類が必要です。大変なのですが重要なので必ずやって下さいね。

『家庭の様子が全てわかってしまう訪問介護の難しさ。責任感を持って介護しないと大変ですね。』
→ケアマネやヘルパーなど自宅を訪問して仕事をさせていただくサービスでは、見たくなくても見えてしまう家庭の事情があります。自分の言動には細心の注意を払って責任をもって下さいね。

『昔、いじめられても嫁は姑の面倒を見ないといけないけど虐待はどうかなあ。でも、経験上わからなくもないが、私の行く末、温かい気持ちで接していかないと・・・』
→嫁姑の仲が悪くても介護しなくてはいけない・・・なんてことはよくありますね。それが虐待などの犯罪につながることもあります。できるだけ嫁姑の関係は良好にして下さいね。それと自分のところに嫁が嫁いできたら、どんなに嫌な嫁でも「ありがとう」と言うことを心がけておくと、後々、良いことがあるかもしれません。嫁姑は特に難しいですね。

『最期の時を家で看取るか、病院での治療かを確認し、援助計画の中に組み入れる必要がある。』
→とても大事なことですね。私たち在宅支援ネットワークは、誰もが自宅でがんばるために設立されました。最期の時を家で看取ることができる支援をしていきたいと思っています。そのためにも受講生の皆さんが一人でも多く現場に出てくれることを願っています。

前回に引き続き相談援助ということで、対人援助技術を学ばれたようですね。仕事の時もそうでない時もコミュニケーションは重要です。しっかりと身につけて下さいね拍手
今日のひとこと[2009年05月22日(Fri)]
介護員養成研修の感想の中で、「今日のひとこと」として、一句詠んでおられたので紹介します音符

『講習日 仕事終えて我がヒナの えさを作りて 家を飛び出す』
by はなももの母

仕事を終え、わが子ウサギ(ご主人ブタかもしれませんが)の食事を急いで作って研修に向かう自動車汗母親(はなももの母なので女性だと思うのですが)の気持ちを詠んだ一句ですね。
うまいびっくり
次回に期待しましょう。(次回も詠んでくださいね)
プロフィール

NPO法人ターミナル・難病・重度障害者いずも在宅支援ネットワークさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/zaitakusien/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/zaitakusien/index2_0.xml