CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

幸重社会福祉士事務所ぼちぼち日記

独立型社会福祉士事務所の日常をぼちぼち報告しています。


最新ブログ投稿
NEW 最新20件の表示
ブログカテゴリ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
NEW 最新30日の表示
思春期の子に本当に手を焼いたときの処方箋33 [2015年03月19日(Thu)]
先日、ゆっきーが話を聞いてきて、すごく良かったので、大人買いしてきたという本のご紹介ぴかぴか(新しい)

『思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33』
『神様からの贈り物 里親土井ホームのこどもたち』
『虐待・非行・発達障害 困難を抱える子どもへの理解と対応
            〜土井ファミリーホームの実践の記録』  
 土井高徳 著

土井様のサイン付き『思春期の子に本当に手を焼いたときの処方箋33』を、まず読ませていただきました手(チョキ)

ー「土井ホーム」にやってくるのは、ほかの施設では手に負えないほど心に傷を抱えた子どもたち。
ともに暮らしながら心の傷を癒し、社会へ自立させてきた日本でただひとりの「治療的里親」が、だれにでもできて、どんな子にもすぐによく効く思春期の子育ての処方箋を伝授。ー

37年間で100人を超える青少年を育ててこられた、子育てのプロ。
この方が言うのだから、間違いないですexclamation×2

ー子どもたちの心の痛手を癒し、元気を取り戻すために必要なのが、食事を睡眠、そしてにぎやかな会話という「何気ない毎日の暮らし」ー

子育て中の方はもちろん、学校の先生や、施設の職員、様々な現場で子どもと関わる皆さんに、お勧めしたい本ですグッド(上向き矢印)

私も息子たちが思春期になった時、本当に手を焼いても、焼かなくても、もう一度、何度でも読みたいと思いますわーい(嬉しい顔)

(のりこ)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
書籍のごあんない
book01.png
第1部
「こどもの貧困課題への挑戦」
幸重忠孝 執筆ペン
プロフィール

幸重さんの画像
ぼちぼち日記サーチ
検索語句
https://blog.canpan.info/yukishige/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/yukishige/index2_0.xml