CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 171016 復活! それいけ!アンパンマン三輪車 アドバンスGOO! | Main | 171118 ひまわり病院で訪問診療 »
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
ゆりかご日記の検索
検索語句
最新記事
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
※おもちゃの修理に関する技術的な情報は、下の電子カルテ(診療状況写真)に保管しています。
おもちゃドクターイラスト.jpg
171028 電池の正しい使い方や注意は?[2017年10月28日(Sat)]

原則、毎月第4土曜日は「ゆりかご」定期巡回の日。

カット.jpg2017年10月28日(土)、午前中に「いくみ病院」「ひまわり病院」、午後から「のう病院」へと巡回して、おもちゃリサイクル用の回収箱として置かれている「ゆりかご」を総点検。

久しぶりで3か所とも同日巡回。
各病院で「ゆりかご」の写真を撮影し、次の記事で紹介します。
「ゆりかご」デザイン便覧は、コチラです。


デザイン_いくみ
さて、まず「いくみ病院」の巡回報告から。
先月は休園日で2か月ぶりの巡回でした。
本日も、患者様はゼロ。(広報不足)
きれいに「ゆりかご」を清掃して記念撮影。

続いて、その足で「ひまわり病院」に向かいます。

171028_ひまわり
診察申込があった「サリー」「マイク」の横にも、小さなお客様が待っていました。(4個とも同じお客様から)

この場合は、診察申込書がある方を訪問診療として優先します。
171028_ひまわり


170923 ひまわり病院
その前に、先月からの宿題!

乗用カートのハンドルが、すぐに外れて困っていました。そこで…、
171028_ひまわり


おもちゃドクターは、あらかじめ木の丸棒を加工した診療材料を用意してきました。
それをハンドルの付け根にピッタリ収まるように取り付けると、今度は大丈夫!
どんなにハンドルを回しても、引っ張っても、外れなくなりました。
171028_ひまわり



さあ、巡回おもちゃ病院の診療が、始まりました!

おもちゃドクターは、巡回して発見したおもちゃを総点検、
電池容量チェック電極接点磨きなどの初期治療で様子見。

すると何と…、この初期治療だけで、

80%以上は治ります!


特に、お客様にお願いしたいことは、

→ 長期間使用しない場合は、電池を取り出して、

乳幼児の手の届かないところに保管してください。

電池の正しい使い方安全上の注意事項などは、メーカーだけでなく、おもちゃドクターとしても、お客様には丁寧に説明するよう心がけます!!
171028_ひまわり

171028_ひまわり

171028_ひまわり

診療状況は、→ Facebookアルバムにも掲載。

本日の「ひまわり病院」ディズニーキャラクターの患者様が多かったのですが、訪問診療で入院した「サリー」「マイク」も含めて、この電池廻りの初期治療だけで、ほとんど動作回復しました!

ただ一つ、「ジュディのにんじんペン」だけは全く音が出ません。

こうなると長期入院して分解点検、根本的な治療を目指して、おもちゃドクター腕の見せ所ですが…、ディズニー公式グッズは本場の米国仕様で製造されたものが多く、容易に分解できません!

さあ、どうしましょうか?

以下、当クリニックの、入院患者様への対応手順です。
日本おもちゃ病院協会
まずは、おもちゃに関する情報収集。特に修理事例の報告など。
次に、入院患者様の症状確認。故障部位の切り分け、原因の特定。
最善の治療方針の検討。修理事例、治療器具や材料の有無にて判断。
最後に、お客様と相談のうえで(修理不能も含めて)方針を決定。

もし修理不能で返却する場合も、診察の経過報告は必須。
出来れば、他の修理ルートを情報提供するよう、心掛けています。


今回の「にんじんペン」は、お客様に相談のうえ修理不能で返却し、普通のボールペンとして最後まで使い切っていただくこととなりました。
使い終わってから、ぜひ当クリニックに寄付してください!
 おもちゃドクターの技術研修として、あらためて分解点検にチャレンジしたいと存じます。

デザイン_のう午後から「のう病院」、ココも本日は患者様はゼロ。
「ゆりかご」デザインは Dr. Toyzawa(館長先生)

いつもはココで、他病院から搬送された患者様も含めて、二人のおもちゃドクター集中治療するところ。
本日は、ドクター同士の意見交換や打合せの場とします。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/yurikago/archive/26
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
» 170923 ひまわり病院・定期巡回 from  おもちゃクリニック ゆりかご 日記
2017年9月23日(土)、11:00〜11:30、初めての定期巡回です。 おもちゃクリニック ゆりかご「ひまわり病院」 糸魚川市寺島の複合施設「ヴィラオレッタ糸魚川」内の、ひまわり保育園に置かれている「ゆりかご」では、使われなくなったり壊れたおもちゃを、大切にお預かり… [Read More]
Tracked on 2018年12月09日(Sun) 08:11

コメントする
コメント
モンスターズ・ユニバーシティの2体は、インタラクティブ(相互通信)モードに設定すると、会話や笑い声などは本物そっくり!!
ネイティブ発音の英語で、私にはサッパリ意味が分かりませんが、二人で何やら楽し気に会話しています。

ズートピア、ジュディの「にんじんペン」ボイスレコーダーは、修理不能。
何しろ、米国仕様は組立てが頑丈で、そもそも分解できないように色々工夫されています。(特殊なネジ使用や全面接着など)
ですから、本体を傷付けずに分解することは、ほぼ困難。
おもちゃドクターは、難しいほど「分解してみたい」のが本音ですが、希少品や愛着のあるものなどは無理に修理しないことも選択肢の一つ。
そこで、お客様と相談することが大事になってきます。
(納得診療:インフォームドコンセントの徹底)

それにしても、ジュディのネイティブ発音の英語も、聞きたかったなあ!
ボールペンを使い終わったら、ぜひ、当クリニックに寄付してください!
Posted by:おもちゃDr.わたなべ  at 2017年11月03日(Fri) 22:01