CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年12月 | Main | 2018年02月 »
カテゴリアーカイブ
ゆりかご日記の検索
検索語句
タグクラウド
最新トラックバック
月別アーカイブ
【糸魚川】171125_26 巡回おもちゃ病院[2018年01月11日(Thu)]
2017年11月25日(土)〜26日(日)、糸魚川市内3か所の
「ゆりかご」を、定期巡回しました。

(追記:ソフビ人形の治療が完了しました。)

171125_26 巡回報告「いくみ病院」=いくみ保育園は、いつも大雲寺(曹洞宗)の山門をくぐっての定期巡回です。11月25日は患者様の受付はなかったのですが、代わりに、お寺の庭に立つ大きな石碑について報告します。

171125_26 巡回報告

碑文は 金原省吾(きんばらせいご)先生の筆。
昭和期のアララギ派歌人にして帝国美術学校(現:武蔵野美術大学)教授の碑が、
なぜ此処にあるのでしょうか? それは・・・、

大雲寺塾卒業証書.JPG昭和22年当時、大雲寺の先代住職は若者の向学心を受けて、新潟大学の高田分校主任教授だった 金原先生 を招聘して、ここ大雲寺で自主夜学「大雲寺塾」を作りました。
1か月に連続6日間の夜間学習に通い、半年〜1年間で卒業し、以後も研究生として勉強できたそうです。

その塾長として 糸魚川における戦後教育の礎 を築かれた 金原先生 を顕彰する石碑なのです。

何と、Dr.わたなべ.M の亡実父は「大雲寺塾」第二期卒業でしたので、この 金原先生の石碑 を見るたびに、身が引き締まります!

今の住職(=園長先生)も、先代の「お寺は地域と共にあれ」という思いを、現代に引き継いでおられます。

171125_26 巡回報告

おもちゃクリニック ゆりかご に、一番最初に お声掛けいただきました。
感謝を込めて、技術研修の成果「ゆりかご編オルゴール」をプレゼント。

続きを読む...
「ゆりかご」デザイン便覧は、コチラです。[2018年01月02日(Tue)]

おもちゃリサイクル用の回収箱「ゆりかご」
装飾デザイン置き場所など、活用方法は各病院にお任せしています。
→ 置き場所への案内図は、コチラ。


ここで「ゆりかご」デザインの一覧をご紹介。

モデル@、いくみ病院「ゆりかご」デザインは昨年度の年長さん。
デザイン_いくみ

     ものを大切にする気持ち、ちゃんと引き継がれています。
いくみ病院のご案内は、コチラ。



モデルA、のう病院「ゆりかご」デザインは館長先生です。
デザイン_のう

     がんばろう糸魚川!!

     児童館2階の、のう子育て支援センターにも「のう分院」として設置済。
デザイン_のう分院

     センターがお休みの日でも「ゆりかご」おもちゃを待っています!
のう病院のご案内は、コチラ。



モデルB、ひまわり病院「ゆりかご」デザインは園の先生方
デザイン_ひまわり

     その名のとおり、黄色のヒマワリが咲き誇っています!
ひまわり病院のご案内は、コチラ。

そしてアンコールに答え、特別参加でエントリーするのは…、
続きを読む...