CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ゆとりすと

障がいがあろうとなかろうと、
人生を楽しまないなんてもったいない!!
いまこそCHENGEからCHANGEへ変わるとき!
「ゆとりすと」はあなたです。


最新記事
最新コメント
髭爺
宮崎シーガイヤ ジョギング・ユニファイド大会 (05/14) 北九州のS保育士です
宮崎シーガイヤ ジョギング・ユニファイド大会 (05/10) to なつ姫 from 髭爺
晩御飯 (11/09) なつ姫
晩御飯 (11/09) to 隊長♪ from 髭爺
年甲斐もなく(>_<) やっちまったぁ〜3 (11/07) 隊長
年甲斐もなく(>_<) やっちまったぁ〜3 (11/03) ちーちゃん
なんだぁ〜? (09/24) ちーちゃん
全肢連全国大会が開催 (09/04) ちーちゃん
全肢連50周年記念式典 (09/03) to やくもパパ from 髭爺
校外学習へ、いざぁ〜(^_^)v (08/24)
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Google

Canpn
ゆとりすとブログ
3月20日の「ケアする人をケアする」 [2009年03月31日(Tue)]

3月20日の天気は予想に反して好天。
開始時間午後1時30分に向けて、
参加者の続々と会場に詰め掛けた。

会場は、宮崎大学医学部看護学科のある
総合研究棟1階のプレゼンテーションルームと
アトリウムを使用して始まった。



大勢の学生ボランティアに助けられ
会場設営がテキパキと行なわれ、
無事開会に拍手拍手拍手

まず第一部として、
福岡県小郡市の社会福祉法人こぐま学園
理事長 大熊 猛氏による
設立以来からの施設運営に関する
興味深いお話があった。

特に話の中でいくつかのポイントがあったが、
その中で「チーム療育」
「保護者の絶対的なかかわり」と
いうくだりがとても印象的であった。


本当はこれが当たり前の療育の
姿なのであろうけれども、

宮崎の療育を考えたときには、
悲しいかなチームで子どもの療育に
取り組むシステムがないからである。

このチームは例えば一世が毎年通っている
北九州市総合療育センターでも
同じよに一人の子どもに対して1
0名近いスタッフがチームを組んで
療育に取り組んでいる。

まさに、こぐま方式が宮崎にあれば
わざわざ北九州やその他の県に
出向向く必要もない。

ちなみに、社)こぐま福祉会は福岡県
(福岡市・北九州市を除く)全県下から
肢体不自由な子どもたちが通ってくる
施設であり、最終的な就労支援まで
しっかりと行なわれている。

また大野城市などの行政が開設した
療育センターにスタッフが出向いて
療育に携わっている。

スタッフ数は総勢100余名に及ぶ。

第二部は、グループに分かれての
「Uの木発想法」によるグループ討議と
発表を行なった。

5グループにわかれそれぞれの考える
「だれもがすみやすい街づくり」と題して
討議を行い、それぞれのグループともに
ユニークな発想の元に立派は木が
成長していった。ちなみに、

わが班の木の名前は、萬の木であった。

そして、会が終了した後も熱心に
保護者の面々と大熊理事長と
とても熱心な意見交換が行われていた。

さて、明日はいよいよハートウォーカーの
デモンストレーションである。


明日のデモンストレーションに向けて
最終調整に余念のな
入江さんと大熊理事長


つづく






トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

髭爺さんの画像
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リンク集
RSS新着情報

モバイル用QRコードだよん♪
にほんブログ村 家族ブログへ