CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

 おもちゃクリニック ゆりかご 日記

こわれたおもちゃを治すボランティア おもちゃクリニック ゆりかご


カテゴリアーカイブ
ゆりかご日記の検索
検索語句
タグクラウド
最新トラックバック
月別アーカイブ
 おもちゃクリニック ゆりかご 日記の歩み [2021年04月26日(Mon)]
おもちゃクリニック ゆりかご 日記の歩み

2021年4月26日、 予定どおり定時総会を開催しました
1年間のアクセス解析を更新して公開

(画像クリックで拡大)
2020訪問者数グラフ.jpg

ブログ閲覧やコメント入力は、誰でも出来ます。
(ユーザー登録不要)


昨年度は、ほぼ半年間、新型コロナウィルス感染症対策で活動が制限され、特に「まちや病院」は(会場側のイベント全て)中止になりました。
そんな状況でも、新規病院の開設、リサイクルおもちゃ制作・寄贈、広報チラシ配布、FAX予約+リモート問診の試行など、できる限りの活動を実施したことが報告されました。
そして、2021年度においても、これらの活動をさらに強化する方針が示され、満場一致で承認されました。

このブログに議案書を公開します。



2020年10月から、糸魚川東保育園も巡回ルートに加え、
ゆりかご「ひがし病院」がスタート!

市内保育園の中でも規模(定員140名)が大きい市立保育園。
診療体制 3名になり、思い切って今年度から、お声掛けしてみました。

200912_ひがし_002.jpg


今後、常設として5か所目の「ゆりかご」を置かせていただけることになり、
晴れて「ひがし病院」の開院が決定しました!




2020年4月の定時総会はネット上での決議とします。
このブログに議案書を公開します。




2019年4月27日(土)=第3回定時総会に向けて、
久し振りに議案書を公開します。


2017年4月22日、第1回定時総会を開催しました。
 クリニックJPG
2016年4月、こわれたおもちゃを治すボランティア団体を設立。
不用おもちゃを回収してリサイクルする活動を、
このブログで日記風に紹介します。



「ゆりかご」の置き場所を提供ください。

続きを読む...
「ゆりかご」の設置場所は、コチラです。 [2021年04月19日(Mon)]

「ゆりかご」に、こわれたおもちゃをお持ちください。

おもちゃドクターが定期巡回し、入院治療してお返しします。
治療費は無料(特殊な部品代は実費)

ポスター背景.jpg

退院直前には表面清掃してお化粧直しは、いつもどおり
この時節柄、ていねいにアルコール消毒してからの退院
200912_ひがし_205.jpg

「おもちゃリサイクル普及啓発事業」は、
糸魚川市・市教育委員会の後援事業です。



おもちゃリサイクル箱「ゆりかご」設置場所、追加募集中!

 糸魚川市内で置かせていただける場所がありましたら、ぜひとも、お声掛けください!
 設置期間、巡回日時や訪問診療サービスも、ご相談に応じますので、ご検討願います。
 まずは、メールや電話にて、お気軽にご相談ください。

dr.watanabe.m@live.jp
TEL 上越 025-512-7231
(留守電+FAX)


170923 ひまわり病院
こわれたおもちゃ「ゆりかご」へ!
大切に、お預かりします!

おもちゃリサイクルの待合室「ゆりかご」は、この写真を参照。

おもちゃドクターが定期巡回して、訪問診療します。
当クリニックでは預り入院治療が原則で、
退院は次の巡回までお待ちください。



4月の定期巡回は年度初めを避けて 4月19日に実施 しました。

次回、ひがし病院・ひまわり病院=5月17日(月)頃に、

いくみ病院・のう病院は別日程で、

毎月定期巡回しています。





常時、「ゆりかご」が置いてある場所は、次の5か所…、
続きを読む...
【糸魚川】171125_26 巡回おもちゃ病院 [2021年04月05日(Mon)]
(追記:碑文にまつわる寄稿を紹介)

2017年11月25日(土)〜26日(日)、糸魚川市内3か所の
「ゆりかご」を、定期巡回しました。


171125_26 巡回報告「いくみ病院」=いくみ保育園は、いつも大雲寺(曹洞宗)の山門をくぐっての定期巡回です。11月25日は患者様の受付はなかったのですが、代わりに、お寺の庭に立つ大きな石碑について報告します。

171125_26 巡回報告


    加   
    奈   
    志   
  比 美   
  止 止   
  夜 言   
  野 閉   
  雨 度   
  野 波   
  布 留   
  利 計   
金 寸 志   
原 岐 今   
  志 仁   
省 古 志   
吾 止 手   


碑文は 金原省吾(きんばらせいご)先生の筆。
昭和期のアララギ派歌人にして帝国美術学校(現:武蔵野美術大学)教授の碑が、
なぜ此処(大雲寺)にあるのでしょうか? それは・・・、

大雲寺塾卒業証書.JPG昭和22年当時、大雲寺の先代住職は若者の向学心を受けて、新潟大学の高田分校主任教授だった 金原先生 を招聘して、ここ大雲寺で自主夜学「大雲寺塾」を作りました。
1か月に連続6日間の夜間学習に通い、半年〜1年間で卒業し、以後も研究生として勉強できたそうです。

その塾長として 糸魚川における戦後教育の礎 を築かれた 金原先生 を顕彰する石碑なのです。


何と、ToyDr.わたなべの亡実父は「大雲寺塾」第二期卒業でしたので、この 金原先生の石碑 を見るたびに、身が引き締まります!

(※'21/4/4 追記)つい先日、父が生前に寄稿した文集の中に碑文にまつわる記述を発見、
「大雲寺塾」塾生目線での思い出が熱く語られていました。


今の住職(=園長先生)も、先代の「お寺は地域と共にあれ」という思いを、現代に引き継いでおられます。

171125_26 巡回報告

おもちゃクリニック ゆりかご に、一番最初に お声掛けいただきました。
感謝を込めて、技術研修の成果「ゆりかご編オルゴール」をプレゼント。

続きを読む...
今年度も情報開示レベル5(★★★★★)、最高レベルの五つ星を獲得! [2021年04月03日(Sat)]
うれしいニュースがあります。
日本財団 CANPAN FIELD では、登録団体の情報開示レベルや第三者認証を公開しています。
今年度も「 おもちゃクリニック ゆりかごは、最高の評価を獲得しました。5年連続で、

★★★★★(五つ星)です!


続きを読む...