CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« エルファロを救う会 | Main | 市民活動紹介»
プロフィール

コミュニティカフェゆめたいさんの画像
カテゴリー
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
最新コメント
tanaka
外国語の絵本フェア (07/06) tanaka
あみあみワークショップ (04/10) 拓也
「えぼし麻呂」に会ったぞよ (10/16) ゆめたいスタッフ
なつかしい故郷の味 (02/17) (有)神田葡萄園
なつかしい故郷の味 (02/15) ゆめたいスタッフ
「やさしいフラワーアレンジメント教室」 (01/29) 斎藤
「やさしいフラワーアレンジメント教室」 (01/23) ゆめたいスタッフ
クリスマスの余韻 (01/15) ゆめたいスタッフ
新年のご挨拶 (01/15) 斎藤 由紀子
クリスマスの余韻 (01/06)
リンク集
「益城町復興サイダー」 [2016年11月21日(Mon)]

予報どおり、3時過ぎから冷たい雨になりました。

昨日はあんなに暖かかったのに。。。冷えてきそうです。
晩ごはんは、あったまるものにしよう!



さて、復興支援小箱コーナーは、今、熊本大地震の被災地を応援しています。
DSC01723.JPG

4月におきた「熊本大地震」・・・

熊本市の東方にある「益城町(ましきまち)」は大きな被害を受けました。

給食センターが倒壊して、子どもたちの給食がつくれなくなり、
代わりに宅配弁当が提供されているそうです。
宅配弁当は給食ほど安価ではないため、各家庭の負担が大きくなっています。
子どもたちの自宅だってもちろん被災しているはずなのに・・・

そこで、
地元スーパーが「サイダー」を売り出すことになりました。

サイダーの売り上げの一部(1本あたり10円)が、
益城町の子どもたちの給食費にあてられるそうですよ。

その「益城町復興サイダー」を、ゆめたいでも販売中!




地震からもうすでに半年がたちましたが、復興の道のりはまだまだ続いています。。。
小さな小さな応援ですが、わたしたちも続けます。










5年目の3月11日に思うこと [2016年03月15日(Tue)]

「東日本大震災」から5年・・・ 
    今、私たちに何ができるのでしょう。


あの日、東北沿岸に何が起きていたのかすぐにはわかりませんでした。
そして時間の経過とともに判明する想像を絶する被害に言葉を失いました。

警察庁と復興庁の発表によると、

   亡くなられた方 1万 5894人
   行方不明の方     2561人
   避難されている方 17万 4471人


3月11日が近づくと震災関連の報道が多くなります。
現在も大きな悲しみや苦しみの中にいる方がいらっしゃること、
なかなか進まない復興、
その中で明るく生活する方々の姿、
メディアが取り上げる「被災地の今」にがっかりしたりホッとしたり・・・

ただ、こんなに大きく報道される「震災」も、現在進行形の「原発の事故」でさえ、
実際にその場に居合わせる体験をしていない私は、
日々の生活を送るうちにどこか遠い世界の出来事のように感じることに気づくのです。
この小さな国の中で起きている出来事なのに・・・
「忘れる」ということに恐ろしさを感じます。



今、自分はなにができるのか考えます。
「知る」そして「想像する」「考える」ことを続けようと思います。
目先の損得を優先させるのではなく、よく考え行動しようと思います。
ちょっとだけ自分の欲や目先の損得を優先させるのをやめて行動することを続けられたら、
きっと豊かなで安心して暮らせる世界をつくることができると信じます。





  コミュニティカフェゆめたいは、

      東北のおいしいものを紹介し復興を応援します。









さくっと美味しい「凍み餅」 [2013年11月26日(Tue)]

「復興支援小箱ショップ」では、東北のおいしいものをご紹介しています。

IMG_6426.JPG

被災地のことを忘れないために、
そして、おいしいものが売れて東北の生産者のみなさんが元気になり、
おいしいものを食べた私たちも元気になる。

そんな願いをこめて続けている活動です。



その「復興支援小箱ショップ」に、新商品が入荷しました。。


まぁ、見た感じはふつうのおせんべいなのですが・・・
IMG_6432.JPG

凍み餅(しみもち)」といいます。
IMG_6427.JPG

小さな△の袋を持つとずっしり重い!?
堅いおせんべいなのかと思いきや、意外にサクッと軽い触感です。
こりゃ後引く〜。
でも原料はお米(玄米)ですからね。食べごたえ十分。おなかいっぱいになります(笑)


凍み餅 とは・・・
お餅を水に浸して凍らせた後、冷たい風にさらして乾燥させたものです。
東北地方などで食べられている保存食で、油であげたり水でもどして食べたりするそうですよ。



「凍み餅」をつくっているのは、福島県喜多方市にあるおいしいお米をつくっている農家さん。
農業体験もできるそうですよ。
     
     「福島農場」ホームページ http://www.noujyo.com/



震災のことを忘れない [2013年02月25日(Mon)]

東日本大震災から、もうすぐ2年がたとうとしています。


コミュニティカフェゆめたいでは、東北でつくられた品物を紹介することを通して、
被災された生産者の皆さんを応援する活動をしています。

復興支援小箱ショップです。
IMG_4543.JPG

IMG_4529.JPG


この活動を始めてから、もうすぐ1年9ヶ月です。

品物えらびは、けっこうむずかしいです。
お客さんに興味を持ってもらうために、できるだけいろいろな品物を選びたいのですが、
「おいしそうだな〜」と思っても、冷蔵しなければならなかったり賞味期限が短かったり・・・
食品の仕入れって気をつかいます。

「コレは売れる!」
そう思っても、ほとんど売れ残ってしまったこともあります。

在庫をかかえる倉庫がないので、品物は大量に仕入れられません。
棚の品物が全部売れたとしても、生産者の方の利益ってどれくらいなんだろう?
そう考えると、こんな小さな活動ってほんとに生産者の方の支援になっているのかな?
むなしく感じちゃうこともあるんですよね〜。


でも、自分のできることってなんだろうって考えた時、

「震災のことを忘れない」 それって大事なことかなと・・・。

この活動は、その決意表明みたいなものだと思ってます。


                        スタッフK



明日から販売開始 どっさり届きました〜! [2012年05月16日(Wed)]
 
復興支援小箱ショップの品物が届きました。

大好評いただいている「あぶら麩」もたくさん入荷しましたよ〜!
段ボール箱の中に「あぶら麩」がどっさり♪(メニューのレシピも差し上げています)
  IMG_3495.JPG

こちらの箱には「ミルクキャラメル」「おからかりんとう」がぎゅっと詰まってます。
見えてないけど下の段には「手づくりジャム」も入ってますよ。
コロンとした形の木工玩具もかわいいな〜♪(後日くわしくご紹介しますね)
  IMG_3494.JPG

ご紹介している品物は、すべて東方の福祉作業所でつくられた品物なんですよ。

被災エリアの障害者福祉施設の経営・障害者の収入を支える「参加型」プロジェクト(=経済活動支援)「ミンナDEカオウヤ」を通して送っていただいています。



さて、今日は納品書を作って、値札をつけて・・・明日から販売を開始できると思います。

あぶら麩メニューのレシピも差し上げていますよ〜!



 * * * * * * * * * *

本日水曜日は、コミュニティカフェゆめたいはお休みをいただいています。
小箱ショップでのお買い物はできますので、お隣のたい焼き屋さんスタッフへ声をかけてください。



たくさん届きましたよ〜! [2012年03月23日(Fri)]
 

復興支援小箱ショップが、充実しましたよ〜。

IMG_3254.jpg

今回届いた品物は、「ミンナDEカオウヤ」プロジェクトを通して届いたものです。



「ミンナDEカオウヤ」プロジェクトとは・・・

被災エリアの授産品を全国・都市部で販売して、被災した障害者福祉施設の経営・障害者の収入を支える「参加型」プロジェクト(=経済活動支援)です。
ホームページ ☞ http://www.insweb.jp/report/minnaDE.html




【今回の入荷商品】

 ・油 麩・・・いろいろなレシピもご紹介しています。

 ・油麩丼(レトルト)・・・卵1個で簡単にできちゃいます。

 ・ポンせんべい・・・3つの味(塩、醤油、カレー) ヘルシー安心おやつです。

 ・おからかりんとう・・・100円(豆乳ごぼう、さつまいも、えび 他)
              400円(豆乳ごぼう、えごま)
           
 ・ドレッシング・・・じゅうねん(えごま)、梅、たまりん(玉ねぎとりんご)の3種類

 ・えごま味噌・・・ごはんにピッタリ!

 ・ミルクキャラメル・・・ 疲れたときに一粒どうぞ♪   




こちらの商品はのこりわずかです。気になる方はお早めにどうぞ。

 ・陸前高田市「神田葡萄園」の ぶどうジュース と マスカットサイダー
 ・仙台みそのしそ巻き




それから・・・

木の屋石巻水産鯨大和煮(缶詰)」は、あっという間に完売しました!
どんな味なのかレポートしようと思ったのですが残念。鯨って人気あるんですね〜。
次回入荷(時期は未定)までお待ち下さい。

 
 
 
なつかしい故郷の味 [2012年01月31日(Tue)]
 
ゆめたいの「復興支援小箱ショップ」では、東北各地でつくられた魅力的な品物をご紹介しています。ある日、ご購入いただいたお客さまから、こんな言葉をいただきましたよ。


「陸前高田の出身なので、ジュースが買えてうれしい!」


ジュースというのはこちら。                   

陸前高田市にある 神田葡萄園 の「葡萄畑(100%果汁)」と「マスカットサイダー」です。



神田葡萄園は明治38年創業、今年で107年目をむかえるそうです。(スゴい!)
地震の津波の被害に遭いながらも復活をとげてがんばっていることを新聞で知り、復興支援小箱で製品をご紹介させていただいています。

「神田葡萄園」ホームページ http://www.0192-55-2222.jp/products/index.html
 岩手県の生産者紹介サイト http://www.yell-nippon.net/interview03/     



茅ヶ崎にも、陸前高田市出身の方が住んでいらっしゃるんですね。
ご近所の方なのか、それとも初めてご来店された方なのかはわかりませんが、ゆめたいで
なつかしい故郷の味に出会えたのですね。喜んでいただけてうれしいな〜♪

「他のジュースも、ぜひ取り扱ってほしい」とリクエストもいただいたそうです。
ヨシ!再注文の準備をしよう!(在庫スペースの都合上しばらくお時間をください)





復興支援小箱ショップには、他にも魅力的なモノがたくさん並んでいますよ☆


 
「油麩」知ってる? [2012年01月19日(Thu)]
 
復興支援小箱では、東北のおいしいものをご紹介しています。

「ミンナDEカオウヤ」プロジェクト を通して、東北の障害者福祉施設や就労支援施設でつくられた商品がたくさん入荷しました。

「ミンナDEカオウヤ」プロジェクト は・・・                   
      「ミンナDEカオウヤ」プロジェクトは、被災エリアの授産品を全国・都市部で
      販売して、被災した障害者福祉施設の経営・障害者の収入を支える「参加型」
      プロジェクト(=経済活動支援)です。                 



昨日は「油麩丼(あぶらふどん)」をご紹介しましたが、

「ミンナDEカオウヤ」プロジェクトの仕入れ担当の方から、
「油麩」をつかったおいしいメニューのレシピを他にもいろいろ教えていただきましたよ。

手描きのレシピがカワイイ〜のです。(黄色い子は、油麩のゆるキャラ?)



まだまだあります〜!


油麩DEサクサク♪カレースナック

油麩DEお好み焼き麩〜

油麩DEヘルシーピザ

卵・牛乳を使わない麩レンチトースト
 



aburahu2.pdf
 

aburahu.pdf
 




ご飯のおかずになりそうなものから、子どもたちもよろこびそうなメニューまで、いろいろあるんですよ。「麩レンチトースト」気になる〜♪

 
東北から 人気のB級グルメが到着! [2012年01月18日(Wed)]
 
復興支援小箱に、魅力的な商品がたくさん届きました。

さて、なにから紹介しようかな〜・・・と「醤油ポン」をかじりながらキーボードをたたくスタッフKです。



「醤油ポン」っていうのは、
いわゆる「ぽんせんべい」です。
宮城県産ひとめぼれ使用、油も砂糖もつかっていないので、とってもヘルシーですよ。



【ゆめたい販売価格】
      270円(10枚入り)





うーん・・・あれもこれも紹介したいけど・・・

まずは、これ!


親子丼? カツ丼? いえいえ、「油麩丼(あぶらふどん)です。

「油麩」って、ご存知ですか?
宮城県北部の登米地方で昔から伝えられている食材なのだそうです。

その油麩をつかったおいしいメニュー「油麩丼」が、おうちで簡単に作れちゃうレトルトが登場です。


卵をひとつ入れて           くるくるかき回して


レンジでチンして           ご飯にかけて出来上がり!




そして5分後♪

 
 油麩がだし汁を吸ってふっくらもちもち、
 お肉みたいな食感ですよ。

 ごちそうさまでした♪

【ゆめたい販売価格】420円      



「油麩」も販売(420円)しておりますので、レトルトの味ってちょっと苦手という方も、お好みの味付けで調理できますよ。

ぜひ、1度お試しをください!




ご紹介した商品は、東北の福祉事業所や就労支援施設でつくられていて、「ミンナDEカオウヤ」プロジェクトを通して届けていただきました。
     
「醤油ポン」・・・仙台市手をつなぐ育成会 くるみの木         
「油麩丼(レトルト)・油麩」・・・はらから福祉会 登米大地(とめだいち)

 「ミンナDEカオウヤ」プロジェクトとは・・・
被災エリアの授産品を全国・都市部で販売して、被災した障害者福祉施設の  
経営・障害者の収入を支える「参加型」プロジェクト(=経済活動支援)です。
 ☞ http://www.insweb.jp/report/minnaDE.html


 
「喜多方ラーメン」食べてみました [2011年11月21日(Mon)]
 
復興支援小箱ショップで販売中! 

 
 「喜多方ラーメン

     1袋 200円 

 ※ しょうゆ味・みそ味・しお味の3種類
   写真はしょうゆ味



しょうゆ味を 家でつくって食べてみました〜。(トッピングは残りもの・・・)



アラ!? おいしい♪

インスタントラーメンをあなどってました。
コチコチの乾麺なんですが 予想以上に美味しかったですよ。

麺が太いので 茹で時間が7〜8分。
一般のインスタントラーメンは3〜5分なので ちょっと時間がかかるけど
太いし縮れてるし 食べごたえあります。

スープは液体で お湯で薄めるタイプです。
透き通っててキレイでしょ。
さっぱりしてて 昔のラーメン(?)っぽい感じの味でしたよ〜。


みそ味も けっこうイケました!

ぜひお試しください♪

 
| 次へ