CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年10月 | Main | 2011年12月»
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
https://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
水戸市から被災地へ [2011年11月24日(Thu)]
10月21日水戸市男女平等参画課主催の被災地現地視察のコーディネートをゆるるでしました。
視察の参加者はNPO法人foryouにこにこの家に訪れ、おいしいお弁当を感激し、被災地の皆さんを支援している話を聴いたところ、その場で、20人を越える参加者が寄付金を集め、贈呈となりました。



その参加者から今回、お手玉やブローチなどを送っていただきました。
そのお手玉やブローチをNPO法人foryouにこにこの家に届けてきました。


利用者さんもとっても喜んでいました笑顔

NPO法人 M・I・T・O21黒澤さんや作っていただいた方々、ありがとうございました。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 16:41 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
被災地の子どもに心のケアを [2011年11月22日(Tue)]
名取市にあるNPO法人地球のステージを訪問してきました。


地球のステージは名取市の閖上地区など津波被害があった子どもたちの心のケアに取り組んでいます。

震災から3か月後の6月から代表理事で精神科医の桑山先生が名取市教育委員会と話し合い、子どもたちのケアや適切なサービスを行うため、心理社会的ワークショップ「スカイルーム」を行っています。

スカイルームでの活動風景

現在は震災前の閖上の街のジオラマ制作に子どもたちと取り組んでいます。突然多くを失ったあの日の出来事を整理していくためです。

この「以前の閖上を再現するジオラマ」は名取市役所に12月6日から展示予定です。

制作中のジオラマ
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 09:57 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
被災地NPOの出前相談 [2011年11月21日(Mon)]
全6会場で行った、被災地NPOのための出前専門相談会が終了しました。

気仙沼市・登米市・大崎市・石巻市・岩沼市・山元町の6か所で行い、60団体以上が参加され今後の活動や、事業について等の相談があり、被災地の活動として新たな取り組みをしている団体も多くありました。

震災後新たに立ち上がった団体や立ち上がろうとしている団体・個人の方の相談も多くありました。

今後は、地元の団体が地元を長期的に支援していくことになります。
ゆるるとしても継続して、地元の活動に取り組んでいる方々の応援をしていきます。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 10:56 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
山元町災害臨時FM放送局「りんごラジオ」 [2011年11月17日(Thu)]
11月17日、被災地NPOのための出前専門相談会を山元町で開催。
相談会と合わせて、月刊ゆるる12月号のため「山元町災害臨時FMりんごラジオ」(以下りんごラジオ)を訪問してきました。

りんごラジオは、震災から10日後の3月21日に山元町の町役場1階で放送を開始。
(7月には、山元町の仮庁舎完成に伴って、中央公民館前のプレハブに移転しました。)





りんごラジオの由来は、山元町の特産である「りんご」と、戦後の日本人を元気づけた「りんごの唄」に思いを込めて名付けられました。

山元町の情報を、いち早く町のみなさんに届けるをモットーに日々放送しています。
町外からも、インターネットサイト「サイマルラジオ」から試聴することが可能。
サイマルラジオへは、こちら


「ボランティアとして、山元町を訪れた外国の方も帰国後聞いてくださっていると、聞いています。」
と、ボランティアスタッフさん。


日々の情報だけでなく、放送時間内にコーナーを設け、震災の体験を忘れないため、そして現在の様子について、町民のみなさんにお話を聞き、ラジオで取り上げ発信しています。

りんごラジオさんは、NPO法人アニマルクラブ石巻さん同様月刊ゆるる12月号(12/1発行)で詳しく掲載します。


りんごラジオさんのブログは、こちら
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:58 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
生活支援プロジェクトK [2011年11月16日(Wed)]
現在NPO法人を認証申請中の生活支援プロジェクトKを訪問しました。

気仙沼市の社会福祉士、介護支援専門員、保健師、看護師、医師、精神保健福祉士などが集まり、気仙沼市の被災者の生活支援をする目的で設立された団体です。

現在は気仙沼市階上地区でトレーラーハウスで「はしかみ交流広場」を運営しており、日常生活での相談や健康相談、他のNPOと協同で地区のイベントなどに参加しています。

「はしかみ交流広場」


「被災者の視点から支援を行っていくことが大切。」
と現在仮設住宅に住む副代表理事の小松さんは言っています。

震災後、長期的な生活支援を行うために地元の住民が立ち上がり活動をしています。

今日は登米市からRQ市民災害救援センターの方が手仕事プロジェクトを行うため、はしかみ交流広場にきていました。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 21:47 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
被災地NPOのための出前専門相談in石巻 [2011年11月15日(Tue)]
石巻で被災地NPOのための出前専門相談会を実施しました。

14日15日と2日間行い14団体の方々が相談に来られました。
認定NPOに関することや助成金情報について興味を示される方々が多かったです。



「復興支援に向けてNPO法人を立ち上げたい!」

「被災したがNPO法人としてもう一度再スタートしたい!」

という相談も寄せられました。


Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 21:16 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
月刊ゆるる12月号取材 [2011年11月15日(Tue)]
NPO法人アニマルクラブ石巻(以下、アニマルクラブ)に取材に伺ってきました。
アニマルクラブは、動物たちの今置かれている現状を発信し、考えてもらい、行動に移してもらう機会づくりを行っている団体です。
里親探しや、野良猫の不妊手術への協力も行っています。

獣医さんの協力を得て、週に数日開設し、捨て犬や野良猫、保健所で処分される命を減らすため、不妊・予防センターを開設。
3.11の東日本大震災のために、不妊予防センターのプレハブも傾いてしまったため
イオン石巻ショッピングセンター内のワイワイペットクリニックで事業を再開しました。

「震災後に、以前に不妊・予防センターで治療した人や、里親になってくれた方がいらして、つながりを再認識しました。」と代表の阿部さん。

詳しくは、来月1日発行の月刊ゆるる12月号でも掲載します。
ぜひ、ご覧になってください!

NPO法人アニマルクラブ石巻さんのHPは、こちら
http://a-c.sub.jp/


Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 16:17 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
一つ一つの活動を一歩ずつ【復興への道】 月刊ゆるる11月号発行 [2011年11月05日(Sat)]
11月1日に「月刊杜の伝言板ゆるる 11月号」を発行しました。
皆様のお手元には届いていますでしょうか?

気づきをもって活動している方がいます。
「復興」に向かって行動しているの人の活動を知り、
あなたも是非応援して下さい。



多くの方に情報をお届けしたいことから、PDFでアップしております。
月刊ゆるるページ
 ←こちらをクリックしてください(杜の伝言板ゆるるホームページ)

 是非、宮城県のNPOの活動をぜひ皆さん読んで頂きたいです。
 宮城県の復興に続く活動への支援をよろしくお願いします。

↓ 募金サイト「復興みやぎ」 是非ご支援下さい
bana-fukoumiyagi
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 11:00 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)