CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年02月 | Main | 2017年04月»
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
https://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
9か月の出会い、気づき [2017年03月30日(Thu)]
昨年7月から今年3月まで受入を行った2016年度 住友商事「東日本再生 ユースチャレンジプログラム」。

今年ゆるるでインターンとして活動した、橋実希さん。
7月のNPOで高校生の夏ボラ体験のサポートから始まり、受入団体の皆さんとこまめにやりとりをし、発行した「体験談集」、そして月刊杜の伝言板ゆるるの取材・執筆と、今年は多くの活動に関わってもらいました。

3月26日には、岩手県、宮城県、福島県で9か月インターンを終えた大学生たちの修了報告会が
福島市市民活動サポートセンターで行われました。

9か月間の出会い、気づき、悩み、達成感を一人ひとり発表しました。
P3260004.JPG

橋さんの「私の中で特に成長した点は、コミュニケーション能力。インターンをしたからこそ成長した部分です」という言葉が印象に残っています。
真摯にNPOの皆さんと向き合って、どう文章にすれば活動や団体の想いが伝わるかを常に考えていたからこそ、言葉や行動に少しずつ変化が出てきたのだと思います。
変化を恐れず、何事も吸収する橋さんの強みを活かし、これからも活躍されることを団体一同祈っています!

DSC_1408.JPG
修了報告会を終えて

最後に橋さんから寄せられた感想をご紹介します。

始めた頃はとても長いように思えた9ヶ月間のインターンがとうとう終わりを迎えます。
大学生のうちにNPOの活動に参加してみたい、何か新しいことを始めてみたいと思っていた私にとって、このインターンは大変有意義なものになりました。9ヶ月間で、高校生の夏ボラのサポートや、他のNPOへの取材、月刊ゆるるの記事作成、発送作業などの活動をし、その中で中間支援組織の役割や他のNPOの活動、事務処理スキルなど多くのことを学びました。特に、取材を経験したことでコミュニケーション能力や広い視野を身につけることができました。
ゆるるで学んだことを今後の人生や進路選択に活かしていきたいです。

Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 15:45 | 住友商事インターンシッププログラム | この記事のURL | コメント(0)
3/27河北新報・夕刊 NPOの杜は、「子育てに電話で寄り添う」 [2017年03月29日(Wed)]
今回のタイトルは、「子育てに電話で寄り添う」。
ぜひ、今回もご覧ください!

夕刊をとっていない方も、
河北新報オンラインニュースからご覧いただけます。

本日のコラム「子育てに電話で寄り添う」
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1179/20170327_01.html

NPOの杜バックナンバーは、こちらから
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1179/index.html
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 09:43 | NPOの杜 | この記事のURL | コメント(0)
3/13河北新報・夕刊 NPOの杜は、「地域のために時間の寄付を」 [2017年03月13日(Mon)]
今回のタイトルは、「地域のために時間の寄付を」。
ぜひ、今回もご覧ください!

夕刊をとっていない方も、
河北新報オンラインニュースからご覧いただけます。

本日のコラム「地域のために時間の寄付を」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170313_13040.html

NPOの杜バックナンバーは、こちらから
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1179/index.html
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:35 | NPOの杜 | この記事のURL | コメント(0)
3/6河北新報・夕刊 NPOの杜は、「障がい者の自立を支援」 [2017年03月07日(Tue)]
今回のタイトルは、「障がい者の自立を支援」。
ぜひ、今回もご覧ください!

夕刊をとっていない方も、
河北新報オンラインニュースからご覧いただけます。

本日のコラム「障がい者の自立を支援」
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1179/20170306_01.html

NPOの杜バックナンバーは、こちらから
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1179/index.html
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 09:25 | NPOの杜 | この記事のURL | コメント(0)
月刊ゆるる記事「仙台放送ニュースアプリ」3月も配信します [2017年03月03日(Fri)]
県内のニュースを中心に配信するスマートフォン向けアプリ
『仙台放送ニュースアプリ』で月刊杜の伝言板ゆるるの特集記事が昨年1月より配信されています!

3/7から、3月号掲載分が配信されます。

スケジュールは下記の通りです。

■3月7日(火):
募金で団体を応援しよう!社会課題解決 みやぎチャレンジプロジェクト
みやぎチャレンジプロジェクト

■3月8日(水):
スポーツで地域を元気に
NPO法人FIRST ASCENT JAPAN.


配信日は、上記の通りですが、
バックナンバーとして、1ヶ月閲覧できるようになります。


ここではタイトルだけ紹介しましたが、詳しくは
仙台放送ニュースアプリ、またはゆるるHPをご覧ください!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 11:51 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
非営利法人制度のあり方を考えるフォーラムin宮城 開催 [2017年03月02日(Thu)]
27日に、仙台で「非営利法人制度のあり方を考えるフォーラムin宮城―民間非営利セクターの発展に向けて―」を開催しました。


非営利法人格選択に関する実態調査委員会(構成団体:公益法人協会、日本NPOセンター)は、日本における2つの非営利法人制度(「一般・公益法人制度」「NPO法人制度」)がどのように市民社会に選択され利用されているか、比較調査を進めてきました。

その調査結果(※)を踏まえ、社会課題・地域課題解決のための組織が得るべき「法人格」とは? そして、これからの非営利法人格に関する制度はどうあるべきか?について考え、共有するフォーラムとなりました。

※調査結果は、こちら

宮城県内外のNPOをはじめ、任意団体、一般社団法人、行政の方に、ご参加いただきました。
P2270005.JPG

まずは、調査に関わった産業能率大学 中島先生からの調査報告のあと、
法人格の異なるパネリストをお招きして、「なぜその法人格を選択したのか」をお話いただきました。
情報公開は、法人格は違ったとしても、とても重要だと皆さんからお話がありました。



P2270022.JPG
公益社団法人の立場から、公益社団法人みらいサポート石巻 専務理事 中川政治さん
「寄付金も多くいただくようになり、任意団体ではなく法人格をとろうとなりました。
事務に割く時間もなく震災復興支援をしてるなかで、一番早く法人格を取得できる、一般社団法人を選択。その後、信頼性を増すため、公益社団法人を目指し、取得しました」


P2270024.JPG
認定NPO法人の立場から認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 代表理事 大久保朝江さん
「認定NPO法人取得を推進するNPO支援の立場が、まずは認定を取得し、
取得する流れ、準備、取得後の実際について、身を持って知り、説明できるように」


一般社団法人の立場から一般社団法人ソーシャルコーディネートかながわ 
代表 手塚明美さん
「人のゆるやかな集まりを非営利型で行いたいということで、社団を選択。
一般社団法人に関する勉強会などを開き、一般社団について学んでいった。
身を持って、社団をとり、説明していくことで、社団のイメージも変わっていくと考えた。
そして、実際に神奈川県のボランタリ-団体等との協働の推進に関する条例の項目に
一般社団法人、一般財団法人という項目が追加された。」



P2270049.JPG
また、日本NPOセンター 山岡さんからは「一般社団法人といっても、非営利型、共益型、一般型に分かれる」といったお話もあり、それぞれの形を理解し整理することができました。

また、2つの非営利法人制度(一般社団・公益社団、NPO法人・認定NPO法人)は併存すべきか?、統合すべきか?といった質問で参加者からは、
「選択肢の幅を広げるため、併存すべき」、「ミッションや団体の活動にあわせて選択したほうがよい」「ややこしい制度は簡素化しては?」「今回のフォーラムのような情報共有の場を設けながら、検討していく時間が必要」といった感想が聞かれました。


制度を知り、そして制度が変わっていくならば
よりよい制度をつくるために市民も関わり、提言していくことが今後必要だと感じるフォーラムとなりました。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 14:55 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)