CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年06月 | Main | 2013年08月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

「25の小さな夢基金」2013年卒業式ふれあいの旅レポートA [2013年07月11日(Thu)]

6月29日から一週間にわたり開催された「卒業式ふれあいの旅」かわいい
本ブログで旅のレポートを連載していますぴかぴか(新しい)
「25の小さな夢基金」2013年卒業式ふれあいの旅レポート@はこちら
本日ご紹介するのは、初日に開催された春蕾クラス同窓会「未来を創る」フォーラム後編です黒ハート


DSC02777.jpg

大学生による日本語スピーチコンテストの結果を待ちながら、お待ちかねのランチタイム。
春蕾の生徒たちにとてホテルでのブッフェなんて初めてです。
イスラム教徒の回族の生徒たちの為には、回族専用テーブルが用意されました。
今年、支援して下さっている14人の生徒が卒業を迎える協会名古屋支部長の近藤釼一さんは、生徒たちからの突然のプレゼントに笑みがこぼれます。


P1030472.jpg

DSC02605.jpg

お腹も満たされ、フォーラムは後半へ・・・
午前中行われた大学生によるスピーチコンテストの結果発表です。
接戦を制し最優秀賞に輝いたのは「将来は声優になりたい。そのために日本に行くんだ!」
と力強く話してくれた李秀珍さん。なんとまだ大学一年生です。
発生と発音のすばらしさ、そして群をを抜いた表現力が決め手となりました。
李さんには、会員の鈴木肇さんによりご寄贈頂いた電子辞書が、
そして参加者全員に「名探偵コナン」のノベライズが手渡されました。
それぞれの視点から「日本」を研究して堂々と話してくれた学生たちが、
いつか日本と雲南を繋ぐ架け橋となるのでしょう。

DSC02621.jpg


日頃から昆明支部の活動を積極的に応援してくれているのは、現地で日本語を学ぶボランティアの大学生たち。
「大学生協力会」として陰ながら活動を支えてくれている縁の下の力持ちなのです。
そんな大学生協力会の活動を日本の皆さんに知って頂くべく、「雲日国際大学生協力会」の任命式が行われました。
初鹿野理事長より、代表を務める3年生の于瑋さんへ記念の盾が手渡されます。
これから後輩たちに代々受け継がれてゆく盾になりますように。


P1030583.jpg


続く交流アクティビティは、テーブルごとに分かれて「夢を載せた」風車作り。
日本のサポーター、春蕾生徒、大学生たちが、夢について語り合いながら風車を作ります…
「日本語を習得して日本に行きたい」「私の愛する人がみんな元気でいてほしい」
「志望する大学に合格しますように」「平和」
願うことは、日本人も雲南の若者も同じです。
「風車を回して、夢を叶えるよー!ほらみんな回して回して!」と扇風機を持ち上げるのは、雲高明先生。みんなの夢を載せた風車が回ります。


P1030551.jpg


楽しい時間はあっという間に流れ、最後は参加者全員で「昴」の大合唱。
最初は照れくさそうに「不知道〜(知らないよ〜)」と言っていた生徒たちも、
徐々に口ずさみ始めます。
日本でも中国でも知らない人はいないあの大スター"テレサ・テン"が歌った曲ではありますが、日本で言えば「平成生まれ」の彼女たち。
知らないもの無理はないか・・・


フォーラムがお開きになり、外はカンカン照り。
そんな暑さはおかまいなしに、別れを惜しむ春蕾生とサポーターの皆さん。
いつまでもいつまでも写真撮影が続きます。
「また来年きてくれますか?」と春蕾1年生。
「あなたが卒業する時に、また会いに来ますよ」
まだ習ったばかりの日本語で挨拶をしてくれる春蕾生の姿もありました。
卒業した春蕾生にとって「春蕾」は第二の家族。サポーターの皆さんは、遠く離れた日本からいつも応援している家族の一員です。
春蕾クラスの生徒たちは携帯電話を使って写真撮影をしていました。
「携帯高いんじゃないのかな?」と疑問に感じていましたが、後から聞いた話によると
中国では携帯電話は日本のようにお金のかかるものでないそう。
まして、家族と遠く離れて暮らす春蕾クラスの女の子にとって携帯は必需品です。


IMG_9752.jpg


IMG_9751.jpg


P1030624.jpg

「25の小さな夢基金」2013年卒業式ふれあいの旅レポートBへ続く・・・

小さなカメラマンプロジェクト ブログ写真展その13 [2013年07月09日(Tue)]

130709_1.jpg

「友達の笑顔」(尼史完全小学校)

こんにちは晴れ ボランティアのかのアートです。
関東地方では、猛暑日が続いていますが、皆さんの地域はいかがでしょうか? しっかり水分をとって、熱中症にご注意ください。
さて、本日は雲南省の子どもたちが使い切りカメラで撮影した写真をブログで公開する「ブログ写真展」第13弾! 今回は、新しく届いたばかりの、シャングリラ・チベット族「尼史完全小学校」の写真をご紹介します。


130709_2.jpg

「働く背中」

〈撮影者のお母さんでしょうか、チベット族の女性が鎌を手に、籠を背負い、お仕事をしています。背景の山々や、木柵で囲われたチベット伝統のおうち……生活の様子がよく伝わってくる一枚。構図もばっちり!〉

130709_3.jpg

「青空と裸麦」

〈撮影されたのは9月で、ちょうどシャングリラは収穫の時季。収穫された裸麦が、棚にわんさとかけられたさまは、シャングリラの秋の風物詩として知られています〉

130709_4.jpg

「母の手作りパン」

〈お母さんがパンの生地をこねています。伝統的な衣装をまとっていますが、頭に巻いている布はキラキラ輝くラメ入り。別の写真でもラメ入りの布を巻いている女性が登場するので、今、流行している柄なのかもしれません。とってもお洒落!〉

次回は、同じく新作の写真「藤誼小学校」の写真をご紹介します。どうぞお楽しみにひらめき

●「小さなカメラマン」&「壁新聞」最新ニュース
130709_5.jpg
「小さなカメラマンプロジェクト」で子どもたちが撮影した写真は、可愛いアルバムにまとめられ、子どもたちの手元に届けられます。なかなか小学校に行く機会がないため、アルバムが手元に届くまでには一年から数年がかかってしまうこともありますが、撮影した写真を見て、子どもだけでなく、撮影者の親や先生方もニコニコ。(写真は、「老村小学校」の先生方がアルバムを見ている様子)
いつも忙しい授業の合間、撮影へのご協力、本当にありがとうございます!

そしてそして、たくさんのボランティアの皆さんのご協力のもと、「后山小学校版壁新聞」がいよいよ完成間近! 続報をどうぞお楽しみに!

(ボランティアかのアート

「25の小さな夢基金」2013年卒業式ふれあいの旅レポート@ [2013年07月09日(Tue)]

みなさまこんにちはかわいい
先週末、雲南省昆明・シーサンパンナから帰国いたしました、東京本部蔦です。
東京の暑さは雲南最南シーサンパンナの比じゃありません・・・晴れ
今回私は、「25の小さな夢基金」で協会が応援している昆明女子中学・春蕾クラスの卒業式に合わせて行った「卒業式ふれあいの旅」で雲南を訪問しました目

日頃「25の小さな夢基金」を通して、たくさんのサポーターの皆さまと出会い、
優しさを届けるお手伝いをさせて頂いている私。
初の雲南出張で、できることはそう多くはありません。
ただ一つだけ決めていたことは、「全てのサポーターの愛と、エールを生徒たちに届ける」こと。
日本へ帰国した今、今度は「卒業式に参加したいけれど・・・」と言ってくださった方、
生徒とお手紙のやりとりをして下さった方、それ以外の方法で生徒を応援して下さった方々へ雲南現地で見たもの、聞いたこと、心動かされたことをお伝えいたします。
「ふれあいの旅」レポートは全5回にわたってお届けする予定です。
春蕾クラスの生徒たちと、サポーターの皆さまとの心温まる交流の様子が
日本の皆さまに伝わりますように黒ハート


DSC02777.jpg

【1】春蕾クラス同窓会「未来を創る」フォーラム@

7月29日(土)より7日間の日程で「卒業式ふれあいの旅」が開催されました。
これは、協会が「25の小さな夢基金」で応援している昆明女子中学の「春蕾クラス」卒業式、そして同窓生を招いての「未来を創る」フォーラムに参加する旅です。また、卒業したばかりの生徒と共に、彼女たちの故郷(本年は冒頭にもあったようにシーサンパンナ・タイ族自治州でした)も訪れます。
今回は雲南現地合流組を含め、6名の会員が「ふれあいの旅」にご参加下さいました。

旅は春蕾クラス同窓生が一堂に介す「未来を創る」フォーラムから始まります・・・
フォーラム会場となったホテルでは、雲南大学滇池学院で日本語を教えている高明先生、そしてたくさんのボランティア大学生が早くから準備を始めていました。
続々と集まって来る参加者たち。浴衣やそれぞれの民族衣装を身にまとった春蕾クラス在校生、そして同窓生たちです。


会場に向かうDSC02542.jpg

今回は、昆明への旅もすっかりベテランになった参加者が多く「好久不見!(お久ぶりです!)」の声があちらこちらから聞こえました。
参加者の皆さんが一番気になるのは、なんといってもご自身の支援されている生徒たち。初対面にも、再会にも、それぞれの感動があります。


佐伯さんDSC02560.jpg

久継さんDSC02555.jpg

フォーラムは協会顧問東郷浩さんのご挨拶でスタート。額に入った立派な「悦邂逅」と書かれた書を春蕾クラスにご寄贈頂きました。東郷さんの力作です。
様々な書体を混ぜて書く破体書と呼ばれる方法で書かれています。
「かいこうをよろこぶ」と読み、「出会えたことはうれしい」という意味だそう。東郷さんの気持ちが溢れています。


司会はおなじみ、昆明支部特命支部長の平田栄一さん。語学留学中の雲南師範大学は試験の真っ最中。
初鹿野理事長の「平田先生はいつも授業を逃課(授業をサボるという意味)しているんですよ!」の言葉に会場は大爆笑。
「どうしてか分かりますか?」静まり返る会場。「協会の仕事をお手伝いするためですよ!」会場中が温かい雰囲気に包まれました。終始冗談を交えながらの和やかで愉快な司会は、雲南大学滇池学院高明先生のスムーズな通訳を介して会場を湧かせます。


司会P1030344.jpg

まずは昆明支部スタッフ作成のVTRで、この一年の活動を振り返ります。
「さっきのVTRに自分が映ってた人は〜?」の問いかけに、多くの手が挙がります。同窓生、在校生、サポーターの方々の手も。
ボランティアや会員の皆さまのお陰で、年々活動が盛り上がる「25の小さな夢基金」プロジェクト。関わる生徒や学生の数もどんどん増えていきます。
「春蕾」は、同窓生たちがいつでも帰ってこられる第二の家族なのような場所です。


同窓生代表のあいさつに続き、春蕾クラス1年ハニ族の李潤発さんによるスピーチです。
今年2月から全10回にわたり行われた「春蕾」での日本語授業の感想を話してくれました。
李潤発さんをご支援下さっている協会顧問の樋口忠治さんは、「再来年の彼女の卒業が楽しみです。しっかりと勉強してほしいですね。」と目を細めます。


りじゅんはつP1030275.jpg

様々な民族の"サラダボウル"春蕾クラスならではの出し物、民族衣装のファッションショーも会場を盛り上げました。
音楽に合わせて、様々な民族の衣装を身にまとった女の子たちが舞台にあがります。
同じ民族でも異なる色々な民族衣装があります。舞台にあがった11人はファッションモデルさながら。
ふぁっしょんしょーP1030318.jpg

フォーラム前半のトリを飾るのは、大学生5名による日本語スピーチコンテストです。
それぞれの視点から見た「日本」について、感情豊かなスピーチが繰り広げられます。
まだ行ったことのない日本ですが、行ったことがないからこそ、それぞれに目のつけ所が異なり大変興味深い内容でした。
「日本の女子高生の短いスカートは忍耐力を鍛えるためだと思います。私も彼女たちを見習って、冷たい水で顔を洗うようにして自分を鍛えているんです。」と話す学生や「日本人は、衝突を避けるために曖昧な言葉を使うことが多いですが、外国人にとっては理解できないところが多いです。それに、曖昧さの為に素直な自分を失ってしまう恐れがあるのではないかと思います。」
と話す学生もおり、雲南の大学生が見る日本や日本人の姿が垣間見えた気がしました。


スピーチP1030349.jpg


お昼休みの時間を使い、日本人参加者による厳正な審査が進められていきます・・・

ぴかぴか(新しい)「25の小さな夢基金」2013年卒業式ふれあいの旅レポートA へ続くぴかぴか(新しい)

「夢は叶う」加藤丈夫さん講演記6 [2013年07月05日(Fri)]

先週土曜日に日本を出発した「25の小さな夢基金ふれあいの旅」の一行は、1週間かけて得たかけがえのない思い出を胸に、もう間もなく日本に到着する予定です。

旅では、夢基金生の故郷・シーサンパンナを訪ね、素朴な生活を営む人々とふれあいました。シーサンパンナの子どもたちは、一体どんな夢を描いて日々を送っているのでしょうexclamation&question

折りしも世間は七夕、皆さんはどんな願い事をしますか?
そして私たちが子どもの頃描いた夢は、果たして現実になっているのでしょうかー

加藤丈夫さんの「夢は叶う」講演会、第6回目をお届けします。



>>>前回はこちら



titke.jpg


6.ロボットにかける夢

さて、皆さんも知っていると思いますが、鉄腕アトムはロボットです。
ただ普通の機械でなく、宇宙を自由に飛び回り、60か国の言葉を話し、身につけたマシンガンで悪者をやっつける強い力を持ったスーパーロボットです。そして良いことと悪いことを見分ける力を持ち、人間を幸せにするために大活躍をします。

40年以上も前から、日本の子どもたちは「鉄腕アトム」のファンでしたが、その中には「自分は大きくなったら鉄腕アトムのようなロボットを作りたい」と考える人たちが沢山いました。日本の子どもたちにとってロボットは仲の良い友達なのです。

そんな子どもたちが大人になって、ロボットを作る技術者になりましたが、その人たちが作ったホンダの「アシモ」というロボットは、鉄腕アトムと同じように歩いたり、走ったり、楽器を演奏したりできるようになってきました。最近はさらに技術が進んで、人が話す言葉を聞き分けて命令通りに動くこともできるようになっています。

先程、原子力発電所の事故の話をしましたが、ロボットであれば人の入れない危険な場所で仕事をすることもできるし、工場では人間の何倍もの速さで作業をすることが可能です。また一人暮らしのお年寄りの世話もできるようになります。

アシモはまだ良いことと悪いことを見分ける力はもっていませんが、あと10年もすれば「鉄腕アトム」のような優しい心をもった強いロボットができるかもしれないし、
それは人類の幸せに繋がるに違いありません。

その意味では手塚治虫は、子どもたちに大きな夢を与えてくれたし、彼に漫画家になるように勧めた謙一も編集者として素晴らしい仕事をしたと思います。

≪続く≫


DSC_4586.JPG



加藤丈夫さん略歴 東京大学法学部卒業。富士電機株式会社に入社し、企画部長、人事勤労部長を務める。1989年に取締役就任後、取締役副社長、取締役会長を歴任。企業経営に携わるかたわら、企業年金連合会理事長、社団法人日本経済団体連合会労使関係委員会委員長、中央労働委員会使用者委員、学校法人開成学園理事長兼学園長などの要職も歴任した。
夢基金ふれあいの旅進行中!雲南支部の舞台裏 [2013年07月02日(Tue)]

今年も一大イベント・夢基金ふれあいの旅が始まりましたわーい(嬉しい顔)
今年から「夢を語る同窓会」「25の小さな夢基金フォーラム『未来を創る』」に名前が変わり、去年より更にいいものを目指して、ずーっと準備を進めてきましたダッシュ(走り出すさま)今回のブログでは、雲南支部の準備から当日までの舞台裏をご紹介したいと思います。

開催1週間前、雲南大学滇池学院に、雲日国際大学生協力会の大学生が集まりました。フォーラムで披露する歌と浴衣の着付け練習のためです。試験期間真っ只中にもかかわらず、10名以上の学生がこの特別練習に参加しましたカラオケ


image002.jpg
歌の特訓は平田支部長が指導、曲目は日本語の「翼をください」です。
平田支部長は学生時代、コーラス部だったのだそう。

image004.jpg
今回着付けの指導をしてくれた右:李莉さん(3年)、左:劉媛媛さん(2年)


前日、リハーサルと準備のため夕方会場入り。
近頃特に資金不足の協会は、タクシーを使わず友達の車をお願いし、大荷物を搬入しました車(セダン)


image006.jpg


準備では波乱が続きます。
幕を掛ける位置で平田支部長とホテルのスタッフが大喧嘩ふらふら「細かいところまで気を配るのが日本流!」などとスタッフとの口論が始まり、仲裁するのも必死です。日本留学から帰国したばかりの会員・攸萍(ヨウピン)さんと妹さんも手伝いに来てくれて、なんとか3時間がかりで準備・リハーサルを終えました。

この日、飛行機が3時間遅れ、夜9時過ぎにようやく昆明ホテルへ到着した日本側参加者の皆さんも大変でした。福岡から駆けつけた樋口顧問の便はなんと5時間も遅れ、ホテルへ着いたのは深夜2時半。そのため、フォーラムは急遽1時間遅れの10時から始めることになりました。

当日、朝8時に会場入りし、着付け、リハーサルが始まりました。特訓の成果もあり、大学生に着付けを任せ、順調に運びました。ところが、肝心の卒業生がなかなか集まらず、リハーサルが始められません。不安を抱えたまま会はスタートしましたもうやだ〜(悲しい顔)


image008.jpg
着付けをする大学生


幸いにも、ステージの照明やビデオ撮影については、会員の佐々木英介さんからアドバイスをいただき、大きな助けとなりましたグッド(上向き矢印)平田支部長と高明先生の2名による司会&通訳で、フォーラムは順調に進んでいきました。

しかし、プロジェクタ操作とプログラム出場者の誘導を同時にやらなければならない私は、スピーチを予定していた卒業生が諸事情で来られなくなったりと、まさにてんてこ舞い状態がく〜(落胆した顔)もっとリハーサルの時間があれば…、大学生に頼んでおけば…と後悔しても後の祭り。会場を走り回り、なんとかプログラムは滞りなく流れていきました。

会場とは別の場所で走り回っていたのは、同じく雲南支部職員の林娜です。会場費や卒業生の宿泊の支払い、昼食会場のセッティング、そして翌々日に控えたシーサンパンナでの旅程管理に追われていました。彼女もまた影の功労者ですわーい(嬉しい顔)

ハプニングもありましたが、16時には無事終了。
大学生ボランティアを統括してくれた滇池学院の李莉さん、春蕾クラス卒業生をまとめてくれた雲南大学3年生の春蕾卒業生・陳玲さん、この二人がいなければこのフォーラムの成功はありませんでした。本当にご苦労様でしたわーい(嬉しい顔)


image010.jpg
今回参加してくれた雲日国際大学生協力会の皆さん


翌朝、初めてフォーラムにご参加くださった昆明在住の夢基金サポーター下垣さんから、

「主催者側の思い、ボランティア学生の思い、女の子たちのピュアな心が伝わり、心が洗われるような一日でした。」

という心温まるメールをいただき感激しました。


image012.jpg
真ん中が夢基金サポーターの下垣昭宏さん


いくら一生懸命やったからといって、それが成功ではありません。皆さんに「参加してよかった」「また来年も参加したい」と思わせることが、成功のひとつのものさしになるのだと思っています。
とはいっても、企画から実行まで携わったイベントは、私にとってやりがいを感じる仕事です。大変なこともありましたが、来年はもっと良いものを作りたい、早速決意を新たにしているところですダッシュ(走り出すさま)


image014.jpg
真ん中:毎回参加してくださる会員の佐伯様


さて、フォーラム、卒業式は今年も無事終了しましたが、今日はシーサンパンナ行きの航空便がさっそく欠航となり、朝から波乱が続いているようです。無事みなさんが帰って来られるよう、昆明から祈るばかりです。


K.Nバー



※フォーラムの内容や当日の様子は、後日ホームページにて詳しくご報告させて頂きます。どうぞお楽しみに!