CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年11月 | Main | 2016年01月»
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
https://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
2015年「ボランティア納会」開催しました! [2015年12月25日(Fri)]
12月25日、今年最後の月刊「杜の伝言板ゆるる」発送日、
いつもの発送作業に合わせて『ボランティア納会』が開催されました!

1.jpg

日頃お忙しい時間を割いて、
ご協力いただいているボランティアさんに
感謝の気持ちを伝えるため、毎年、年末に行っています。

納会では、ゆるるからの感謝の言葉とともに
ご協力いただいたボランティア活動時間を記載した
感謝状をお贈りしました。

2.jpg

2015年に、ゆるる事務局と
ゆるるが管理運営する「みやぎNPOプラザ」で活躍いただいたボランティアさんは
総勢15名!個人の活動最長時間は、なんと135時間にもなります!

今年の11月からボランティアをスタートされた方から、
10年以上も通っていただいているベテランさんもいらっしゃいます。

本当にたくさんのみなさんに支えられているのだと
ボランティアさんの存在に改めて感謝の気持ちがわいてきました。

さまざまな作業の中で、
「ここはこうした方がスムーズだな」とか、「この方が分かりやすいよ」など
ボランティアさんのアイディアで改善されてきたことがたくさんあります。

3.jpg

ボランティアさんは、人手不足を補うため人材ではなく、
一緒に活動に取り組んでいただく、大切なゆるるの一員☆
ゆるるの活動を知ってもらい、
まわりのみなさんに伝え広めていただくメッセンジャーでもあります。

これからも多岐にわたりご協力いただくことと思います。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:35 | ボランティア | この記事のURL | コメント(0)
とめ市民活動大交流会〜はっと汁を囲んで〜 [2015年12月16日(Wed)]
12月12日、NPO法人とめ市民活動フォーラム主催
「とめ市民活動大交流会」が行われました。
今回、私たちゆるるは、大交流会の共催団体として参加しました。

当日は登米を拠点に活動する25の団体発表・パネル展示、
★1 PC120009.JPG

お昼には、登米といえば「はっと汁」!の提供もありました。
大きな鍋で作られた「はっと汁」。
★2 PC120014.JPG

団体発表のあと、はっと汁を食べながら、お互いの活動について紹介し合う場面が多くありました。
★3 PC120016.JPG

午後からは、パネルトーク「地域の居場所で楽しもう!」と題したパネルトーク。
全国でも地域でも高齢化という問題を抱え、その問題は深刻です。
そこで、今回は、「シニアによるシニアのための居場所」を地域で運営している3団体を迎え、自団体の取組みをお話いただきました。

今回登壇いただいたのは、
NPO法人FOR YOUにこにこの家 理事長 小岩孝子さん
NPO法人シニアサロン井戸端会議 副理事長 羽田正行さん
NPO法人シニアのための市民ネットワーク仙台 事務局長 伊豆田勝一さんです。

★5 PC120083.JPG

シニア世代間の人生を楽しみ、気楽にしゃべって、飲んで交流する、シニアが集まる居酒屋を運営しているシニアサロン井戸端会議 羽田さんに、「会場から、どうやって人を呼び込んでいるの?」と質問が出ると、
「パンフレットやチラシには限界があります。1,000枚配って1人くればいいほうです。
来て、活動の良さを知ってもらうと、その情報を知り合いに話して、次回誰かを連れてお店にきてくれる。やっぱり人を呼び込むには、口コミですね」と話します。


そして、活動していく上で必要なのは、「移動のための足の確保」、と話すのは、伊豆田さん。
仙台市では、バス、地下鉄を利用でき、本人負担は1枚につき500円の敬老乗車証があります。その敬老乗車証があるからこそ、車など移動手段をもたないシニアも活動に参加することができ、金銭的負担も少なく、「移動の足」の大切さを実感していると話してくれました。


小岩さんからは、
「今日、登米市で活動している団体のパネルを拝見して、こんなに様々な活動をしている団体があるんだ!と知りました。きっと個々で活動するよりも、団体同士が連携していけば、またあらたな展開が生まれるはずです」とエールを送りました。

当日は70名を超える参加があり、登米市の団体同士が出会う場となりました。
小岩さんのお話にもあったように、今後の登米市での市民活動の展開に期待が膨らむ大交流会となりました。

※お知らせ※

NPO法人とめ市民活動フォーラムが管理・運営をしている、
「とめ市民活動プラザ」は10月1日から、登米市迫町佐沼の大網地区に移転しました。
新たな施設では、これまで同様に低料金での印刷機の利用や、
無料でミーティングルーム(20〜30名利用可)が利用できます。ぜひご活用ください!
※使用にあたっては各規定がありますので、詳細はお問合せ下さい。

登米市市民活動支援センター とめ市民活動プラザ
DSC06124-thumbnail2.JPG
※写真は、とめ市民活動プラザブログから

開館時間:10:00〜18:00
休 館 日:毎週月曜日
新住所:〒987-0511 登米市迫町佐沼字大網390-15 アルテラスおおあみ内
TEL/FAX 0220-44-4167
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 16:02 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
大崎市、石巻市にて「情報発信セミナー」を開催しました! [2015年12月11日(Fri)]
12/9〜10の2日間、大崎市、石巻市の各会場で開催された
宮城県主催の『伝える!市民活動のための情報発信1DAYセミナー」!お陰様で盛会のうちに終えることができました。

今回のセミナーは、
団体の活動を市民のみなさんに知ってもらうために欠かせない「情報発信」について
より知識を深め頂きたい!という想いを込めて、実施しました。

IMG_1647 (300x211).jpg

午前の部では、
ブログ・Facebookなどの『IT』活用した情報発信についての講義です。

講師は、日本財団と合同で運営する、
公益のための情報発信サイト「CANPAN」などの企画責任者であり、
「情報発信」のプロフェッショナルでいらっしゃる
NPO法人CANPANセンター代表理事の山田泰久さんです。

IMG_1654 (212x300).jpg

情報発信とは?という概要からはじまり、
最近の「情報」事情、そして、インターネットが当たり前の時代、
溢れる情報の中から、自分の団体を見つけてもらうためのコツや、
発信力を高める秘訣、ブログのテクニックにfacebookの活用方法など、
今日から取り組めることが盛りたくさん♪

このブログも山田さんのお話を受け、
写真5枚に100〜300字程度の文×5セットというスタイルが読者にとって読みやすい!
というアドバイスを意識して作成してみました。
いかがでしょうか。

IMG_1617 (300x225).jpg

今や、インターネットを活用した情報発信は
当たり前になっていますが、
まだまだ活用の仕方によって、情報発信の方法は無数にあるのですね。

ゆるるのHP、ブログも、
情報を必要とする人たちへ、必要な情報をお届けするために
工夫しだいで改善できる点があると改めて実感いたしました。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

午後の部は、当法人の代表理事 大久保朝江による
ニューズレターや会報などの『紙媒体』の情報発信についての講話
「市民活動を伝えるラブレター」です。

IMG_1668 (212x300).jpg

発行の過程から取材の仕方、
原稿の書き方や伝わる写真の撮り方と、
当法人で発行している月刊誌を例に挙げ、一連の流れをみんなで再確認しました。

また、参加者のみなさまの団体で発行している情報発信ツールをお持ちいただき、
ワークショップも行いました。

まず、自分達の発行物にかかる経費や発行部数はじめ、
発行物作成の目的や好評・課題と感じるところなどを改め見直します。

そして、ペアになった方に、自分の団体の発行物を見てもらい、
改善点などの指摘してもらいます。

PC090021 (300x225).jpg

自分達の発行物を改めて見直すことも、
読者から批評いただく機会はなかなか無いものです。

お相手の発行物を参考にしたり、
その発行物がもっとよくなるようなアドバイスをしたり、
お互いに交流を深めながらのワークショップは、とてもいい時間になったようです。

一日という長時間の講義を終え、参加者のみなさんからは、

「現在の情報発信活動に足りない部分が分かったので、活かしていきたい」
「“今からできること”をたくさん知ることができた」
など

ご協力いただいたアンケートからも、
今日の講話を有益な情報としてお持ち帰り頂けた方が多かったようで、
こちらも大変嬉しいかぎりです!


★この情報発信セミナーは、
2/17(水)には、角田市で開催されます。
※詳細はこちら→「伝わる!市民活動のための情報発信1DAYセミナーin仙南

仙南地域のみなさん、今回参加できなかった方、そして、もう一度話が聞きたい!
という方もぜひ、ご参加くださいませ。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:26 | H27年度仙台市NPO法人組織基盤安定化事業 | この記事のURL | コメント(0)
12/5第3回NPO夜学が開催されました! [2015年12月10日(Thu)]

12月5日(土)、みやぎNPOプラザで
NPO夜学2015第3回「NPOのリアルを知る、体験する」が開催されました!

NPO夜学は「市民活動に関わってみたい」など、社会貢献を考えている方に
活動の基礎を学び、実践者のお話を聞くことで
「新しい価値観との出会いの場」を提供している講座です。

第3回のこの日、NPOの各分野で活躍している

仮認定NPO法人ハーベストの山ア賢冶さん
NPO法人仙台夜まわりグループの青木淳子さん
NPO法人アートワークショップすんぷちょの西海石みかささん

をゲストに迎え、3名を「本」に見立てて参加者の皆さんが読む(=直接質問を投げかける)といった
「ヒューマンライブラリー」形式のワークショップを行いました。
今回、ゆるるでインターンをしている私も「読者」のひとりとして参加しました!

CIMG4799.JPG

社会人や主婦の方から学生まで、様々な読者がいたこともあり
多くの視点で「本」であるゲストとの対話が生まれました。

私は特に、路上生活者の皆さんの安否確認や食べ物を手渡す夜まわり活動を通じて、
生活困窮者を支援している仙台夜まわりグループ青木さんの
「私たちのような活動がなくなる社会になれば」
という言葉が印象的でした。

月刊杜の伝言版ゆるる12月号でも仙台夜まわりグループの活動を紹介しています!
pdfはこちら

その他にも、読者の皆さんそれぞれの心に残る「ページ」があった様子で、
最後には自らのバックグラウンドを基に、読書の感想を発表していました。

例えば、
「NPO夜学には第1回から参加しているが、体験を見据えたプログラムである第3回を非常に楽しみにしていた!」
「空いた時間を何かに使いたい、と思っていたので、今後は市民活動に参加したいと思った。」
など、前向きな読者の声を聞くことができました。

このように、第3回はゲストに迎えた3つのNPO法人でボランティア体験をすることができるといったプログラムでもあるので、
過半数の読者から、「実際に活動に参加します」というメッセージをもらっています!

ヒューマンライブラリーから今後のNPOでの体験まで、
「NPOのリアルを知る、体験する」ことができればと思います。


第4回NPO夜学は「体験から見つけよう!あなたの市民活動」というテーマで
2016年1月30日(土)に開催される予定です。

私も含め、第3回から参加している参加者も多くいるので
第4回にも参加してみてはいかがでしょうか。

(インターン・山根)

Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 16:23 | NPO | この記事のURL | コメント(0)
NPO法人バー・アスティエ協会様より、ご寄付をいただきました! [2015年12月03日(Thu)]
先日、東京都中野区に拠点をもつNPO法人バー・アスティエ協会様より、
ご寄付をいただきました!!

NPO法人バー・アスティエ協会様は、アラン・アスティエを 名誉顧問とし、2009年より、少しでも多くの方に、心身の健康に役立てていただけるよう活動を行うことを目的とした団体です。
↓↓↓
団体の詳細はこちらからご覧ください。

今回のご寄付は、バー・アスティエ協会様が開催したワークショップにて、行った物品販売の売り上げ金の一部より、台風18号による被災地復旧復興のため、NPO法人ひろしまNPOセンター様を通じて宮城・埼玉・東京・広島のNPOセンター職員による被災地域支援活動へ支援金としていただきました。

12/1発行の「ゆるる通信」でも掲載しましたが、去る10月22〜25に、当法人スタッフの大西が、茨城県常総市にある「たすけあいセンターjuntos!」の運営サポートに参加させていただきました。
「たすけあいセンターjuntos!」は今年9月に発生した台風18号による大雨災害をきっかけに認定NPO法人茨城NPOセンター・コモンズ(以下、コモンズ)が設置した地域復興のための拠点です。滞在期間中は、被災者への情報発信のための『JUNTOS!通信』の作成に携わらせていただきました。

引き続き、県を越えて、いろいろな中間支援組織と連携し、ミッション達成のために、活動に励んで参ります。
ご寄付をいただきましたバー・アスティエ協会様、つなぎ役をしていただいたひろしまNPOセンター様へ心から御礼申し上げます。
そして、今も復興活動に尽力されている茨城NPOセンター・コモンズ様、同じ被災地のNPO支援・中間支援組織として、これからも連携を深めていきたいと思います!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:43 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)