CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« "好き"が不得意 | Main | しあわせのカーテン »
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
ちいさきもの[2019年11月14日(Thu)]
Waterlogue-2019-11-14-08-24-16.jpg

今朝、目を覚ましたら
雨粒が窓にあたる音がした。

カーテンをあけると
ちいさな青い空が
雲の隙間に輝いている

(もしかしたら)

と慌ててパジャマを着替え
砂浜にでて虹を探すも

残念!

雨は降るのをほとんどやめてしまって
太陽も遠慮がちにしか顔を出していない

朝一番、
虹の知らせを届けることはできなかった。

それでも雨音と光は
ぬくぬくのベッドを
ジャンプして飛び出すくらいの
元気をくれたので
えらい!

朝露と雨のブレンドされた雫が
玄関先の花の上で光っている。

Waterlogue-2019-11-14-08-24-53.jpg

最近、大貫妙子さん・坂本龍一さんの
UTAUというアルバムを聴いている。

その透明な音色の
散歩から戻り、コーヒー豆を挽いている時間に
香りとともに身体にしみゆく感じがいい。

そういえば今朝
砂浜を歩いていたら
雨で濡れて固くなった地面の上を
かわいて軽い砂の粒たちが
風に包まれ、かけていくのが見えた。

砂たちはそうやって
移動しているんだなあ。

粒たちの一つひとつの
勢いと、舞うような足どりに
しばしみとれて、立ちどまる。

海沿いの通りには
湘南国際マラソンの看板があって
ああ、私も走りたかったなと思う。

とはいえ
走るのって結構しんどかったりもするから
今度走るときには
あの砂たちのことを思い出して
風とのダンスをイメージしよう。

鈴の音をポケットにつれて。
【日々のことの最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/709
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像