• もっと見る
いずも在宅支援ネットワーク
病気になって療養するとき、あなたは、病院、施設より住み慣れた我が家で過ごしたいと思いませんか?できれば最後まで、家で居たくありませんか?居させてあげたくありませんか?そんな方たちのお手伝いをします。
私たちは、「家にいることができる喜び」大切にしています
« 皆様、大変ご無沙汰しております。 | Main | 【医師との連携】在宅診療所いずも・宮本先生との意見交換会(4/10)のご案内 »
<< 2014年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
dogwood
はんじょうづる。 (08/30) ハナミズキ
はんじょうづる。 (08/10) 影の管理者
おはようございます。 (07/20) マツイユキ
おはようございます。 (07/20) 影の管理者
おはようございます。 (04/19) はなみずき
おはようございます。 (04/16) 影の管理者
おはようございます。 (04/12) もう一人の管理者
おはようございます。 (04/12) 影の管理者
おはようございます。 (02/16) あいおい
おはようございます。 (02/15)
最新トラックバック
やまえんごさく。[2014年04月09日(Wed)]
春を迎え、山野草も芽吹き、花をつける季節ですね。

さっそく先生から、山野草のお便りをいただきましたのでご紹介しますね。



ヤマエンゴサク/山延胡索(ケシ科:Corydalis lineariloba)
●撮影地 出雲市乙立町上田代
yamaengosaku.jpg
別名ヤブエンゴサク。半日陰になる疎林内や林縁、道ばたに生える多年草。
地下に径1cmほどの根茎があり、細い茎を出す。
高さ10〜20cm。葉は小葉3枚1組からなる複葉で、小葉は卵円形。
茎頂に総状花序を出し、4〜5月に淡い紅紫色〜青紫色の花を数輪つける。
花は2cm前後で、筒状をしており、先端は唇形に開く。
花のつけ根の包が切れ込んでいるのが特徴。
エンゴサク(延胡索)の名は中国の漢名をそのまま日本語読みにしたもの。


なるほど、名前がちょっと変わってるかなぁと思ってしまいましたが、中国の漢字をそのまま読んだんですね。

名前からは想像しにくいくらい可愛らしい花ですね(笑)

先生、いつもありがとうございます<(_ _)>
この記事のURL
https://blog.canpan.info/zaitakusien/archive/1268
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

NPO法人ターミナル・難病・重度障害者いずも在宅支援ネットワークさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/zaitakusien/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/zaitakusien/index2_0.xml