CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ちいさきもの | Main | あなたみたいなひと »
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
しあわせのカーテン[2019年11月14日(Thu)]
IMG_7592.JPG

今日は大嘗祭ということもあって
ていねいに美味しくいただいた
お食事の写真を選んだ。

正確にはちょっと違って

昨日、銀座のお箸やさんを取材して
お食事というものの豊かなあじわいに触れ
静かな対話の時間のような
あの食事のひとときのことを思い出したから。

大切に、想いを込めてつくっていただき
運ばれてきたものを
一つひとつ、その名を確かめながら
いただくことの贅沢さよ。

いや、贅沢というか
その豊かさをいつの食卓にだって
本当はもたらすことができるのだなと
こうして、書きながら気づく。

したざわりや、香り
意外さやあまさ、にがさがあって
官能的でさえあるような体験。

樹木希林さん主演の「あん」という映画の
あずきを茹でるシーンのような
空想絵巻のようなあじわい。

***

ここのところ
とても満たされた気持ちの時、ふと
風景のなかに薄いレースのカーテンがみえて
自分はその向こう側、それともこちら側
そのどちらにいるのだろう?
と考えることがある。

すっごくうれしい!
と思う気持ちのそばで、はたと

カーテンのこちら側からみて
それはうれしいことなのだろうか?
と立ちどまる(つっこみをいれる?)感覚

(つっこみを、と書いたのは
そんなに深刻な感じじゃないよっていう意味です。
わりと、からっとしている)

この、カーテンの向こう側とこちら側を
意識することは
本当に必要なことなのだろうか。

フレキシブルというか、遊びごころのある
自由な自分でありたいけれど
少しは溺れていたいような気もする。

そういう時に
カーテンを(区切り目)ではなく
(Wonderのダンス)として捉えたら

おおらかさと、無邪気さ
その両方と
遊んでいられて、素敵だろうか。
【日々のことの最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/710
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像