CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「WAM助成セミナーin仙台」開催 | Main | 「会計サポーター養成講講座」終了 –活動計算書作成のサポートに伺います!-»
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
https://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
潟潟Nルートホールディングスからのリユース・プロジェクターをお譲りします! [2013年11月05日(Tue)]
 潟潟Nルートホールディングスでは、リクルートグループで取り組んでいる節電のため、社内のプロジェクターを消費電力の少ないLEDプロジェクターに入れ替えたところ、まだまだ使用可能なプロジェクターが大量に発生。同社では被災地の市民活動団体に活用していただきたいと、プロジェクターをリユース品として被災3県に寄贈することになりました。
 宮城県では、県内でNPO支援活動を行う杜の伝言板ゆるるが譲渡をうけ、県内の市民活動団体に提供することになり、11月1日に潟潟Nルートホールディングスの守冨 裕さんが打合せに来仙されました。
CIMG2854.JPG
 プロジェクターについての打ち合わせ後、守冨さんは「リクルートでは個人レベルでも何らか被災地の役に立ちたいと思っている人が多い。けれども具体的に何ができるのかわからず一歩が踏み出せないでいる社員も多いので、現地で、首都圏からどんな支援が出来るのか、どんどん情報を発信して巻き込んで欲しい。」とお話しくださいました。
 リユース・プロジェクターについては、下記の要領で寄贈させて頂きます。ご希望の団体の皆様は、是非、お早目に杜の伝言板ゆるるまでお申込みください。

提供物:パナソニック製2007年製造 PT-LB51NT ※据付利用のためケースなし
寄贈プロジェクター.jpg
提供先:宮城県内に事務所を持ち、宮城県内で復興支援や地域づくりなどの市民活動を行っている
    市民活動団体
    公益的な活動を行っており、組織や活動についての情報公開を行っている団体であれば
    法人格は問いません
    (ただし、NPO法人以外の場合は、定款もしくは規約、決算書の提出をお願いします)
提供台数:100台程度を想定(原則として1団体1台まで)
提供条件:送料は譲受先団体で負担ください(1台2000円程度)
     杜の伝言板ゆるると譲渡契約書を交わして頂きます
     プロジェクター到着後、実際に使用している写真とコメントを
     杜の伝言板ゆるるまで提出してください
申込締切:平成25年12月20日(金)ただし、提供台数になった時点で締め切り
その他:本件に関して(株)リクルートホールディングスへの問合せはご遠慮ください

申込方法
 添付の申込み用紙にご記入の上、組織としての活動がわかる資料(※)を添付して、
 下記まで、メール、FAX、郵送、持参、いずれかの方法でご提出ください。
 ※事業報告書、会報、活動報告のあるホームページやブログ・facebookのトップページ等

申込用紙→申込用紙.docx

提出先
特定非営利活動法人杜の伝言板ゆるる
〒983-0852仙台市宮城野区榴岡3-11-6コーポラス島田B6
TEL 022-791-9323 FAX 022-791-9327 MAIL npo@yururu.com
URL http://www.yururu.com
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 13:32 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント