CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«完成しました!2011版夏ボラ募集要項 | Main | 住み慣れた地域であたりまえの生活を〜どんぐりの家(体験先NPO紹介3)»
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
https://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
大津波が持っていったケアハウスと苺ハウス [2011年06月17日(Fri)]
 昨日、気仙沼市本吉で障害者の方々の自立生活支援をしているNPO法人泉里会のケアホームめぐみを訪問しました。

 地域のニーズからもう1棟施設を増やそうと建物を借り、改修工事を行いケアホームめぐみ中島を作りました。
 地震があった前日の10日に引渡があり、午後には事業所指定の申請をしました。
その翌日、地震と大津波が襲い、建物は流失し、国道45号向かいに在ったイチゴハウス5棟も跡形もなく消えてしまいました。
これまで地域の方や障害のある方が一緒になって作業をして作ってきたイチゴハウスでした。 

建物やイチゴハウスがあった場所は今は立ち入り禁止になっています。
通行止めになっている道路や橋は今工事中です。

イチゴハウスがあった辺りから海を臨む
 

 森谷隆三理事長は、「建物が流されたから、じゃあ辞める、ということには絶対にならない。障害を持つ人たちが待っている以上は、また新しく再開させる。」と、地域の障害者の実態を考えると、1日も早くケアホームの再建設を、と思っています。

 ただ、どこに施設を建てるか検討中ですが、流されたケアホームの損失に加え、新たな資金の確保など、問題が山積です。
これからゆるるも寄り添って応援していきたいと思います。 
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:13 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント