• もっと見る
« 【東京本部】耳寄り情報 | Main | 【小さなカメラマン&壁新聞】»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

里親サポーターの皆様へ 2022年度支援金ご請求に関しまして [2022年12月07日(Wed)]
 本年度の支援金ご請求書を順次、発送させていただいております。発送が遅くなり、大変、申し訳ございません。
 確定申告のため、本年中の寄附金受領証明書が必要な方はお早めにお振込いただけますようお願い申し上げます。
 すでにお振込いただきました皆様にはこの場をお借りして心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 春蕾生たちは変わらず将来の夢に向かい日夜、勉強に励んでおります。引き続き、温かくご支援いただけますと幸いでございます。

「25の小さな夢基金」ご請求書に関するお問い合わせは東京本部事務局までお願いいたします。
電話1(プッシュホン) 03-5206-5260(平日10-17時)
メールする yunnan@jyfa.org

640 (34).jpg


【東京本部】
「25の小さな夢基金」オンライン卒業式開催に関して [2022年06月22日(Wed)]
 本年もオンラインにて「25の小さな夢基金」第14期生の卒業式を開催予定ではございますが、現在のところ詳細な日程が決まっておりません。

 決まりましたら当メール通信や協会公式HP等にてお知らせさせていただきます。

 本年のオンライン卒業式も温かい心のこもった卒業式になるよう準備中でございます。たくさんの皆さまにご参加いただけますようお願い申し上げます。

24.jpg

1 (55).JPG

WeChat Image_202106291050159.jpg

JYFA0853.JPG
※写真は昨年のオンライン卒業式です

【東京本部】
第11回「夢は叶う」講演会オンライン開催 決定 [2022年06月20日(Mon)]
 2009年より始まった「夢は叶う」講演会が今月25日(土)にジャーナリストの徐 静波さんを講師にお迎えしてオンラインで開催されます。

日時:6月25日(土) 日本時間 午後2時より
会場:昆明市女子中学

 ビデオ会議ソフトを使い春蕾生が在籍する昆明市女子中学(雲南省昆明市)と皆さまをオンラインで結んで開催いたします。
 時間の関係で日中同時通訳は交えず、中国語のみの講演会となりますが、中国語がわかる方はもちろん、中国語を勉強中の方も是非、ご参加ください。

第11回「夢は叶う」講演会開催のお知らせ_02.jpg

満月お問い合わせ・お申込み満月
電話03-5206-5260(平日10-17時)
メールyunnan@jyfa.org



【東京本部】
たくさんの愛がこもった贈り物が届きました [2022年06月02日(Thu)]
 優秀でありながら、家庭の経済状況により学校で学ぶ機会に恵まれない女子高生を支援する協会の里親プロジェクト「25の小さな夢基金」。
 当プロジェクトでは、里親サポーター皆さんと支援生徒がお手紙を通じて心と心の交流を行っております。今年初めから先月にまでに東京本部事務局にはたくさんの里親サポーター皆さまから生徒への心のこもったお手紙や贈り物が届きました。

微信图片_20220602123131.jpg


 現在、昆明へ送る準備をしておりますが、中国の厳しい新型コロナウィルス感染症拡大防止対策のため、国際郵便がストップしてしまっております。しかし、どうにかして皆さまからの心のこもった贈り物を生徒たちに届けようと全力で輸送方法を探し、必ず生徒たちにお渡しさせていただきます。

微信图片_20220602123153.jpg


今回の贈り物やお手紙を動画にいたしましたので、どうぞご覧ください。
映画


【東京本部】
日本語授業を頑張っています! [2022年05月16日(Mon)]
 少数民族女子高生支援プロジェクト「25の小さな夢基金」では春蕾生に向けて日本語授業を行っております。
 昨日の日本語授業の写真が昆明代表処から送られてきましたので、皆さまにご覧いただければと思います。

微信图片_20220516142118.jpg

微信图片_20220516141751.jpg


 真剣に日本語を勉強する春蕾生たち。思わず「頑張って!」と声を掛けたくなりますね。

微信图片_20220516142105.jpg

 
 春蕾生たちは引き続き、雲南大学外国語学院日語科の学生たちのご協力を得て、日本語の勉強に励んでまいりますので、応援のほど、よろしくお願いいたしますわーい(嬉しい顔)

微信图片_20220516142039.jpg


【東京本部】
里親サポーターの皆さまの愛を雲南へ・・・・ [2021年10月18日(Mon)]
 7月から10月にかけて東京本部に届いた里親サポーターの皆様の贈り物とお手紙を雲南に国際郵便にて発送いたしました飛行機

 すべての贈り物と便箋には温かい励ましの心が込められています。 里親サポーターの皆様に感謝します。皆様の愛は春蕾生に成長する勇気を与えますぴかぴか(新しい)

 愛の本当の意味は、得ることではなく与えることであるということを、彼女たちに教えてくれています。 里親サポーター皆さんのそれぞれの自分自身の人生経験や物語で彼女たちに影響を与え、本当に大切なものを示してきました。

 素直な心でお互いを愛すること、将来の夢を計画的に追求すること、そして愛に満ち溢れる人間になることを生徒たちに教えてくれています。皆様方は彼女たちの力の源です。

 皆さまからの愛がこもったお手紙や贈り物は雲南に到着いたしましたら、昆明代表処スタッフがそれぞれのご支援生徒へお渡しさせていただき、ご報告させていただきます。

贈り物01.jpg

贈り物02.jpg

贈り物03.jpg



【東京本部】
春節の贈り物受付 「25の小さな夢基金」里親サポーターの皆様へ [2021年10月11日(Mon)]
満月春節のお手紙・贈り物受付のお知らせ満月
 夢に向かって頑張っている生徒への
お手紙や贈り物を募集しております


 少数民族女子高生支援プロジェクト「25の小さな夢基金」では、いつも温かくご支援くださり、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
 本年も来年2月の春節に向けたご支援生徒へのお手紙や贈り物を受付いたします。
 お手紙や贈り物をお考えの里親サポーターの方は11月中旬頃までに東京本部事務局宛にお送り願います。
 12月を過ぎますと国際郵便で春節までにお届けすることが難しくなってしまいますので、ご理解・ご協力いただきますようお願い致します。
※新型コロナウィルスの関係で国際郵便の遅延などを考慮し、募集期間を前倒しさせていただいております。ご注意ください。

★贈り物に関するお願い★
・B5サイズの封筒に入る程度までの大きさでお願いします。
・液体類、生もの、中古品、壊れやすい物、現金はご遠慮をお願いします。
・使い捨てカイロ、花火、引火性液体(香水、アロマオイル)などの航空危険物は送れませんのでご注意ください。

0414_01.jpg

0414_02.jpg

WeChat Image_202102031023225.jpg


【お問い合わせ・送り先】
〒162-0846 東京都新宿区市谷左内町21-13  1F
日本雲南聯誼協会 東京本部事務局
電話1(プッシュホン) 03-5206-5260(平日10-17時)
メール yunnan@jyfa.org

【東京本部】
春蕾生から里親サポーターの皆様へのお手紙発送中 [2021年09月17日(Fri)]
 雲南省の貧困地域の女子高生を1対1で支援する協会プロジェクト「25の小さな夢基金」。生徒たちはそれぞれの里親サポーターの皆様へ1年間のご支援に対する感謝の気持ちを込めたお手紙をしたため、そのお手紙を先週から順次、里親サポーターの皆様へ発送しておりますぴかぴか(新しい)

DSC_0697.JPG
インターン生の熊寛さん


 できるだけ早く、皆様にお届けしたいのですが、インターン生も含め少ない人員で発送作業を行っておりますので、お時間がかかっていることをお詫び申し上げます。



 お手紙発送にはインターン生2名の他、翻訳ボランティアの皆様のご協力あってこそできることに感謝しております。

DSC_0760.JPG
インターン生の丁 寧さん


 ご支援生徒からのお手紙を楽しみにお待ちくださいるんるん


【東京本部】
明日の花〜9月新入生〜里親サポーター募集 [2021年09月07日(Tue)]
彼女たちは山に囲まれ、空は高く、道のりが長い。
文化と背景は、彼女たちに独特の美しさを与えると同時に、
彼女たちの足取りを制限しています。
貧困と不平等の連鎖から抜け出すための翼を与えることができるのは、
教育だけです。
彼女たちに希望と温もりを与え明るい未来を実現するために
私たちと一緒に行動しましょう。


 協会の少数民族女子高生支援プロジェクトの「25の小さな夢基金」は15年目になりました。これまでのプロジェクトを継続してこられたのは、多くの支援者の方々のおかげです。
 皆様に心より感謝いたします。私たちの協会は、社会から取り残された子供たちに、社会からより多くのケアとサポートを与え、社会から公正な教育の機会を提供し、彼らが愛され守られていることを実感できるようにするという初心を貫いてきました。
 今年も夢を追う春蕾生が昆明女子高校へ入学し、昆明での新生活をスタートさせました。
 今年支援対象となっている春蕾生は総数約180人です。

 私たちは、彼女らの夢の始まりに、より多くの注目とサポートを感じてもらいたいと思って、新入生約180名の里親サポーターを募集しております。

詳細はこちら▼▼▼
https://jyfa.org/projects/yumekikin/

flower-picture.jpg

【東京本部】
第10回「夢は叶う」講演会 終了報告 [2021年06月22日(Tue)]
 6月19日(土)に昆明市女子中学にて、第10回「夢は叶う」講演会が開催されました。

b0eff097b201bee9568b2de3e708438.png


 「夢は叶う」講演会は2009年より少数民族の女の子たちの夢を後押しするために始まり、各業界の最前線で活躍されている方々をお招きし、春蕾生たちを勇気づけるお話をしていただいています。

DSC04539.JPG

 今回は2020年度に発生した新型コロナウィルスの影響で、2年ぶり待望の開催となりました。記念すべき第10回目となる「夢は叶う」講演会では協会顧問の許峰氏に登壇いただき、“励志笃行,做自己命运的主人”というテーマでお話しいただきました。
 悩める春蕾生に対して高校卒業後の進路や人生の意味、目標を達成する方法など有意義な内容をスピーチいただきました。中でも「運命は自分たちの手によって変えられる」ということを生徒たちにわかりやすい例を交えて伝え、その話を聞いた春蕾生たちの瞳は輝いていました。

 当日は春蕾生及び様々な政府関係者総勢300名の方々にご参加いただき盛大な講演会となりました。残念ながら東京本部関係者一同は現地への訪問が難しいため、オンラインでの参加となりましたが長年ご支援いただいている「25の小さな夢基金」里親サポーターの皆様にもオンラインで参加いただき、春蕾生へ励ましの言葉を贈りました。



 
 今回初めての試みとなったオンラインでの「夢は叶う」講演会でしたが、多くの皆様のご協力により無事成功することが出来ました。今後更に春蕾生が彼女たちの可能性を広げることのできるよう様々な企画を通し応援してまいります。


DSC04616.JPG


【東京本部】
| 次へ