CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«■足湯ボランティアも活躍 | Main | ■合言葉は『秋葉原から被災地へ』»
日本財団チャンネル
『1本10円のチカラでみんなハッピー!』

日本財団チャンネル
『飲んで貢献、置いて貢献』

カテゴリ
★ちょきんバク君★

日本財団 寄付チームさんの画像
リンク集
トラックバック
私たちは社会貢献活動支援サイト【プレコラ】に協力しています。【http://www.precolla.jp】 日本財団ROADプロジェクト
■義援金と支援金の違い [2011年04月01日(Fri)]

支援金、義援金っていったいどう違うの?と疑問に思われる方も多いと思います。

ごくごく簡単に説明すると・・・・こうなります。


支援金・・・ 被災者支援を行う団体の活動費として使用される
義援金・・・ 被災者に、お見舞金として直接配分される

共同募金や赤十字が行っている募金活動は主に義援金といわれるものです。義援金として寄付を行った場合には、多くの団体より義援金として集められた募金額の全体が把握された後、一つにまとめられます。そして日本赤十字社をはじめとして数社の代表からなる義援金配分委員会によって、被害の状況が最終的に判明したところで、被災条件によって配分額を決定しお見舞金が配分されます。ちなみに阪神淡路大震災の際は平均10万円が配分されたそうです(※集まった募金額の一部が早めの段階で一時金と被災者に配分されることもあります)

一方で支援金とは、大震災において活動しているNPO団体やボランティア団体が被災者のための支援活動を行う時に使用されるというものです。また義援金が一時的な金銭支給に対して、5〜10年と長期間かかると言われている今回の震災の復興のためには、阪神淡路第震災の経験からNPOによる復興活動が重要であることがわかっています。
被害状況等がわかってから配られる義捐金と比べて、スピーディに被災地に届けられるというメリットも支援金の特徴です。

日本財団が運営している公益コミュニティサイト「CANPAN」のブログで、支援金と義援金の違いをわかりやすく、かつ詳しく、まとめてくださっているものもあります。寄付に対する税務上の違いなども説明されています。

NPO会計道 義援金と活動支援金※他の記事では税務の違いなども詳しく解説されています

田中尚輝さんのブログ 「義援金」と「支援金」

現地で活動しているスタッフ黒澤 司のブログ 


寄付していただける方はこちらをクリック↑

日本財団黒澤が被災地で頑張っています⇓
https://blog.canpan.info/coco/

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント