CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年02月 | Main | 2013年04月»
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
https://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
デンソーさんのCD寄贈ツアーへ同行♪ [2013年03月28日(Thu)]
報告が遅くなってしまいましたが、先日、名古屋の株式会社デンソーさんのCD寄贈ツアー(?)に同行させていただきました!

P3160004小.jpg

もともとデンソーさんは、東日本大震災で被災した団体を今後も継続して支援していく取組みとして、デンソーおよびグループ社員の寄付金で運用する「はあとふる基金」を2011年10月から開始しています。役員・社員の希望者から毎月の給与と賞与の100円(100円単位で複数も可)を給与天引きし、基金として積立て、集まった資金をNPO・ボランティア団体へ寄付、ボランティア活動資金、自然災害義援金などに使用する制度です(DENSO HPより)。寄贈する団体を探していらっしゃった時、ゆるるに相談していただき、ゆるる運営の寄付サイト『復興みやぎ』の団体から、登米市のどんぐりの家、気仙沼市の泉里会、栗原市のみやぎ身体障害者サポートクラブへ10年間継続して寄付することを決定しました。

それ以来、いろいろ情報交換させていただいておりましたが、今回は、デンソーさんで、車のナビの音響システムのテストの際、1回だけ使用した新品同様のCDがたくさんあるので、有効活用してくれる団体はいませんか?というご相談をいただきました。
そこで、ゆるる新人スタッフから、震災後、NPO法人や市民活動団体として活動している災害FMラジオの放送局へ寄付してはどうか?という案が出ました。それをお伝えしたところ、賛同していただき、先日、3月16日(土)に、山元町のりんごラジオ、亘理町のFMあおぞら、名取市のNPO法人エフエムなとりへCD寄贈することになりました。それぞれ120枚ずつ、各放送局のリスナーの年代層にあわせて、選んで持ってきていただいたことに、どの団体さんも感激されていました。

P3160013小.jpg


震災時、「歌詞がある曲はしばらく流すことができませんでした。しばらくたって、リクエストなどもあったので、徐々に流すようになりましたが、その時は、歌詞をよく読んで、“別れ”や“死”をイメージさせるものは流さないようにしていたので、歌詞カードがあるってとても重要なんです」とおっしゃっていた団体の方もいらっしゃいました。団体さんの細かい配慮に、デンソーの担当者の方も感銘を受けていらっしゃいました。

P3160025小.jpg

道中は、デンソーさんの社員一丸となって取り組まれている社会貢献活動や復興支援活動について、いろいろお聞きすることができ、とても貴重な時間を過ごすことができました。
これからもいろんな分野の方々から頼りにされる中間支援NPOでありたいな〜と思います。

※写真は、りんごラジオ、FMあおぞら、NPO法人エフエムなとりの皆さんです。
■DENSO HP「はあとふる基金」
http://www.denso.co.jp/ja/csr/social/social/member/index.html
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 14:11 | この記事のURL | コメント(0)
学生ボランティアさんに来ていただきました! [2013年03月19日(Tue)]
hatano.jpg


 3月11日から19日まで、長野の大学に行っている大学生Hさんが、春休みの帰省を利用してボランティアに来てくださいました。Hさんには、報告書用データの入力、15年間の月刊杜の伝言板ゆるる掲載団体一覧の作成など、普段から手を付けたくても、なかなか取り組めないでいた業務をどんどんやっていただきました。ありがとうございました。

1週間のボランティアの感想を頂きましたので、ご紹介させていただきます。
------------------------------------------------------------------------------
 このたび杜の伝言板ゆるるにボランティアとして来ましたHです。1週間と少しの間だけですがボランティア活動をさせていただきました。主に今までのゆるる(創刊時である’97年からごく最近までの)の記事の確認・整理を手伝わせていただいておりました。

 その記事の確認作業を通じて気が付いたのですが、やはり時代によって必要とされる団体・ボランティアは少しずつですが変化してきているように感じます。やはりどうしても最近は東日本大震災復興支援のNPOがかなり多い、というのは分かりやすいですが、他にも昔は障がい者の支援・補助を行っている活動団体がどうにも少ないように感じたり、逆に昔から子どもの成長を支える団体は結構あったり(宮城県だけかもしれませんが)。

 また、ゆるる創刊当時はNPOを認める法律もまだ無かったのでNPO法人そのものが無く、今でいうNPOのような団体は当時だとボランティア活動団体として存在していました。そしてそのような記事を古い分から確認しながら纏めていっていたのですが、そうすると昔は法人ではなかった団体が後にNPO法人として認可・活動している記事を後になって見つける事もあり、そういう団体を見かけると何故か妙な感慨を感じたりもしました。

 私の実家は宮城ですが今は長野県に住んでいますので宮城県でボランティア活動をする機会は少ないのですが、また宮城に帰ってきた時に時間があればまた震災支援をさせていただきたいと思います。もっとも、復興支援なんて必要なくなるくらい復興しているに越したことはないでしょうけどね。

杜の伝言板ゆるるさん、ありがとうございました!
---------------------------------------------------------------------------------
Hさん、1週間、ありがとうございました。
また、帰省した際には、どうぞ、よろしくお願い致します。


Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 19:20 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
【満員御礼】会計サポーター派遣キャンペーン 申し込み終了! [2013年03月14日(Thu)]
P3130012(小).jpg

かねてより、ご紹介しておりました「会計サポーター派遣キャンペーン」ですが、
本日、目標の60回の派遣が確定いたしました!

3月決算のNPOが多いため、そろそろ、準備に取り掛かっている担当者の方も
いらっしゃるのか、今週になって派遣依頼が殺到しました。
現在、サポート進行中も含め、36団体へ派遣いたしました。

無料での派遣に関しては、これをもちまして、終了とさせていただきます。

4月以降、サポート範囲を広げ、有料でのサービス展開を検討中です。

写真は、先日、見学させていただいたサポート風景です。
初決算に向けて、一生懸命サポートしています。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:43 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
3.11 from KANSAIに行ってきました! [2013年03月11日(Mon)]
2011年3月11日の東日本大震災からちょうど2年が経ちます。

3月10日、大阪で『3.11 from KANSAI』が開催されました。ゆるるでは宮城県のNPOの頑張りを県外にも広く知ってもらうため、今回作った『復興ing with NPO』を持って大阪へ乗り込みました。

IMGP3186.JPG
開催の挨拶をする早瀬昇実行委員長。

IMGP3176.JPG
参加団体はそれぞれブースを借り受け、食べ物の提供、商品販売などを行います。ゆるるでは『復興ing with NPO』配布、20世紀アーカイブ仙台さん制作のポスター展示、みやぎ連携復興センターによる被災地の手づくり品のサンプル展示を行ないました。ボランティアさん5名とみやぎ連復からPSCの菅野さん、共生地域創造財団の小笠原さんに手伝ってもらいました。

IMGP3196.JPG
『復興ing with NPO』を配っているボランティアさん。今回700部を持ち込みましたが、ボランティアさんたちの熱心な配布のおかげで、600部以上を手渡しで捌くことができました。

IMGP3201.JPG
ゆるる代表理事大久保による巧妙なセールストーク!?

IMGP3210.JPGIMGP3212.JPG
昼前から急に気温が下がり、風も強くなってきましたが、ついに雨が……。雨が上がることを願いながらテント内でしばらく休憩です。

IMGP3207.JPGIMGP3228.JPG
その他、ゆるるブースを訪れたちびっこ。100円の鴨鍋が大人気で、途中食材の買い出しまでしていたブース。

IMGP3235.JPG
そして通りがかりのヒーローも交えた記念撮影!

強風、降雨など思わぬハプニングもありましたが、宮城県のNPOの活動を他県にも知ってもらうというミッションはなんとか達成(?)できたかなと思います。大阪のみなさんの被災地への関心の高さも窺い知ることができました。

最後に、実行委員会の皆さん、荷物の受取・発送でお世話になった株式会社積水ハウスのみなさん、そしてボランティアの皆さん、みやぎ連携復興センターの皆さん、大変お疲れ様でした!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 13:36 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
『復興ingみやぎwithNPO』完成! [2013年03月01日(Fri)]
fukkouing.jpg

全国へ、復興に向けて頑張っている宮城県のNPOを知ってもらいたい!
支援者を増やしたい!という思いを込めて作成しました
『復興ingみやぎwith NPO』。

この冊子では、月刊杜の伝言板ゆるるの〜復興への道〜に掲載された
NPO42団体の活動を紹介し、5000部発行しました。


早速、2月末に開催された長崎県民ボランティア振興基金10周年記念の
イベントや東京で行われた経団連1%クラブなどで、配布しています。

今後、全国に向けて、震災の記憶を風化させないために、
震災関連のイベントにて、配布してまいります。

ゆくゆくはWeb上でも公開してまいりますので、候ご期待!!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 18:06 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
被災地NPOのための出前専門相談会 最終日! [2013年03月01日(Fri)]
NEC_0303.jpg

昨日、登米市迫公民館にて開催しました「被災地NPOのための出前専門相談会」。
昨年11月から宮城県7地域で計10回開催してきましたこの事業も本日でラスト。

震災から2年が経過しようとしている今、NPOが抱える課題や悩みも、
地域によって徐々に、差が出てきているようです。
復興への道のりには、「高齢化」「商店街の活性化」など
震災前から各地域が抱えていた課題と向き合うことが不可欠のように感じます。

NEC_0300.jpg

昨年度も同様の事業をおこないましたが、今回は、組織運営・法人設立に関する相談、
コミュニティビジネスに関する相談、そして、会計税務に関する相談と
メニューを増やしてまいりました。
広報の過程でも、NPO法人の運営に関する意識の変化を感じる場面が多々ありました。
特に、会計に関しては、NPO法の改正で、会計報告の仕方が変わることを受けて、
税理士や公認会計士など専門家に依頼しているNPOも増えているようです。

仙台の事務所にいるだけでは、お会いできないNPOの方々に直接あって、
いろいろなお悩みから意気込みから直接お聞きできる貴重な時間でした。
改めて、ゆるるは宮城県全域の市民活動を支援していくんだ!と感じた日々です。
あとは、山積みになっている記録と報告の整理です・・・。

ご参加いただきましたNPOの皆さん、市民活動を始めようとされている皆様、
ありがとうございました。
すぐには、解決できないこともいっぱいですが、一緒に悩み、考えてまいります。
今後共どうぞよろしくお願いいたします!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:03 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)