CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 宮城県震災復興担い手NPO等支援事業 | Main | 熊本地震»
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
https://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
【第2期】NPO経営ゼミ第2回が開催されました [2017年06月21日(Wed)]
タケダいのちとくらし再生プログラムの第2期が、6月1日のキックオフミーテイングからスタート。第2期は岩手・宮城・福島の3県から組織のリーダーが参加、組織経営と運営のありかたを学びます。6月15日・16日には3県での合同合宿を行いました。
P6150002.JPG
1日目は3県で2016年度参加者のディスカッション。

2日目は各県ごとのゼミを行いました。
P6160063.JPG

P6160067.JPG
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 09:11 | みやぎNPO経営ゼミ | この記事のURL | コメント(0)
組織の未来のために、奮闘中 [2016年10月05日(Wed)]
かなり、月日がたってしまいましたが、みやぎNPO経営ゼミのレポートです。

去る8月28日より2日間、茂庭荘を会場に、ゼミ合宿を行いました。
武田薬品工業株式会社からの寄付をもとに、被災地のNPOリーダーを育成する「みやぎNPO経営ゼミ」は、今年2月からスタートし、今回で第5回目となります。
これまで、「リーダーのあり方」「NPOとは(社会のなかでの立ち位置)」「行政との付き合い方を知る」をテーマに、単なる座学ではなく、ディスカッションなどを踏まえて、ゼミ生が自分の組織の課題を出しあい、学びたいテーマを話し合いながら、進めてきました。

図1.jpg
今回のテーマは「事業戦略・中長期計画」。
ゼミ生のほとんどが、東日本大震災を機に立ち上がり、5年間懸命に走り続けてきた団体のリーダーです。
このゼミを通して、いったん立ち止まり、各自が自分の組織を俯瞰し、少し先の未来に向けて、継続して地域の課題に向き合っていくために、戦略を練る時間となりました。

今期のゼミも中盤に差し掛かり、ゼミ生同士で、残りの学びをどう自分に引きつけていけるか、テーマの見直しも話し合いながら、進めています。次回は、「強い組織を作るためのチーム力」をテーマに学んでいきます。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 15:56 | みやぎNPO経営ゼミ | この記事のURL | コメント(0)
みやぎNPO経営ゼミ 始まりました [2016年03月31日(Thu)]
2016年「みやぎNPO経営ゼミ」が始まりました。
 
この取組みは、東日本大震災により被災した地域の復興のため、武田薬品工業株式会社からの寄付をもとに2011年4月より行われている「タケダ・いのちとくらし再生プログラム」の第2期の組織基盤強化事業の一環として新規に実施されるものです。

NPO経営ゼミでは、震災から5年を目前に、復興に向け被災地で活動している市民活動団体、特に今後を担っていく組織のリーダーを育成し、地域での継続した活動、他団体との連携強化につなげていくことを目的としています。

被災3県(岩手・宮城・福島)で実施することが決定し、宮城県では当法人と認定NPO法人日本NPOセンターがともに事業運営を行います。


震災から5年が経過し、被災地では、地域の元々あった課題と向き合う時期が来ています。その課題を解決するため、気仙沼、南三陸、石巻地域で日々奔走している5団体のリーダーが、今期の参加メンバーです。

2月のキックオフミーティングを終えて参加メンバーからは、「経営・運営について、学ぶ時間も、余裕もなかったので、今回いい機会をいただいた」、「人をどのように育て、どのように巻き込み、どのように活かしていくか考え、この学びを実践にいかしたい」といった声があがりました。

★IMG_1671.JPG

 
2回目は、3月29日に開催。
予防・治療が可能な感染症であるマラリア。マラリアは防虫加工を施した蚊帳などを使用することで感染を防ぐことができ、日本発の蚊帳「オリセット(R)ネット」がアフリカで多くの人の命をマラリアから救っています。

そのオリセットネットの開発、販売に取り組んできた、水野達男さん(認定NPO法人Malaria No More Japan 専務理事)を講師にお迎えし、「リーダーとは、覚悟とは」をテーマにお話いただきました。

※参考図書※
水野達男さん著書
「人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。ー第2の人生 マラリアに挑む」

当日は水野さんのいままで取り組んでこられた経験、悩んだこと、日々の姿勢など、ざっくばらんにお話いただきました。
P3290001.JPG


「1日を終え感動したこと、反省したこと、明日の目標を書き出し、1日を完了することで、自分自身のやりたいことをみつめる」
という言葉に、参加メンバーも2回目を迎える前から書き出すように取り組んでおり、
「立ち止まって考える時間ができた」、「翌日の見通しが立った」という感想や、

「一番勇気をもらったのは『悩んでいる答えは外にない。自分自身のなかにあって、自分が決めること』という言葉。これからも考え続けて自分の答えを実行していきます」と、話していました。

私達ゆるるも、これからの地域を担うNPOの皆さんが、必要としていることを考え、よりよい提案やサポートができるよう、精一杯取り組んでいきます。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 10:55 | みやぎNPO経営ゼミ | この記事のURL | コメント(0)