CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ※必ず治して、返して欲しい! →訪問診療は予約ができます。 | Main | おもちゃクリニック ゆりかご ボランティアスタッフ募集! »
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
ゆりかご日記の検索
検索語句
最新記事
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※おもちゃの修理に関する技術的な情報は、下の電子カルテ(診療状況写真)に保管しています。
おもちゃドクターイラスト.jpg
160806 いくみ病院で、初めての訪問診療[2016年08月06日(Sat)]
◆2016年8月6日 8:30〜10:30
◆田伏「いくみ保育園」=いくみ病院

初めて、訪問診療の「予約申込」あり、
早速、週末の土曜日にお伺いしました。

お遊戯室が診察室当日は、大きな「お遊戯室」を、訪問診療の診察室にお借りしました。
土曜日で人数が少なく、最近は特に暑いので、子供さん達はクーラーのあるお部屋に移動して遊んでるそうです。
訪問診療


まず最初に「ゆりかご」の設置状況を拝見しますと、何ということでしょう!
ゆりかごデコレーション
透明のプラスチックBOXに、子ども達がクレヨンで描いた可愛らしい絵が飾られて、「こわれたおもちゃ、コチラへどうぞ」と呼び掛けているようではありませんか!
いくみ保育園の先生方のご指導は、「さすが(大雲寺)です!」と、嬉しくなりました。

訪問診療、さあ開始本日の訪問診療、予約が1件ありました。
そのほか、保育園の備品「やみつきボックス、音が出ない」、ドクター手持ち「中古プラレール、速く走らない」、の3点を順番に診療予定として、さあ始まりです。
予約第1号の患者様は、ピンクのレジスター
接触が悪く、音が鳴らない、レシートが動かない。
160806 レジスター


電池チェックのあと分解点検、本体内部やスイッチ接点を清掃。
レシート回転部のゴムローラーのズレを位置調整して治療完了しました。
ゴムローラー位置ズレ スイッチ基板接点




この記事のURL
https://blog.canpan.info/yurikago/archive/9
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
当クリニックの、おもちゃドクターは現在2名体制。
訪問診療は予約制で、事前にFAX等で受付けます。
訪問当日は予約順に診察します。当日診察券も準備。
当日受付分は、そのあとの順で、ほぼ入院となります。

予約第1号のレジスターは、時間一杯で即日治癒でした。
https://blog.canpan.info/charts/archive/110

今回の入院治療は、2名のドクターが連携して進めます。
問診はDrわたなべ、故障原因を特定し治療方針を決定。
これを引き継いだDrトイザワ、実際の治療を実施します。
https://blog.canpan.info/charts/archive/111
Posted by:おもちゃDr.わたなべ  at 2016年08月20日(Sat) 19:48