CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« ゆめちょパートナー≪群馬≫ | Main | リボンノート»
日本財団チャンネル
『1本10円のチカラでみんなハッピー!』

日本財団チャンネル
『飲んで貢献、置いて貢献』

カテゴリ
★ちょきんバク君★

日本財団 寄付チームさんの画像
リンク集
トラックバック
私たちは社会貢献活動支援サイト【プレコラ】に協力しています。【http://www.precolla.jp】 日本財団ROADプロジェクト
スーダンはこれで平和になるのか? スーダン障害者教育支援の会で講演会 [2011年06月27日(Mon)]

いつも、皆様からのご寄付でスーダンの障害者の教育環境改善に取り組んでいるプロジェクトパートナー「スーダン障害者教育支援の会(CAPEDS)代表のモハメド・オマル・アブディンさんが、7月8日(金)に日本財団ビルでシンポジウムを予定しています。

母国スーダンの南部独立について日本で研究を重ねてきたアブディン氏の講演、
是非、ご関心のある方は、ご参加くださいませ。

-------------------------------------------------------------
『スーダンはこれで平和になるのか? 〜新国家、旧国家の挑戦〜」

 2011年7月9日にはアフリカ第54番目の国家が生まれます。
 今年の1月9日、スーダンの南部独立を問う住民投票が行われ、投票者の98%以上が独立を選択しました。住民投票はきわめて平和的に実施され、国際社会の高い評価を得ています。
 しかし、南北境界線をめぐって双方間、緊張が高まり、現地は紛争再燃の可能性を否定できない状況にあります。更に、南部・北部それぞれがさまざまな問題を抱えており、安定化への道のりがまだまだ長いことが伺えます。
 南部独立前夜、スーダン人若手研究者による分析情勢を主として、スーダンへの理解を深めるイベントを開催いたします。ふるってご参加ください。(言語日本語)

■日時:2011年7月8日(金)19:00〜21:00
■参加費:1,000円(資料代込)
■申し込み:フォーム
7月6日24:00までにお申し込みください。

■講演者:
モハメド・オマル・アブディン(東京外国語大学大学院(平和構築学))

詳細はコチラ
-------------------------------------------------------------
海洋スポーツとレジャーの宜野湾マリーナ、夢の自動販売機を設置! [2010年01月25日(Mon)]

宜野湾港マリーナ
<プレジャーボートの保管>

〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-4-1
TEL:(098)897−7017
<営業時間>
午前8時〜午後6時半(夏場)
午前9時〜午後5時(冬場)
http://ginowan-marina.com/



メモパートナー紹介

宜野湾港マリーナは、沖縄県の海洋レジャー、海洋文化の振興を図り、観光リゾート産業の振興に寄与するため、指定管理者制度にもとづき沖縄県からの管理委託を受けて、ヨット、ボートの保管業務および利用者へのサービス提供業務等を行っています。
また、沖縄の海の駅に登録されており、マリンフェスティバルなどのイベントを定期的に実施しています。

続きを読む・・・