• もっと見る
«拓東醬油ー日本への進出 | Main | 令和6年能登半島地 【支 援 金 受 付】»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

熊さん卒業論文理事長インタビュー [2024年01月19日(Fri)]

国際協力シンポジウム (4).png

東京本部インターン生の熊寛さんが初鹿野理事長に
卒業論文のためのインタビューした感想を書いてもらいました

あけましておめでとうございます。
 日本雲南聯誼協会東京本部で2021年5月から3年間、インターシップに参加している熊寛です。どうぞ宜しくお願いします。大学一年生の頃から協会でインターシップを始めて、いよいよ卒業の時がやってきました。自分は社会学の研究科で、ゼミの研究テーマは「恵まれない環境にいる子供達に対する教育支援」です。協会の支援活動はゼミの研究テーマと一致したので、卒業論文のテーマは「雲南省の少数民族の教育支援」にすることを決意しました。中国では各家庭の所得がそれぞれ違うので、経済的に豊かな毎日を送っている私は、専門知識を学ぶことで子供達に還元したいです。教育支援事業には熱意・愛情、そして学術的な知見が相まって、より良い対策を生み出せると思います。
 先日協会事務所で、初鹿野理事長に卒業論文のためのインタビューを行いました。協会設立当時のつらかったことから、これからの協会、アジアの若い人材育成に関する展望・計画までを伺いました。インタビューを通して分かったことを、今学期の研究報告書にまとめて、卒業論文の一部にすることにしました。大学卒業後は大学院に入り、更に教育支援の分野を深く学び、自分の小さな力でも協会の役に立てると嬉しいです。
熊寛(東洋大学社会学部社会学科3年、東京本部インターン生)

微信图片_20210521131347.jpg
DSC_2804.JPG

注:熊さんの仕事している様子
   
【東京本部】
コメントする
コメント