CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«月刊ゆるる記事「仙台放送ニュースアプリ」今月も配信中です ! | Main | みやぎNPO経営ゼミ 始まりました»
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
https://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
『情報発信1DAYセミナーin仙南』開催しました! [2016年02月18日(Thu)]
昨年末、大崎市と石巻市で好評を得た
伝える!市民活動のための情報発信1DAYセミナー」の最終回を
仙南地区(角田市)で開催しました!

NPOはじめ、任意団体、社会福祉協議会の皆さんなど
情報発信に関心があり、地域のために活動されている方々にお集まりいただきました。

IMG_2072 (300x225).jpg

前回同様、午前の部は、
ブログ、facebook、HPなど、インターネットを活用した情報発信について、
日本財団CANPANプロジェクト
NPO法人CANPANセンター代表理事の
山田泰久さんを講師に迎えての講義です。

IMG_2085 (212x300).jpg

●情報発信の大切さ
●インターネットを使った情報発信の現状
●共感を呼ぶ情報発信について
●ネット上で溢れる情報のなかで、見つけてもらう方法
●情報発信力を高める秘訣
など、インターネットにおける
情報発信のさまざまなコツを伝授いただきました。

『情報発信』とは漢方薬のようなもの」と山田さん。

「発信しても、はじめは、なかなか反応がないもの。
でも、継続的に、定期的に更新することで、
検索されやすくなったり、定期的に見てくれるファンができる」と言います。

普段の活動も同じように、
「あきらめず続けること。地道な継続が大切」というお話に、
皆さんうなずき、聞き入っていました。

IMG_2083 (300x225).jpg

午後の部は、
ニューズレターや会報などの『紙媒体』の情報発信について、
当法人の代表であり、「月刊杜の伝言板ゆるる」編集長の
大久保朝江による講話です。


IMG_2121 (225x300).jpg

「ニューズレターをなぜ発行するのか」からはじまり、
誰に何を伝えるためのものなのか
また、インターネットと紙媒体のニーズの違いについてなど、
例をあげながら、説いていきます。

自分達で発行している、ニューズレターを改めて見直し、
第三者に批評してもらうワークショップは、
今回も大変盛り上がりました。

IMG_2140 (300x225).jpg

「情報は、発信しなければ、誰にも伝わらないし、誰も気づいてくれない」
この言葉を、午前、午後の講師どちらも、熱心に伝えていました。

表に出していかなければ、
その情報を必要としている人にも、伝えたいと思う人にも伝わらない。
これは、インターネットも紙媒体であっても変わりません。

情報を発信するターゲットが誰なのか、どんな目的があってのものなのか、
地域性や分野、年齢層などを意識しながら情報を発信していくことの大切さを
皆で共有しました。

参加者からは、
「アドバイスをもらってやる気が出た」
「情報の受け手側の視点に立つという基本にかえれた」
「知りたかったことをたくさん学べた」

などお喜びの声をたくさん頂戴しました。

情報発信者である、杜の伝言板ゆるるにとっても、
改めて心得ておきたい内容がびっしり詰まったセミナーになりました。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 10:46 | 宮城県震災復興担い手NPO等支援事業 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント