CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«SaveJapanプロジェクト11/3シンポジウムの打ち合わせ | Main | 認定NPO法人申請相談会を開催!»
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
https://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
「女性たちには社会を変える力も責任もある」日本女性会議2012 [2012年10月30日(Tue)]
 10月26~27日、仙台国際センターで、日本全国女性会議2012が開催されました。日本全国女性会議は、昭和59年から女性の社会的地位の向上を目的に、毎年3000人規模の参加者が集い、男女共同参画をテーマにした会議です。
 第29回目となる今年は仙台市で、「きめる、うごく、東北(ここ)から」をキャッチフレーズに、これからの復興向け、女性が地域づくりの当事者として、自分たちの地域課題について考え、決め、行動することが重要であり、そのために女性のエンパワーメントが大切であるというメッセージを伝えることをテーマに開催されました。

 ゆるる事務局からも、代表と月刊杜の伝言板ゆるる取材担当1名が参加しました。会場に着いてまず驚いたのは、広い1000名や500名規模の会場が、人でいっぱいだったこと。全国から集まった女性達のパワーがみなぎっていました。

 開会式の後開催された特別プログラム「女性たちが語る3.11~これまでと今と」では、NPO法人イコールネット仙台代表の宗片さんをコーディネーターに、被災3県で働き暮らしてきた5人の女性が、あの日から復興への取り組みについて語り合いました。
 震災後、被災者が必死で生きてきた場面場面で、自らも被災した女性たちが大きな力を発揮しながらも、意思決定に加われなかったことで、不要な困難を強いられたことが伝えられました。

jyosei1026.jpg
 2日目は、6つの分科会と全体会が開催され、ノルウェー王国国会議員アネッテさんの講演と東北大学辻村教授がコーディネーターのシンポジウムが、これから、それぞれの個別の立場でひとりひとりが何ができるのか語られました。
jyosei1127.jpg

 被災時、当たり前に女性が意思決定に関わるためには、普段からの仕組みが大切だということを実感しました。そして、女性の側にも、意思決定に関わっていく、つまりは、結果に責任を負う覚悟が必要なのだということを改めて問われた気がしました。
 女性の多い職場で普段は意識することも少なくなった男女共同参画社会に向けての取り組みですが、改めて、課題は形を変えているだけで、本質は変わっていないということを感じた2日間でした。 
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 10:12 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント