CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年11月 | Main | 2012年01月»
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
https://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
ボランティアさんに感謝! [2011年12月27日(Tue)]
ボランティアの皆さん、1年間ありがとうございました!

今日は今年最後の発送作業。

ゆるるやプラザで、ボランティアをしてくださっている
皆さんへの1年間活動を続けていただいた感謝の気持ちを込め、
納会を開催しました。

スタッフの勤務年数より長く活動しているボランティアさん、
今年から参加しているボランティアさん
またインターンシップで職場体験をしているお二人も加えて
とても賑やかな会でした。


【ボランティアさんと記念撮影】

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:17 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
みんなつながれ!杜の子まつり in 東松島 [2011年12月26日(Mon)]
26日、東松島小野駅前の仮設住宅にて
『芸術パフォーマンス びりとブッチィーのクラウンショー』に
みんなつながれ!杜の子まつり実行委員会メンバーとして、ゆるるも参加してきましたほえー


その日は、赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃんまで幅広い年代の方が30名ほど参加。
パントマイムや、アートバルーン、マジックが披露され、ショーを楽しみました。


クラウン(clown)とは、英語で「道化」を表す総称です。
ピエロといったほうが、なじみ深いかもしれませんが、ピエロもクラウンの一部なのだとか。


ショーの後は、室内で新聞バックづくり、フォトフレームづくりや、お魚釣りゲーム、
室外では鬼ごっこなどを楽しみました。




新聞バックづくりや、フォトフレームづくりも、みなさんお茶を飲み、お話をしながらの
あっという間の2時間半、たくさんのお話を聞く貴重な時間を過ごすことができました。


1月15日には、石巻河北総合センター(ビックバン)交流ホールでもクラウンショーが開催されます。
詳しくは、NPO法人せんだい杜の子ども劇場のHPをご覧ください。




                  ↑参加者のみなさんと記念写真!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 16:09 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
仙台傾聴の会の活動を取材  [2011年12月19日(Mon)]
19日、仙台傾聴の会が定期的に仮設住宅で行っている
お茶会に参加してきました。

傾聴の会は、一人ひとりの心に寄り添い、悩みや不安に耳を傾け、心を安らぎをという想いから、2008年に仙台市で設立されました。

仙台傾聴の会が行うお茶会は、専門的な技術を生かして、一生懸命話を聞かせていただき、気持ちを吐き出し、心の整理をして前へ進むきっかけづくりを行っています。

自立へ向けての心の支援を目指し、避難所から仮設住宅へと移行した現在も継続して活動しています。



19日は、取材した仮設住宅では、今年最後のお茶会になり、参加者の方からは
「ここに来れば話ができるし、知り合いにも会えるから、楽しみにしているの。また来年楽しみにしています。」
と笑顔で、話していました。

来月、2012年1月発行の月刊杜の伝言板ゆるるにも、詳しく掲載しますので、ぜひご覧になってください!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 16:25 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
震災支援と新築工事 [2011年12月16日(Fri)]
本日は、以下4団体を訪問させて頂きました。

・NPO法人みやぎ身体障害者サポートクラブ
震災の影響により、施設が「倒壊の可能性が高い」と判断され、現在新築工事中施設を拝見。

基礎工事中の様子来年3月完成予定


・NPO法人さくらんぼくらぶとNPO法人みやぎ宅老連絡会
登米市南方仮設住宅にて活動中の笑南喫茶を訪問。
さくらんぼくらぶ熊谷さんから現状と、今後の問題点等を聞くことが出来ました。
喫茶では、30名程の利用者さんがおり、絵を描いたりぬりえをして楽しんでいる様子が伺えました。


集会場で話すさくらんぼくらぶ熊谷さんと宅老連絡会の星さん


・どんぐりの家
震災で使用不可になった施設の代わりに、建替えて新たに増築工事中の新施設の上棟式にお邪魔してきました。
餅まきを行った際、利用者さんやご近所の方も楽しげに沢山参加しており、
和やかな雰囲気が伝わってきました。


上棟式、餅まきの様子
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 21:07 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
すみちゃんの家 [2011年12月09日(Fri)]
東松島市で高齢者のデイサービスなどを行っているNPO法人のんび〜りすみちゃんの家を訪問してきました。

すみちゃんの家は震災で3施設が津波の被害にあいました。現在はデイサービスのみを再開し、宅老所やグループホームは再開できていません。

詳しくはこちらから
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 13:50 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
NPO法人どんぐりの家着工しました! [2011年12月08日(Thu)]
登米市にある高齢者のデイサービスなどを行っているNPO法人どんぐりの家に行ってきました。

どんぐりの家は3.11の震災で登米市迫町新田の施設が使用できなくなりました。そこで、登米市南方の施設を拡大して建替えることにしました。

現在基礎工事中で来週には上棟して餅まきも行う予定です。

詳しくは「復興みやぎ」をご覧ください。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 11:13 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
東日本大震災現地NPO応援基金の助成継続が決まりました! [2011年12月07日(Wed)]
日本NPOセンターと市民社会創造ファンドが運営している「東日本大震災現地NPO応援基金」の助成金の継続が決まりました笑顔

本当にありがとうございます。
今後も支援を行っている地元のNPOや、被災したNPOの情報発信を行っていきます。

助成金の内容はこちらから
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 14:03 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
地元住民による活動の継続【復興への道】 月刊ゆるる12月号発行 [2011年12月07日(Wed)]
12月1日に「月刊杜の伝言板ゆるる 12月号」を発行しました。
皆様のお手元には届いていますでしょうか?

様々な支援に支えられ、地元の方による活動が続いています。
「復興」に向かって行動しているの人の活動を知り、
あなたも是非応援して下さい。



多くの方に情報をお届けしたいことから、PDFでアップしております。
月刊ゆるるページ
 ←こちらをクリックしてください(杜の伝言板ゆるるホームページ)

 是非、宮城県のNPOの活動をぜひ皆さん読んで頂きたいです。
 宮城県の復興に続く活動への支援をよろしくお願いします。

↓ 募金サイト「復興みやぎ」 是非ご支援下さい
bana-fukoumiyagi
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 11:04 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
英訳版「復興みやぎ」 [2011年12月06日(Tue)]
被災したNPOの募金サイト「復興みやぎ」の英訳版を公表しています。

復興みやぎでは、助成金や寄付が必要な被災したNPO9団体をピックアップし、ゆるるで近況をアップしています。
直接団体に寄付ができる仕組みを取っているので、寄付をしてから被災者や団体へ時間がかからずにお金が渡ります。

海外からの問い合わせもあったため、今回英訳したバージョンも掲載しています。
ぜひご覧ください!

復興みやぎ 日本語版
復興みやぎ 英訳版
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 15:10 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
JCN現地会議in宮城 [2011年12月02日(Fri)]
東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)現地会議in宮城に参加しました。

「これからのために学ぶ。知る。つながる。」をテーマに様々な団体が参加していました。

学ぶについては
地域やコミュニティ支援について、国際交流協会ともだちin名取いしのまきNPOセンターの木村理事や石巻復興支援ネットワーク宮城大学の鈴木孝男先生の報告がありました。

知るについては
中央共同募金会日本NPOセンターから助成金についてと、内閣府復興対策本部から3次補正予算案におけるボランティア団体が活用可能な政府の財政支援についてがありました。

つながるについては
助成金やコミュニティー、地域など各テーマに沿って、ブース形式に集まりより詳しく聞いたり、交流したりする場となりました。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 22:14 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)