• もっと見る
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

3/20(水・祝)東京本部休業お知らせ [2024年03月19日(Tue)]
今週水曜日(3/20)は祝日のため東京本部は休業させていただきます。
 ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

東京本部休業日:3月20日(水・祝)
※21日(木)より通常業務となります



業務日に関するお問い合わせは下記の東京本部事務局までお願いいたします。
電話 03-5206-5260(平日10-17時)
E-mail yunnan@jyfa.org

dc1017136.JPG
▲ナシ族の女の子


【東京本部】
3/21(木)雲南コーヒーテイスティングイベントのお知らせ [2024年03月13日(Wed)]
 今月21日(木)の午後、東京・神田の雲南省物産ショールームにて雲南コーヒーのテイスティング交流会を初めて開催致します喫茶店exclamation

 まだまだお席に余裕がございますので、雲南コーヒーにご興味のある方は是非、ご参加ください。
満月詳細は協会公式HPの当イベントページをご覧ください。
https://00m.in/xRFhG

第1回日本雲南交流会 (3).png


かわいい次回以降も雲南に関する交流会を開催予定ですかわいい
ぴかぴか(新しい)詳細が決まり次第 協会公式SNSでお知らせさせていただきますぴかぴか(新しい)


【東京本部】
3/14(木)会報発送ボランティア募集 [2024年03月11日(Mon)]
 いつも温かい協会活動にご支援・ご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。
 本日は協会会報誌『彩雲の南』発送作業ボランティア募集のお知らせです。

 協会活動やプロジェクト、イベント情報などを皆さんにお伝えする会報誌『彩雲の南』最新号の第85号が発行の運びとなりました。
 下記の日程で発送作業を行いますので、お手伝いしていただけるボランティアを大募集いたします。

会報誌『彩雲の南』第85号 発送作業
■作業日時:
 3月14日(木)13-17時頃(予定)
■場 所 : 認定NPO法人日本雲南聯誼協会東京本部
(〒162-0846 東京都新宿区市谷左内町21-13
 株式会社技術評論社様1階)
■作業内容 :
 会報誌及び送付物の封入等 簡単な作業です。
■募集人数:若干名
■募集締め切り :
 3月13日(水)午後1時
※交通費は往復1,000円を上限にお支払いさせていただきます。

お手伝いいただける方はメールまたはお電話にてご連絡をお願いいたします。

【メールの方】
本文に下記をお書きいただき、yunnan@jyfa.org までお送りください。
●ご希望の参加時間
●お名前
●電話番号(できれば携帯電話)

【お電話の方】
TEL 03-5206-5260(平日10-16時)

初めての方でも楽しくできる作業です
他の会員・ボランティアの皆さんや事務局スタッフとの
親睦もかねてボランティアに参加してみませんか?
普段なかなか見られなない事務局スタッフの働きぶりを
ぜひこの機会にご覧いただければと思います

数時間だけ、ご友人とのご参加ももちろん大歓迎いたします
会報発送作業で国際協力の輪に加わりませんか?

皆さんのご協力をお待ちしております

图片_202301171042441.jpg


【東京本部】
3/8(金)東京本部休業のお知らせ [2024年03月07日(Thu)]
 20年以上にわたりご支援をいただいている株式会社技術評論社様の公休のため、協会もあわせて下記の通り休業させていただきます。
 ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

東京本部休業日:3月8日(金)
※11日(月)より通常業務となります



業務日に関するお問い合わせは下記の東京本部事務局までお願いいたします。
TEL 03-5206-5260(平日10-17時)
E-mail yunnan@jyfa.org

【東京本部】

令和5年度第4回理事会開催 [2024年02月27日(Tue)]
 今年度最後の理事会が先週木曜日(2/22)に東京本部にて行われました。
今回も令和6年度の事業計画案等の重要な議案を審議しました。

Image_20240222165810.jpg
▲議長は遠藤副理事長

ご出席いただきました役員の皆様
今回もお忙しいところ、ありがとうございました


Image_20240222171203.jpg


【東京本部】
2/23(金・祝)東京本部休業お知らせ [2024年02月19日(Mon)]
 今週金曜日(2/23)は祝日のため東京本部は休業させていただきます。
 ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

東京本部休業日:2月23日(金・祝)
※26日(月)より通常業務となります


業務日に関するお問い合わせは下記の東京本部事務局までお願いいたします。
電話 03-5206-5260(平日10-17時)
E-mail yunnan@jyfa.org

dc082554.jpg


【東京本部】

「令和6年能登半島地震支援金」受け付けております [2024年02月13日(Tue)]
jishin-HP.jpg

令和6年能登半島地震により被災されました皆様に
心よりお見舞い申し上げます


 先月22日の当ブログでもお知らせいたしましたが、日本雲南聯誼協会は「令和6年能登半島地震支援金」を今月末まで受け付けております。

当支援プロジェクトの詳細は協会公式HPよりご覧ください。
https://jyfa.org/%e3%80%90%e4%bb%a4%e5%92%8c6%e5%b9%b4%e8%83%bd%e7%99%bb%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e5%9c%b0%e9%9c%87%e3%80%91%e6%94%af%e6%8f%b4%e9%87%91%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad/


皆様の温かいご支援金を心よりお願い申し上げます。

【東京本部】

「25の小さな夢基金」卒業生と再会 [2024年02月08日(Thu)]
 先月、初鹿野理事長が雲南へ出張に行き、臨滄で会議に出席しました。その際に「25の小さな夢基金」第9期生の汪金梅さんと陳紅梅さんが初鹿野理事長に会いに来てくれましたので、HPにアップしました。

https://jyfa.org/%e3%80%8c25%e3%81%ae%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%aa%e5%a4%a2%e5%9f%ba%e9%87%91%e3%80%8d%e6%98%a5%e8%95%be%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%8d%92%e6%a5%ad%e7%94%9f%e3%81%a8%e9%9d%a2%e4%bc%9a/

大学を卒業し、それぞれの道で活躍している汪金梅さんと陳紅梅さん。

3年間支援していただいた里親サポーターと協会への恩返しとして、春蕾卒業生のプラットフォームを作りたいと言ってくれました。

「25の小さな夢基金」で支援した約1300名の春蕾生は社会で活躍する人材へと育ってくれています。

图片_20240122123939.jpg


【東京本部】
東京多元交響楽団「ニューイヤー・コンサート2024」 [2024年02月06日(Tue)]
 東京多元交響楽団の「ニューイヤー・コンサート2024」が2月4日(金)の夜、ミューザ川崎シンフォニーホール(神奈川県川崎市)にてを開催され、協会の初鹿野理事長と神立理事が会場にて鑑賞しましたるんるん

Image_20240206091839.jpg


 東京多元交響楽団は日本ではじめての在日華僑華人による交響楽団で、音楽を通じて各国や多文化と交流することを目指しています。今年は、イタリアの有名なピアニストで指揮者、作曲家のセルジョ・バイエッタ氏が指揮し、ピアノはILARIA・LOATELLIさんでした。

Image_20240206091824.jpg


 コンサート前半は呂其明「紅旗頌」、J.シュトラウスU世「喜歌劇『こうもり』序曲、 李煥之「春節序曲」、チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 Op.23 第2・3楽章。
 後半は、ロッシーニ「歌劇『セヴィリアの理髪師』序曲、マスカーニ 「歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲、鄭路/馬洪業 「北京喜訊到辺寨」等、中国の春節を代表する音楽が多数演奏されました。

Image_20240206091806.jpg


【東京本部】
2/2中国大使館修礼 新春招待会 [2024年02月05日(Mon)]
 駐日本国中華人民共和国大使館は2月2日夜、「2024年旅日華僑華人新春招待会」を開催しました。
 在日華僑華人を代表する300名以上がレセプションに出席し、協会からは初鹿野理事長、蘇昆明代表処首席代表ら4名が出席しました。

Image_20240206092249.jpg


Image_20240206092239.jpg


 呉江浩大使は「新しい一年、日本社会が本当の中国、客観的で立体的な中国を十分に理解できるよう、私たち全員がより良い中国の語り部そして中日関係の構築者となり、経済・貿易、科学技術、人文科学の各分野における、両国の交流と協力をさらに促進してもらいたい。華僑社会の発展をよりよく継承し、在日同胞の結束力と求心力を高め続けよう。在日大使館と領事館は、常に強力な後ろ盾になる」と挨拶をしました。

Image_20240206092224.jpg


 協会設立以来の当大使館の協会への力強いご協力とこの度の新春招待会のご招待に心より感謝申し上げます。



【東京本部】
| 次へ