CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年10月 | Main | 2020年12月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

雲南支部だよりA 11月11日「双十一」 [2020年11月10日(Tue)]
 こんにちは!わーい(嬉しい顔) 雲南支部KOANSEIです。

 明日、中国は1年に1度の「光棍节(独身の日)」です。
1111日は1が並ぶので、「双十一」とも呼ばれ、1は独りぼっち、つまり独身ということになります。 各インターネット通販会社はセールを行い、独りぼっちでさびしい人たちがたくさん買い物をします。

 皆さんは「剁手」という言葉を知っていますか?
 「剁手」とは多くのものを買いたくて、お金がたくさんかかるという意味で、ネット上の流行語です。

 「剁手」をしたらまた黙々と自分の財布 を触り、後悔の涙もうやだ〜(悲しい顔)を流すかも知れませんね?
        
 現在、中国の若者はよく中国版キャッシュレス決済の「Alipay」で買い物をします。
この若者こそ私自身です。囧囧

 でも大丈夫です!これから暫くの間、「吃土」の覚悟がもうできました。
「吃土」という言葉は貧しさと繋がり、お金がなくて「吃土(土を食べる)」しかできないという意味です。ネットユーザーたちは、買い物をしすぎると自嘲のためにこの言葉を使って、これからの生活は「吃土」ということになっています。 

 shoppingは楽しいことですが、やはり理性的に消費するのも重要だと思います。

 最後には、皆さんも楽しい双十一ショッピングセールを体験してみてはいかがでしょうか?どうぞ楽しい「双十一」をお過ごしください。 \(*⌒0⌒)♪

KOANSEI❀
【雲南支部】

初鹿野理事長が緋宮栞那先生のサロンを初訪問 [2020年11月09日(Mon)]
 先週金曜日(11/6)、初鹿野理事長が武家の饗応料理研究家・管理栄養士の緋宮栞那先生のサロンに初めてご招待を受け、お伺いしました。

 先生は中国にとても興味があり、今後は日本と雲南の食文化交流のかけ橋としてご協力いただくことをお約束していただきました。

 雲南へ行けるようになりましたら、是非、緋宮栞那先生と雲南を訪問したいです。

20201106緋宮栞那先生サロン.jpg
初鹿野理事長(左)と緋宮栞那先生


【東京本部】

協会設立20周年記念誌編集会議 [2020年11月06日(Fri)]
 協会20年のあゆみをまとめた設立20周年記念誌の全体編集会議を行いました。

微信图片_20201106134205.jpg


 これまでの20年間、たくさんの事業を行い、たくさんの皆様にご支援・ご協力いただき、記念誌に載せたいことがたくさんあり、ページ数が足りないぐらいです。

 来年1月末の校了をめざし、引き続き頑張ります!

【東京本部】

 
 
協会主催チャリティーゴルフコンペ中止にともなうご寄付のおねがい(再掲載) [2020年11月05日(Thu)]
 毎年秋に開催されている協会主催「雲南省少数民族貧困児童教育支援チャリティーゴルフコンペ」は新型コロナウィルス感染症拡大防止と参加者の皆様、スタッフの健康を第一に考えて、今年の開催は残念ながら中止とさせていただきます。

 毎年のチャリティーゴルフコンペで集まりましたご寄付は「25の小さな夢基金」春蕾生支援に使わせていただいておりますが、今年もチャリティーゴルフコンペにて3名の春蕾生を支援させていただきたくご寄付を募ります。

チャリティーゴルフコンペ中止に伴うご寄付のお願い.jpg


 すでにご寄付いただきました皆様には心より感謝申し上げます。
(※ご寄付いただきました皆様のお名前はご寄付締切後、改めまして掲載させていただきます)

 皆様の温かいご支援を心よりお待ち申し上げております。


【東京本部】
「25の小さな夢基金」サポーター・小野寺さんご来訪 [2020年11月02日(Mon)]
 本日の午前、「25の小さな夢基金」サポーターの小野寺さんが支援生徒への春節のお手紙と贈り物を持って事務所にいらっしゃいました。

 小野寺さんが支援している春蕾生はこの9月で3年生になり、毎年、小野寺さんは贈り物やお手紙を贈り、厳しい春蕾生活を励ましていらっしゃいます。

 現在、岩手にお住いの小野寺さんは事務局職員へのお土産も持ってきていただき、休憩時間にいただきました。

JYFA0568.JPG
小野寺さん



ーーー「25の小さな夢基金」里親サポーター募集中ーーー

 協会プロジェクト・貧困少数民族地域女子教育支援事業「25の小さな夢基金」では引き続き、春蕾生を3年間、1対1でご支援いただける里親サポーターを募集しております。
「25の小さな夢基金」公式ページ
https://jyfa.org/projects/yumekikin/

皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

【東京本部】