CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« これまでの記事はこちら | Main | ゆめちょパートナー≪大阪≫»
日本財団チャンネル
『1本10円のチカラでみんなハッピー!』

日本財団チャンネル
『飲んで貢献、置いて貢献』

カテゴリ
★ちょきんバク君★

日本財団 寄付チームさんの画像
リンク集
トラックバック
私たちは社会貢献活動支援サイト【プレコラ】に協力しています。【http://www.precolla.jp】 日本財団ROADプロジェクト
テクタイト株式会社 何か人の役に立つことを [2010年12月06日(Mon)]



テクタイトグループは国内7社、国外(中国、香港、韓国、フィリピン)4社の計11社から成り立っており、エレクトロニクス分野を中心に開発、販売、クリエイティブ、コンサルティングなどさまざまな分野に事業を展開しています。中でも、「夢の自動販売機」を設置してくださっているテクタイト株式会社は、エレクトロニクス分野の製造・提供のほかに海外工場を全面サポートするEMS事業と品質管理事業を行っています。今回はテクタイト株式会社の管理部秘書・総務グループの加藤久子さんにインタビューさせていただきました。



2010年6月に設置された「夢の自動販売機」は本社駐車場内にあり、こだわりのオリジナルラッピングがよく引き立っていました。飲料1本につき10円と残りの利益全額も含めて寄付をしてくださっている同社だけでなく、テクタイトグループ全体として社会貢献活動に非常に熱心で、事業を支えるフィリピンの人々のために小学校建設支援も行っています。松本能和代表取締役社長は「フィリピン工場で働くオペレーターの人たちが仕事に対して非常に真面目で一生懸命に取り組む姿を見て、是非この国に何か役に立つ事は出来ないか、という思いから学校建設プロジェクトを始めました」と話してくださいました世間では企業の社会貢献活動が盛んになる一方で、それが売上を伸ばすための一手法と捉えられていることも少なくないと聞きますが、同社では「利益ではなく、人のために何か役に立つことをしたい」という思いで取り組まれており素晴らしいと思いましたインタビューに対応していただいた加藤さんには、同社の魅力や自身の経験について聞かせていただきました。

加藤さんはある企業の受付係から転職し、同社に入社してまだ3ヵ月だといいます。転職の理由を聞いてみると、動きがある幅広い仕事をしたかったからとのことでした。なぜ同社に決めたのかというと、自分が経験していないことはとりあえずやってみたいという加藤さんの考え方と、同社社長の「チャレンジ精神旺盛に」という言葉がかみ合い惹かれていったからだそうです。「毎日時間が足りないくらいに動きまわっています」と楽しそうに話してくださいました。今の職場の良いところを聞いてみると、秘書という仕事にとらわれず、本当に幅広くいろいろな仕事を任せてもらえる、良い意味で新人扱いされないところだということでした。充実した表情で語ってくださる加藤さんのお話を伺って、私も将来自分の仕事を生き生きと語れるくらいに楽しく働きたいと思いました。
社員の方の活気にあふれているテクタイト株式会社。これからもそのパワーとチャレンジ精神で、社会にとってなくてはならない存在として輝き続けるとともに、その輝きを人々の笑顔に変えていっていただきたいと思います。(インターン生 出水季彩)


テクタイト株式会社
<エレクトロニクス>
〒130-0013 
東京都墨田区錦糸1丁目10番10号 テクタイトビル
TEL.03-5611-2525
FAX.03-5611-2526
http://www.techtuit.com/group_company/t_japan/
“音声放送のプロ”TACに「夢の自動販売機」が登場 [2010年10月22日(Fri)]


株式会社TACスタッフの皆さん


2010年10月、株式会社TAC(港区赤坂)に「夢の自動販売機」が登場しました。同社は、TBSラジオの放送業務(番組企画制作・技術業務・情報キャスター業務など)を中心に「音声放送のプロ」を自負するプロダクションとして1987年に設立。ラジオやテレビの番組企画制作や技術業務、リポート、ラジオコマーシャル制作などを行なっている会社です。この他、コミュニティーFMの開設・支援、イベントの企画・製作、音声やMAスタジオのレンタル業務、CD・VP(ビデオパッケージ)の制作、ホームページ製作なども行っています。

今回、「音声放送」にこだわったスピーカー入りのイラストがコチラ。TAC様のこだわりです音符
担当の谷内様にも随分とご協力いただきました。

実はこの谷内様。2007年にアフリカ貧困視察のメンバーで一緒にマラウィ、マダガスカル、南アフリカを一緒に視察した方です。ご縁があって再会し、それがきっかけとなって寄付型自販機の導入に向けてご尽力いただきました。

これからも皆様の思いと共に、お預かりした寄付金は大切に活用させていただきます。
ご協力どうもありがとうございました。

〜社会貢献パートナー〜

株式会社ティーエーシー

<ラジオ番組の企画制作>

〒107-0052東京都港区赤坂2-5-1東邦ビルディング4F
電話:03-3505-7111
FAX:03-3505-4449
http://www.tacjapan.com
info@tacjapan.com
TAC営業部・営業日報 http://love.ap.teacup.com/tac_eigyo/
『株式会社シーアールエス』様、ありがとうございます!! [2010年07月13日(Tue)]

株式会社シーアールエス 
<情報システム>

〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻534 川尻ビル B1F
電話:03-5155-9401
FAX:03-5155-9402
http://www.crsbiz.com/

メモパートナー紹介
当社は、情報システムの企画・設計・構築〜運用・保守を行っております。
お客様のONLY ONEとなることをモットーに、
刻々と進化する情報技術を追求し、お客様と価値観を共有し、満足を得る情報サービスの提供を目指しております。


(写真:「夢の自動販売機」を皆で利用しています。お二人ともとっても良い笑顔ですね!)
続きを読む・・・
大成建設は「夢の自動販売機」設置だけでなくキャップも寄付! [2010年07月05日(Mon)]

社員のボランティア活動への参加を推進している大成建設
ある現場で取り組んだのは、飲料1本につき10円が誰かの笑顔につながる寄付型「夢の自動販売機」の設置です。あわせてペットボトルのキャップを分別回収し、建設用資材原料としての再資源化を促進し、焼却処分を行った場合に発生するCO2の排出量抑制に寄与するとともに、その売却益で発展途上国の子どもたちにワクチンを届ける運動にも協力しています。


「人がいきいきとする環境を創造する。」――モノを作る時代の先端を駆け抜けてきた大成建設は、建物を建てるだけでなく、今では環境対策やビルのリニューアル、歴史的建築物の保存改修、バイオ先進技術を駆使した有害廃棄物の再資源化などにも取り組んでいます。

ある作業現場に設置していただいた「夢の自動販売機」。社員の皆様に飲料を提供するだけでなく、気軽な社会貢献ができると喜ばれています。自販機の横には、ペットボトルのキャップを集める箱も設置されていて、飲料1本10円の寄付だけでなく、ワクチンを寄付する活動と合わせてご協力いただいていました。(写真:自販機横にあるペットボトルののキャップ入れ)

作業所長の長尾周さんは「モノを新しく作ることで環境に影響を与えざるを得ない場合もある。それを何で還元するかというのが課題。その中で、作業現場付近の沿道の清掃活動など、地道に小さなことから取り組み、出来ることからやるようにしています」と話してくれました。
時代の変化と共に仕事の中身も変わってきたのか訪ねると、「モノづくりとは、言葉で理解するだけではなく、体で経験しないと覚えられない技術がある。時代の変化とともにモノづくりのチャンスが減り、職人たちの技術が伝承されずに埋もれていくのは残念。大成建設を、更に言えば建設業界を活気ある職場にしていきたい」と熱く語ってくださいました。(写真左:作業所長 長尾周さん)

日本の経済が上り坂だったモノづくりの時代も、サービスが多様化した今も、同じ「職人」として生きる長尾さんのプライドを強く感じたインタビューでした。これからも大成建設の皆様からの思いを大切に、私たちも頑張って行かなくてはという思いを新たにしました。笑いハイビスカス

大成建設の皆様、いつも御協力ありがとうございます。これからも引き続き、ご協力をよろしくお願いいたします。
平和島競艇場にも「夢の自動販売機」が設置されました♪ [2010年06月22日(Tue)]



平和島競艇場にも!「夢の自動販売機」が設置されました!
複数台設置してある自販機の1台を置き替えていただくだけでも、
実はそれは大きな決断なのです。

競艇場のように人が多く出入りするところでは特に、
利用する人が多ければ多いほど寄付に出ていく金額も大きくなるため、
かえって自販機設置が難しいケースもあります。

我々、日本財団はもともとが競艇の売上金の一部を財源に公益活動を推進するところ。
今回御協力いただいた「夢の貯金箱」への皆さまからの募金も、無駄なく大切に活用させていただきます。

利用者をはじめ、関係各社の皆様、御協力をどうもありがとうございました笑いハイビスカス


株式会社三幸が2011年版名入れカレンダーの販売を開始 [2010年04月05日(Mon)]

株式会社三幸よりお知らせです。

2011年版名入れ用カレンダーの販売を開始しました。
当社は自社製品も多く製造しており、文字カレンダーや動物カレンダーはじめとする多種多様なカレンダーを約1500種類ご用意しております。その中には、全ての方に正しく情報が伝わるカラーユニバーサルデザイン「CUDO」に配慮して作製されたカレンダーも取り扱っております。
ぜひ一度、弊社のホームページまたはお電話でのお問い合せをお待ちしております。

ホームページアドレス
http://www.sanko-calendar.com/

お問い合せ電話番号
03-3872-3196


カレンダー製造の株式会社三幸 「夢の自動販売機」を設置 [2010年04月05日(Mon)]

株式会社 三幸
<カレンダー製造・販売>

〒110-0012 東京都台東区竜泉2丁目16番7号
電話: 03-3872-3196
<営業時間>9時〜17時 ※季節により異なる
http://www.sanko-calendar.com/


メモパートナー紹介

1962年三幸団扇株式会社として創業し、48年間カレンダー企画・製造・販売を行っている会社です。これからの名入れカレンダーは、企業の事だけを考えたカレンダー作りから、個人のご利用いただく事を考えたカレンダー作りへと、時代の要望が変わりつつあります。当社は、その時代の様々な要望に合わせたカレンダー企画・製造・販売を行っております。(写真:株式会社三幸オフィス外観)
続きを読む・・・
劇団俳優座LABO公演「ゾンビな夜」のお知らせ [2010年02月06日(Sat)]

〜劇団俳優座LABO公演「ゾンビな夜」のお知らせ〜


http://www.haiyuza.co.jp/info/labo.html



平成11年度文化庁舞台芸術創造奨励賞佳作
作/石井貴久 演出:安藤勝也

十年ひと昔。
社会はどう変化し、人の心はどう変化したのだろう。
十年前、世間の誰もがおかしいと思っていたことが、
今でもゾンビのように生きつづけているのかもしれない。

あらすじ/ 良彦は啓子と付き合っていたが別れ話がもつれている。 自殺をちらつかせ結婚を迫る啓子…自分で解決できない良彦は、母親・寿子に助けを求める。子供の頃から常に寿子に助けを求めてきた良彦。寿子は良彦を助けるため啓子を殺し埋めてしまうことを計画、良彦の妹・ゆかりもその片棒を担がされてしまうことに。 啓子を始末し家に戻った三人の前に、殺したはずの啓子が・・・再び現れる。

日程/2010年2月14日(日)〜21日(日) 会場/劇団俳優座5階稽古場(六本木)
料金/一般:3500円 学生:3000円(全席指定・各税込)
★バレンタイン特別ペアチケット発売!各回3組限定!
ペアチケット1組 5,500円(劇団のみ取扱い、2/1より受付開始)


◎LABOブログ始動!

お問い合わせ:劇団俳優座 03−3405−4743 
http://www.haiyuza.co.jp
「楽しい、深い、豊かな、ヒューマンな」舞台創りを目指す劇団俳優座に「夢の自動販売機」が登場! [2010年01月29日(Fri)]

劇団俳優座
<エンターテイメント>

〒106-0023 東京都港区六本木4-9-2
TEL:03-3470-2888
<営業時間>10時30分〜18時30分
http://www.haiyuza.co.jp


メモパートナー紹介

1944年10名の同人をもって設立された新劇劇団です。創立以来の理念である「今日の新しい現実の新しい表現」を中心課題とし、「楽しい、深い、豊かな、ヒューマンな」舞台創りを目指しています。特定の流派や創造方法に偏らず、広く内外の演劇的遺産を受け継ぎながら、新しい本格的な日本の現代演劇の普及に取り組んでいます。古典、近代古典、現代劇の三本柱で年間東京にて6〜8本の演劇公演を上演しています。


続きを読む・・・
芸術を通した交流を行う(福)あすはの会 福生学園に「夢の自動販売機」が登場 [2010年01月14日(Thu)]

(福)あすはの会 福生学園
<知的障害者入所施設>

〒197-0003東京都福生市熊川1600−2
TEL:(042)530−6961
<営業時間>年中無休
http://www.fussagakuen.com/



メモパートナー紹介

1994年に開設された成人知的障害者43名の入所施設です。JR拝島駅から徒歩約10分。隣接の横田米軍基地のおかげ?で周りは防衛施設庁の敷地・緑地帯がかなりあり、飛行機騒音を除いては良好な環境にあります。開設以来、芸術創作活動、音楽療法を活動の中核の一つに据えて国内外との交流、発表等をおこなってまいりました。2009年10月、その実践の歩みは「施設における文化活動の展開」として編集出版(文化書房博文社)されました。関心のあるかたは是非お手にとってご覧ください。

続きを読む・・・