CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« ゆめちょパートナー≪愛媛≫ | Main | ゆめちょパートナー≪佐賀≫»
日本財団チャンネル
『1本10円のチカラでみんなハッピー!』

日本財団チャンネル
『飲んで貢献、置いて貢献』

カテゴリ
★ちょきんバク君★

日本財団 寄付チームさんの画像
リンク集
トラックバック
私たちは社会貢献活動支援サイト【プレコラ】に協力しています。【http://www.precolla.jp】 日本財団ROADプロジェクト
社会貢献パートナーの社会福祉法人栄光福祉会様に訪問してきました! [2013年05月09日(Thu)]

栄光福祉会写真@.JPG
社会福祉法人栄光福祉会

<障害者支援(入所、通所、グループホーム、パン工房>

〒830-0111
福岡県久留米市三潴町西牟田6323-13
電話:0942-64-5858
FAX:0942-64-5814
URL:http://heartland.geocities.jp/eikouen2009/







栄光福祉会写真A.JPGわたしたちのお気に入り!
 夢の貯金箱の社会貢献パートナー、社会福祉法人栄光福祉会は福岡県久留米市三潴町西牟田で、障がい者のそばに寄り添った支援を進めています。
栄光福祉会は障害者支援施設であり、入所「栄光園」、通所「きぼう」、グループホーム「ひまわり」で構成されています。

樋口理事長にお話を伺いました。

−このたびは、夢の貯金箱へのご協力ありがとうございました。
樋口理事長:夢の貯金箱は、スタッフや利用者の皆さんの休憩場所となっているウッドデッキの上に設置させていただきました。日本財団のマークは送迎車両でいつも目にしているので、利用者さんの反応もいいですね。

−寄付つき自動販売機についての感想をお願いします。
私たちの施設も地域のたくさんの方々の支援で運営させていただいています。
ひとりひとりが助け合いの気持ちを持つことがとても大事だと思います。
夢の貯金箱はわたしたちが手軽に社会に対して助け合いに参加できる仕組みとして素晴らしいと思います。ますます頑張ってください。

いつも元気な樋口理事長にエールをいただきました。ありがとうございました。
社会貢献パートナー福岡コロニーに訪問してきました! [2013年05月02日(Thu)]

福岡コロニー写真@.JPG
社会福祉法人福岡コロニー

<印刷、縫製、簡易作業、軽印刷・パソコン訓練、袋物・エプロン等、一部下請、リサイクルハンガー(下請作業)>

〒816-0934
福岡県大野城市曙町2-4-18
電話:092-501-0324
FAX:092-501-0325
URL:http://www.fukuoka-colony.net/jyusansidousyo.html


福岡コロニー写真A.JPG仕事のあいまに、ほっと一息
 今回は福岡で障害を持つ方の生活や仕事を支える、社会福祉法人福岡コロニーにお邪魔しました。

−夢の貯金箱はいかがですか?
「夢の貯金箱は、ただコーヒーを飲む、ジュースを飲むというだけでなく、同じ飲み物でも、飲むことで人の役に立ててるということで、みんな喜んで買ってくれている。その点がとてもいいですね。飲むことでどこかで誰かにつながっていると思うと、ジュースの意味が違ってくると思う。」
「夢の貯金箱の自動販売機には定期的に寄付金の活動報告がはいりますが、犯罪被害者の問題など自分の知らなかったことが知れる。みんなで助け合っていくことが大切」
という感想をいただきました。

福岡コロニーでは、印刷全般の仕事を中心に、たくさんの障がい者の働く場となっています。福岡の夢の貯金箱のパートナーの皆さま、印刷のご用命は是非、社会福祉法人福岡コロニー協会092−963−2781まで!」
HP:www.fukuoka-colony.net

福岡コロニーで働く元気な皆さん。これからもよろしくお願いします。
「社会貢献パートナーのアサヒプリテック株式会社福岡支社に訪問してきました。 [2013年04月10日(Wed)]

アサプリ写真.jpg
株式会社アサヒプリテック

<貴金属・レアメタル原料の仕入れおよび再生・精錬、加工・販売等>

〒811-3136
福岡県古賀市糸ヶ浦43
電話:092-943-2223
FAX:092-943-6209
URL:http://www.asahipretec.com/


アサヒプリテック写真.JPGジュースを片手にニッコリ!
 アサヒプリテック株式会社は日本財団のもう一つの社会貢献活動TOOTH FAIRY http://tooth-fairy.jp/ (協賛:日本歯科医師会)で、全国の歯科医院から寄付していただいた金歯や銀歯などの金属を精製、買い取りしていただいている会社でもあります。

福岡営業所の大森次長にお話をお聞きしました。
−夢の貯金箱の評判はいかがですか?
 職員はみんな喜んで利用しています。「ご寄付ありがとうございます。」という声が出てくるのがいいですね。やはり気持ちがいいです。」(こちらに設置させていただいたのは、ダイドーの音声付のマシーンです。購入するたびにお礼の声が!ちなみにこの声は夢の貯金箱の森啓子が収録しました。)

−ゆめちょの取り組んでいる活動について
東日本大震災震災では、東北は九州からは遠く、寄付という形での支援をしましたが、結局どのように使われたのかはわかりませんでした。夢の貯金箱は、活動報告がしっかりいただけて確実に使い道がわかるというのが良いですね。また、海外に対する募金活動が多い中で、日本国内の問題にしっかり目を向けているところが良いと思います。

−アサヒプリテック株式会社の職員の皆さま、インタビューに答えていただいた大森次長、どうもありがとうございました。これからも一緒に社会の問題に取り組むパートナーとしてよろしくお願いします。
株式会社都市計画設計事務所に「夢の自動販売機」が設置されました♪ [2011年08月08日(Mon)]



株式会社都市計画設計事務所に「夢の自動販売機」が設置されました!

本当は私が担当としてごあいさつに伺わなくてはならないところ、
我が日本財団スタッフ松岡直からこちらの写真を入手し、ご紹介させていただいております。


・・・本当はサイド面にある都市の景観が写った写真が見えるとなお魅力的キラキラなのですが・・落ち込み


HPには「おかげさまで34周年」。
ベンチャーを立ち上げても10年持つ会社が全体のたったの1割と聞きました。
時代の変化を追いかける、いや先取りする形で組織も変化を遂げないと、
創業34周年、というのはなかなか達成できるものではありません。

次回、現地をおうかがいする時には、是非、ビジネスを継続させていく秘訣について、
社長様にお話をおうかがいしたいと思っています。

ご協力本当にありがとうございました笑いハイビスカス


株式会社都市計画設計事務所
<測量・調査、土木・設計、コンサルタント>

〒810-0013
福岡県福岡市中央区大宮2-5-23
電話:092-521-8870
FAX:092-521-9194
URL:http://www.toshikeikaku-sekkei.co.jp/

NPO法人くらじたすけあいの会 「夢の自動販売機」を設置 [2010年11月05日(Fri)]


笑顔で「あっとほーむ」を支えるスタッフの皆さん


福岡県宮若市のNPO法人「くらじたすけあいの会」を訪問すると、通所介護「あっとほーむデイサービス」、住宅型有料老人ホーム「あっとほーむ」・・施設が複数立ち並んでいた。くらじたすけあいの会代表であり老人ホーム施設長の福本佳子さんと、その息子さんで通所介護施設所長の福本健さんが、私を出迎えてくれた。施設の中を通る道路沿いに「夢の自動販売機」が設置されている。

これらの施設が出来たきっかけは、もともと佳子さんが、母親の重度の介護を体験したこと。佳子さんは「たった3文字の『親孝行』がどれだけ難しいかを痛感した」と言う。介護生活の中で「今日1日休めたら」と自分が感じたように、同じような思いを抱く人を少しでも支えられたらと1999年、有志11人で宅老所「あっとほーむ」を開所した。立ち上げ当初、地元の郵便局元局長も「助け合いのためなら」と郵便局跡地を無償で提供、内装工事も知人の協力で材料持ち寄りで実施し施設がオープン。その後、利用者の家族にも支えられて、通所介護、訪問介護、居宅介護とサービスを拡大し、2005年に小規模多機能型の通所介護、2009年8月念願の有料老人ホーム(14床)を開所する。5年たった今もデイサービスの檜の風呂が自慢で、高齢者の方々に喜んでいただいている。(写真:檜風呂からは四季の移ろう景色が楽しめる)

福本佳子さんは「私たちのところは認知症などの重度の介護を必要とする方たちの最後の駆け込み寺なんです」と言う。高齢者で認知症を発症していると受け入れてくれる施設が少ないため、待機者の多い現状では入所するのが難しい。また、徘徊する利用者の面倒を見切れないと施設から返される例もあるという。一方で、家族は共稼ぎだったり、介護の方法についてもわからない状況であれば、身内が施設から返されても受け入れることができない。家庭的な明るい雰囲気の「あっとほーむ」では、そういう人たちを受け入れ、最期まで笑顔で一緒に暮らす。100歳のおばあちゃんは、認知症ではあるけれども、公民館に行く感覚で「あっとほーむ」に通うようになり、表情も明るくなったという。(写真:創始者の福本佳子さんからはパワーがみなぎっている)

そんな施設だからこそ、スタッフが利用者につねられ、蹴られ、泣きごとを言いたくなるような場合でも、悪いのは利用者ではなくスタッフだと指導している。佳子さんに「プロなんだから避けるすべを覚えて」と叱咤激励されたスタッフたちは、どこよりも立派に育っていくと言う。(写真:いつも笑顔の福本健さんもとてもエネルギッシュだ)

「高齢者だけでなく、子どもを育成できるような場所・・・例えば、空き缶拾いのボランティアのチャンスなど用意できれば、今の世の中に還元できるのかな」と健さん。競合の業者が増え介護ビジネスで生き残っていくのはなかなか激しい中、NPO立ち上げから情熱に突き動かされて11年駆け抜けてきた佳子さんのマインドは健さんにも受け継がれ、これからも新しい挑戦を続けていく覚悟だ。(森啓子)

NPO法人くらじたすけあいの会

<通所介護・訪問介護・障害者自立支援・老人ホーム>

株式会社ライフ・サポートくらじ
通所介護「あっとほーむデイサービス」
訪問介護・障害者自立支援「あっとほーむヘルパーステーション」
住宅型有料老人ホーム「あっとほーむ」
〒823-0004 福岡県宮若市磯光1312-3
TEL:0949-32-9595
FAX:0949-32-9597
株式会社マーコムプラン 「夢の自動販売機」で喉を潤しています♪ [2010年10月11日(Mon)]

自動販売機.JPG

2008年10月に「夢の自動販売機」を設置してくださり、ウェブでもその社会貢献の取り組みを紹介してくださっていた株式会社マーコムプランですが!!ついに!!訪問させていただきましたほえーハイビスカス

200名前後のスタッフが働くオフィスの休憩所に、「夢の自動販売機」を置いてくださっています。



メモする社会貢献への意気込み


コールセンター全体.JPG「もともと会社の方針として、世の中に良い影響を与えられるようなことが何かできないかというのを探していたんです。また、テレコミュニケーターからもなにか出来たら良いねという話があって、寄付型自販機を設置することになりました。スタッフみんなに“社会貢献に参加している”と誇りに思ってもらえれば」とのこと。スタッフ募集の面談の場で「夢の貯金箱」の話が出たこともあったそうです。


HP上の貞兼朋記代表取締役の言葉に「毎日、たくさんの人たちとの出会いの中で、自分自身を磨き、仲間たちと共に成長し、すばらしい『感動と充実』を分かち合いましょう」とあります。この理念のもと集ったスタッフ自らが「社会のために何か出来たら」と考えたのも納得できます。

実際にジュースを飲んでいた女性に尋ねてみると、3カ月に1度のペースで作成している「夢の貯金箱」の寄付金使途を表すポスターを見て、「こんなことに役立っているんだと思いました」と嬉しいお言葉をいただきました。

「社にとっては、サービスを生み出すスタッフがとても大切なので、スタッフが働きやすい環境を作っていきたい」とのこと。スタッフの98%が女性の同社では、誕生日にお花を贈ったりなさっているそうですかわいい
そういう細やかな心遣いはスタッフの皆さんにとっても嬉しいはず!
これからもマーコムプランの皆さま、「おもてなしの心」を大切に、企業にとって最も重要な「お客様との接点」でのお仕事を頑張ってください。
そして、皆さんの喉も心も潤す自販機として、これからも引き続き、ご協力をお願いします♪



株式会社マーコムプラン
<テレマーケティング・コールセンター業務>

〒812-0013福岡県福岡市博多区博多駅東2-17-5
電話:092-482-5070
FAX :092-482-5080
http://www.marcom-plan.com/
(株)GOLAZO様、募金箱の設置ありがとうございます♪ [2010年05月14日(Fri)]

株式会社GOLAZO
<不動産業>

〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門1-8-8 ベイサージュ大手門3階
電話: 092-717-3901
http://www.golazo.ne.jp/


メモパートナー紹介

株式会社GOLAZO(ゴラッソ)は、福岡市でも環境、交通アクセスともに優れた一等地に高品質マンション「ラ・ファセ」シリーズを展開し、安全確実な資産運用ができるマンション経営をご提案しております。この「ラ・ファセ(La Fase)」はスペイン語で「ステップ」を意味しています。「ラ・ファセ」シリーズを通じて「最高の感動と喜び」をお客様にご提案してまいります。
続きを読む・・・