CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« オーラソーマ | Main | ご案内 »
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
おしくらまんじゅう。[2016年03月08日(Tue)]
kyotopassing.jpg

"寂しいこと"を口実にして
ひとに近づこうとするひとが嫌いだ。

嫌い。
と、嫌悪するほど、
おそらくそれは、自分に染みついた性質なのだろう。

憎む対象。
それは、自らのうちにあり、到底認めたくなりものの表れ。

そう書きながら、
そういうことをまっすぐに頑なに言葉にする
自分を、もみほぐそうよと考える。

正面で向き合おうとすると嫌だ。

だとしたら、おしくらまんじゅうのような
まるくてぼやけた輪郭で。

どっちが前か、うしろか、
わけのわからない、実体の塊を差し出して。

おしくらまんじゅう、
おされて、泣くな。

(画像は、東海道新幹線から、通り過ぎた京都)
紙飛行機[2015年07月23日(Thu)]
risagas.jpg

こんにちは。

いただいた手紙にお返事を書こうと思って
書いた手紙を
後から繰り返し読み返せるようにと
ここに記すことにしました。

パブリック・スペースにおける
1対1。
なかなか素敵な設えでしょう?
(それに、「1対1」という表記は
剣を手に真剣に向き合うふたりのようです)

この、うさぎのようなもの、知ってますか?

リサとガスパール。
通称リサガスというのですが
東京駅のエキュートで
海の日までの間、リサガス・スペシャルをやっていて
その可愛らしさに思わずパシャりと写しました。

リサガス、すごくいいんですよ。
なにがって、ちょっとブラックでシュールなところが。

私、いま日本の社会で起きている
いろんなヘンテコなことについて、
この人たちの反応をみてみたいものだと思います。

例えば、リサガスがデモに参加したら
いったいどんなプラカードを掲げるだろうとか
想像する先に
何か、光が見えるような気がして。

(余談ですが、私は、
ミュージカル『レ・ミゼラブル』の『民衆の歌』が
とても好きです。

あの歌を聴くと
いつも目頭が熱くなる。
とくに"It is the music of a people who will not be slaves again"
っていうあたり。
もう、奴隷じゃない。
それはとても深い叫びで
その対象は、
あからさまに顕在化した
権力組織だけじゃない)

紙飛行機、と
このメッセージのタイトルに添えました。

あなたから届いた
手紙の中で見つけた言葉です。

紙飛行機は
風に乗って、軽やかに飛ぶ。

紙飛行機を飛ばそうとすると
人は
風の方向をみて
それから、飛ばす先の相手のことをみて
そこを通り過ぎる誰かがいないかと
周りのことも、ちょこっとみて

その一瞬に、
ずいぶん、たくさんの存在に
こころを払うのですね。

雨降りだと、
湿度を吸って
うまく飛ばすことができないし。

そんな紙飛行機という存在のことを
「・・・ね」っていう感じで
一緒に、味わってみたくなった。

それが、私からのお返事です。

私がここのところ
思い出したように、言葉を紡ぐことにしたのは

病室に入るようになる日がきたとして
(病室って、Rich peopleしか入れない
シェルターになるんじゃないかしら、いつか)

こうして綴る言葉こそが
癒しをもたらす希望の種になってくれるように
思うからです。

全然、ぴんぴん、元気なんですけれど

「病室(という、豊かさがなんたるかを
突きつけてくるような空間)」の存在が
ときどき頭をかすめ

言葉と身体に
向き合わずにはいられません。

花火大会のない、2015年7月23日、鎌倉。
線香花火に優しい夕べとなりますように。
粒。[2014年05月13日(Tue)]
IMG_2780.JPG

ねえ
歩くと沈むやわらかな砂浜を歩くように
こんなことを考えたんだ

いのちについて。

よく、(生まれかわり)っていうでしょう?
死んでもまた、生まれかわって会えるよって

それ、違うんじゃないかなって

死んでしまったら、やっぱり同じようには出会わないと思うの

(次の人生で)っていうの、あんまり期待しすぎると
いまがぼやけてみえちゃうなって
それでは今があんまりだなって

(死)ばかりが確かすぎるように見えたから
あえてそんな風に
考えてみた。

かわりにね、
こんなことを考えています

人は死んだら、ちいさなちいさな砂粒のようになって
粒となった魂が、ひかれあい、交わり、導きあったりしながら
あたらしい(ひとつの魂)を形成する
そして、宿る身体をみつけるの

だからね
今生きているような形で、あえるのは今世だけ
つぎにあうときは
私たちは(とけあって)違う塊になっていることだろう

見知らぬ感情に
胸が熱く焦がされ
あるいははじめてあった誰かに
懐かしさを感じるのは
たぶん、そういう理由じゃないかな。

ねえ

誰も知らないことをしゃべろう
世界ではじめて話すように、しゃべろう
道界[2014年05月02日(Fri)]
IMG_0301.jpg

どこだったか
歩いていて、目に入ったのを
ふと気になって写した写真。

「道界」とは
公道と民有地との境
を示すものらしい。

まあ、なんと

私の関心事をついてくる
言葉じゃないですか

あなた。
どこかの片隅にて:[2013年09月30日(Mon)]
IMG_8955.JPG

「誰かさんにみつけて欲しくなったときに、訪れるカフェ」のこと

そこには、もう忘れてしまったくらい長く会っていない誰か と
ふと会いたくなった人が、ふわりと訪れる

そして、珈琲を一杯飲み干すだけの時間が過ぎると、また、ふわりと立ち去ってゆく

設置されたカメラが、店内のようすをネットの海へと結びつける

カメラの性能は、面影を想像させるに十分なだけ鮮明で
その隙間は、想像力が埋めるのにちょうどいい

誰かさんに見つけて欲しい誰か は、
お店のボード(黒板)に、手書きでメッセージを書き残していく

(消されるまでの時間・・・は店主の気まぐれや店の混み具合によって決まる)

手書きのメッセージは、ちゃんと、はっきりと、読み取れるようにスクリーンに映る

チョークを手にすると人は、やさしい気持ちになるから不思議
(だからそこには、嫌な言葉を誰も残さない)

誰かさんにみつけて欲しくなったときに訪れるカフェ

メイプルシロップの香るどこかに。
未来から聴こえるあなたへ[2013年01月28日(Mon)]
20130128.jpg

おんなのこはみんな
とっても深く愛したいという誰かの気持ちに導かれて
生まれてきたのよ

だから
もし見失うことがあったら
微笑みかえしてあげて

笑顔はきっと
あなたを出逢わせてくれるからね

おとこのこはみんな
あなたがいてくれて嬉しいというこころに導かれて
生まれてきたのよ

だから
もし見失うことがあったなら
空を見上げてあげて

果てしない広がりはきっと
人生の約束を思い出させてくれるからね
もしも。[2013年01月23日(Wed)]
20130121snowman.jpg

もしも あなたが
「見える世界」を失ってしまったとして

人びとが 目にうつるあらゆる美しいものについて語るたび
心がずきりと 痛むことがあったとして

みえないものが
視界を防ぐようなことがあったとして

それでも

ある朝突然 目覚めたら再び
その目は風景を捉えることができるようになったとした時

私は問いたいと思うの

心の視界は どんな風に変化したかしら

「手に入らない」と諦めたものを
どんな風に愛し続けてこられたかしらということを
てくてくと朝。[2013年01月21日(Mon)]
20130121sannensaka.jpg

大好きな京都のまち。

朝 「誰もいないこの道を歩く」という特別。

足音、あしおと。

自分の知らない自分を連れて歩いていることに
気づかされる。

ハートと思って写したこの写真。
ハートというより、ねこ みたいだ。

ねこの歩くおとは「ててて」のイメージ。
わたがしのように軽くて それは。
ふたつの世界の王様の話。[2012年11月30日(Fri)]
20121130(picfrom2009)DSC_0730.jpg

尊き国の王様がきっとしていることがある

それは
朝の始まりと夜の終わりのときに
深くに眠る哀しみの声に耳を澄ますこと

それから
信じる気持ちと愛するこころで
それらを癒し信じる力へ変えてゆくこと

迷いの国の王様と反対で
尊き国の王様は
自らの魂の癒しから施すことを始める

自らの魂の痛みを隠したままで
恐れだとか
外側のきらびやかなものたちに
心を吸い取らせようとするひとたちの

道連れを必要とする
その哀しみよ
[2012年10月30日(Tue)]
for20121030.jpg

人の軀のなかには
滞っている時間があって

それがいわゆる
「不具合」みたいなことの正体

何故なら

いのちは流れつづけていて
そのことによって 時と、シンクロナイズしている

故の、軀、ですから。
| 次へ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像