CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

幸重社会福祉士事務所ぼちぼち日記

独立型社会福祉士事務所の日常をぼちぼち報告しています。


最新ブログ投稿
NEW 最新20件の表示
ブログカテゴリ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
NEW 最新30日の表示
30回目大津トワイライトスティの模様をお伝え! [2014年10月22日(Wed)]

とみかです車(セダン)

火曜日に行ったあめんどトワイライトスティを報告します。

Sくんは広告をちぎって雪のように降らせたり、マリオごっこをしました。
自ら楽しい遊びを考えるところがすごい!と思います☆
IMG_8517.jpg
雪がふるの図。

マリオごっこでは、私はクッパ城の役をしました。
クッパ城はラスボスのすむ城で、さらわれたピーチ姫がいます。
クッパ城までマリオがなかなか来ないので、姫とまったり(待ったり)していました。
役得です。
岩役のゆいこさんのトワイライトスティの感想はFacebookページで。

おちょ氏となな氏が床で地上絵を作っていた。
IMG_8524.jpg

ディナーは七面鳥、ぴたぱんもどきとお野菜でした。
IMG_8525.jpg
Sくんは鳥の骨に興味津々でした。

すごい道具がなくても想像力で遊びを考えられることを学びました☆
楽しい遊びを考えたい!

(とみか)
人権研修「貧困を抱えて生きる子どもたち」 [2014年10月22日(Wed)]
平成26年度しが夢翔会
人権研修「貧困を抱えて生きる子どもたち」
平成26年7月2日 於:すみれ
平成26年7月7日 於:ステップ広場ガル
講師:幸重忠孝
参加:68名

以前ゆっきーが研修の講師をさせてもらったところから、ご丁寧に感想を頂きましたので、その一部をご紹介しますexclamation×2

・引きこもりなどの背景に貧困や虐待などが潜んでいるケースも珍しくなく、居場所を失って、非行に走るケースも珍しくないという話を聞き、その子だけの問題ととらえるのではなく、家庭や学校、また、地域住民でサポートしていくことが重要だと感じた。

・強制ではなく、ふらっと行ける居場所があることは、子どもたちにとっても安心できると思います。また、そこで大学生のボランティアさんのように、近い感じで関わってくれるお兄さん、お姉さんがいるというのも大事だと思いました。そういうボランティアさんたちが今後また、社会に出てそういう活動が広がればいいなあと思いました。

・貧困、疾病、いじめ、不登校などそれぞれの問題を別の問題としてではなく、つながったものとして捉えること、一つの問題についても多面的に見ていくことが大事だと感じた。

・トワイライトステイやナイトステイを通して、変化していく子どもたちの様子を見て、孤立を防いだり、子どもが健全に成長していくためには、特別な事ではなくても、ご飯を食べる、お風呂に入るといった一緒に過ごす時間が大切なんだと思った。そうした日々のかかわりの大切さは、対人援助全般に通じるものだと思う。
| 次へ