CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ちいさな手ざわり | Main | 5月 »
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
いまというプロセス[2020年04月17日(Fri)]
Waterlogue-2020-04-11-23-01-15.jpg

対面で人と会う機会が減り、"よそいき"の服装に着替えることもすっかりなくなってしまった今。オンラインのスクリーンには明るい色が映えると、着る服の色に気を使うようになった。メイクをするより、色彩の鮮やかな服を身に纏う方が全体に及ぼす印象がよいような気がして。それに、自分自身のエネルギーが高まるような気がするし。

そんなことを考えたのは、近くに咲くこの花を見かけた時だった。この写真を撮ったのは幾日前のことだろうか。社会が時に迷子になりかけた時には、自然にまなざしをむけるのが役に立つ。料理をするのもいい。食材の鮮度が時の流れを教えてくれるから。いのちは否応なしに流れる時間を教えてくれる。

いま、ちょっとしたことを手掛けながら思うのは、自分のなかですぐに過去になっていくプロジェクトのことだ。たちあげる・育てる・手渡す。まだないものに形を与えることが好きだということ。そしてそれが、共有できるかたちになり、自分の役割を終えたなら、また次のものを生みだすために動いていくということ。

(手渡す)を意識することで、区切りが生まれ、フォーカスも明確になる。逆に自分が十分に発揮できていない時というのは、手渡し先がうまく準備できていない場合だ。そうなると、時としてある意味(義理)のような感覚でその場に携わることになる。よどんでしまうのは、そんな時だ。

今年のうちに手渡したいと考えているものがいくつかある。本当は昨年から計画していたつもりが、法則がみえていなくてうまくいかなかった。今年はつかめますように。実際、3年くらいはかかってしまいそうだけれど、手渡す準備を着実に進めていけますように。

昨日、(さよなら)や(別れ)のことについて書いた。それは寂しさに関係があるような気持ちがした。でもそんなセンチメンタルな側面のほかに、立ち去らずにはいられない性分のようなものも感じている。

そしてだからこそ、帰る場所を持つことが私には大事だ。
【日々のことの最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/781
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像