CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 【東京本部】耳寄り情報 | Main | 【小さなカメラマン&壁新聞】»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

里親サポーターの皆さまの愛を雲南へ・・・・ [2021年10月18日(Mon)]
 7月から10月にかけて東京本部に届いた里親サポーターの皆様の贈り物とお手紙を雲南に国際郵便にて発送いたしました飛行機

 すべての贈り物と便箋には温かい励ましの心が込められています。 里親サポーターの皆様に感謝します。皆様の愛は春蕾生に成長する勇気を与えますぴかぴか(新しい)

 愛の本当の意味は、得ることではなく与えることであるということを、彼女たちに教えてくれています。 里親サポーター皆さんのそれぞれの自分自身の人生経験や物語で彼女たちに影響を与え、本当に大切なものを示してきました。

 素直な心でお互いを愛すること、将来の夢を計画的に追求すること、そして愛に満ち溢れる人間になることを生徒たちに教えてくれています。皆様方は彼女たちの力の源です。

 皆さまからの愛がこもったお手紙や贈り物は雲南に到着いたしましたら、昆明代表処スタッフがそれぞれのご支援生徒へお渡しさせていただき、ご報告させていただきます。

贈り物01.jpg

贈り物02.jpg

贈り物03.jpg



【東京本部】
春節の贈り物受付 「25の小さな夢基金」里親サポーターの皆様へ [2021年10月11日(Mon)]
満月春節のお手紙・贈り物受付のお知らせ満月
 夢に向かって頑張っている生徒への
お手紙や贈り物を募集しております


 少数民族女子高生支援プロジェクト「25の小さな夢基金」では、いつも温かくご支援くださり、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
 本年も来年2月の春節に向けたご支援生徒へのお手紙や贈り物を受付いたします。
 お手紙や贈り物をお考えの里親サポーターの方は11月中旬頃までに東京本部事務局宛にお送り願います。
 12月を過ぎますと国際郵便で春節までにお届けすることが難しくなってしまいますので、ご理解・ご協力いただきますようお願い致します。
※新型コロナウィルスの関係で国際郵便の遅延などを考慮し、募集期間を前倒しさせていただいております。ご注意ください。

★贈り物に関するお願い★
・B5サイズの封筒に入る程度までの大きさでお願いします。
・液体類、生もの、中古品、壊れやすい物、現金はご遠慮をお願いします。
・使い捨てカイロ、花火、引火性液体(香水、アロマオイル)などの航空危険物は送れませんのでご注意ください。

0414_01.jpg

0414_02.jpg

WeChat Image_202102031023225.jpg


【お問い合わせ・送り先】
〒162-0846 東京都新宿区市谷左内町21-13  1F
日本雲南聯誼協会 東京本部事務局
電話1(プッシュホン) 03-5206-5260(平日10-17時)
メール yunnan@jyfa.org

【東京本部】
春蕾生から里親サポーターの皆様へのお手紙発送中 [2021年09月17日(Fri)]
 雲南省の貧困地域の女子高生を1対1で支援する協会プロジェクト「25の小さな夢基金」。生徒たちはそれぞれの里親サポーターの皆様へ1年間のご支援に対する感謝の気持ちを込めたお手紙をしたため、そのお手紙を先週から順次、里親サポーターの皆様へ発送しておりますぴかぴか(新しい)

DSC_0697.JPG
インターン生の熊寛さん


 できるだけ早く、皆様にお届けしたいのですが、インターン生も含め少ない人員で発送作業を行っておりますので、お時間がかかっていることをお詫び申し上げます。



 お手紙発送にはインターン生2名の他、翻訳ボランティアの皆様のご協力あってこそできることに感謝しております。

DSC_0760.JPG
インターン生の丁 寧さん


 ご支援生徒からのお手紙を楽しみにお待ちくださいるんるん


【東京本部】
明日の花〜9月新入生〜里親サポーター募集 [2021年09月07日(Tue)]
彼女たちは山に囲まれ、空は高く、道のりが長い。
文化と背景は、彼女たちに独特の美しさを与えると同時に、
彼女たちの足取りを制限しています。
貧困と不平等の連鎖から抜け出すための翼を与えることができるのは、
教育だけです。
彼女たちに希望と温もりを与え明るい未来を実現するために
私たちと一緒に行動しましょう。


 協会の少数民族女子高生支援プロジェクトの「25の小さな夢基金」は15年目になりました。これまでのプロジェクトを継続してこられたのは、多くの支援者の方々のおかげです。
 皆様に心より感謝いたします。私たちの協会は、社会から取り残された子供たちに、社会からより多くのケアとサポートを与え、社会から公正な教育の機会を提供し、彼らが愛され守られていることを実感できるようにするという初心を貫いてきました。
 今年も夢を追う春蕾生が昆明女子高校へ入学し、昆明での新生活をスタートさせました。
 今年支援対象となっている春蕾生は総数約180人です。

 私たちは、彼女らの夢の始まりに、より多くの注目とサポートを感じてもらいたいと思って、新入生約180名の里親サポーターを募集しております。

詳細はこちら▼▼▼
https://jyfa.org/projects/yumekikin/

flower-picture.jpg

【東京本部】
第10回「夢は叶う」講演会 終了報告 [2021年06月22日(Tue)]
 6月19日(土)に昆明市女子中学にて、第10回「夢は叶う」講演会が開催されました。

b0eff097b201bee9568b2de3e708438.png


 「夢は叶う」講演会は2009年より少数民族の女の子たちの夢を後押しするために始まり、各業界の最前線で活躍されている方々をお招きし、春蕾生たちを勇気づけるお話をしていただいています。

DSC04539.JPG

 今回は2020年度に発生した新型コロナウィルスの影響で、2年ぶり待望の開催となりました。記念すべき第10回目となる「夢は叶う」講演会では協会顧問の許峰氏に登壇いただき、“励志笃行,做自己命运的主人”というテーマでお話しいただきました。
 悩める春蕾生に対して高校卒業後の進路や人生の意味、目標を達成する方法など有意義な内容をスピーチいただきました。中でも「運命は自分たちの手によって変えられる」ということを生徒たちにわかりやすい例を交えて伝え、その話を聞いた春蕾生たちの瞳は輝いていました。

 当日は春蕾生及び様々な政府関係者総勢300名の方々にご参加いただき盛大な講演会となりました。残念ながら東京本部関係者一同は現地への訪問が難しいため、オンラインでの参加となりましたが長年ご支援いただいている「25の小さな夢基金」里親サポーターの皆様にもオンラインで参加いただき、春蕾生へ励ましの言葉を贈りました。



 
 今回初めての試みとなったオンラインでの「夢は叶う」講演会でしたが、多くの皆様のご協力により無事成功することが出来ました。今後更に春蕾生が彼女たちの可能性を広げることのできるよう様々な企画を通し応援してまいります。


DSC04616.JPG


【東京本部】
6/28(月)オンライン卒業式開催決定 [2021年06月21日(Mon)]
 「25の小さな夢基金」春蕾生89名の卒業式が今年もオンラインで開催されることが決定いたしましたので、お知らせさせていただきます。

「25の小さな夢基金」
13期生オンライン卒業式


日時:6月28日(月)10-12時
場所:昆明市女子中学(雲南省昆明市)
使用会議ソフト:ZOOM


 オンラインで昆明市女子中学と東京本部、里親サポーター皆さん、会員の皆さんをつなぎ、心温まる思い出深い卒業式を挙行いたします。
 
 当日のプログラム等の詳細が決まりましたら、当ブログや協会公式HP等のSNSにてお知らせさせていただきます。

_MG_5496.JPG

_MG_5260.JPG

_MG_5434.JPG


【東京本部】

 
第10回「夢は叶う」講演会開催 [2021年06月17日(Thu)]
7I6F0176.JPG


 2009年より始まった「夢は叶う」講演会は今週土曜日(6/19)に協会の許峰顧問が雲南へ飛び、2年ぶりに開催されます。

日時:6月19日(土) 11時〜13時
会場:昆明市女子中学
 今回は女子中学とオンラインで結び、開催いたします。
講演者:許 峰 顧問

ご興味のある方は下記メールアドレスまでお問合せください◎
keiran@jyfa.org
または
suxin@jyfa.org

お問合せいただいた方に講演会にご参加いただけるパスワードをお知らせさせていただきます。

【東京本部】
春蕾生へのお手紙と贈り物を発送しました [2021年06月11日(Fri)]
 4月以降に里親サポーターの皆様にお送りいただいた贈り物を今週、国際郵便にて雲南に発送しましたのでご報告いたします飛行機

 今回は40名の生徒宛てに贈り物が届きました。お忙しいところ贈り物をご準備くださいました里親サポーターの皆様に感謝申し上げます。

雲南到着後、学期末を目途に現地スタッフが昆明市女子中学に訪問し責任をもって生徒にお渡しさせていただきます。

202106贈り物.jpg

 協会プロジェクト・貧困少数民族地域女子教育支援事業「25の小さな夢基金」では引き続き、春蕾生を3年間、1対1でご支援いただける里親サポーターを募集しております。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします!
https://jyfa.org/projects/yumekikin/

【東京本部】
春蕾生から日本語授業の感想文が届きました [2021年06月09日(Wed)]
 3月28日から始まった春蕾生を対象とした日本語授業は8回目まで終了しましたexclamation
 ひらがなの練習をはじめとし基礎文法を学んでいる春蕾生から日本語授業の感想文がとどきました。今回は2年生の張明麗さんの感想文をご紹介しますわーい(嬉しい顔)

学校で日本語授業が選択科目として新設され、私たちは日本語を学ぶチャンスを得ることができました。英語に加え、ほかの言語を身につけられる環境があり、私たち春蕾生にとって貴重な機会でとてもいいチャンスだと思います。
 日本語の勉強は、想像よりはるかに難しいですが、新しい文法や単語を覚えられたとき、言葉で表現しきれないほど心の底からとても嬉しい気持ちになります。単語も文法も難しいですが、自分が選択した道なので最後まで駆け抜けたいと思います。新しい言語を学びクラスメイトの前で自慢することもでき、週末は以前よりも充実した時間を過ごすことができています。今回日本語授業に参加し、新しい知識を身に着け、沢山のものを収穫出来たと感じています。
2年2組 張明麗


WeChat Image_20210608104902.jpg


 現地で日本語学校を展開されている桜にほんご学校(新世界教育集団)及び現地ボランティア協力者の皆様のご協力のおかげで、日本語授業を開催することができています。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

b41a9a16f9619cbef5ff6526d5ff263.jpg


【東京本部】
貧困女子高生が皆様のご支援をお待ちしております [2021年05月27日(Thu)]
yume.png


 雲南省の貧困地域からやっと「高校入学」という切符を手にした彼女たちを3年間、1対1でサポーターしていただける里親サポーターをまだまだ募集しております。

 貧困や差別など劣悪な環境に負けず、夢に向かってがんばる彼女たちをご一緒にサポートしていただけませんか?

IMG_5765.JPG

IMG_6457.JPG


詳細は協会公式HPをご覧ください
https://jyfa.org/0219_chunlai/

saporter_sys-1024x313.png


皆様のご支援を心よりお待ち申し上げております


【東京本部】
| 次へ