CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 境界線 | Main | せなか・おなか »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
桜と、時の旅と。[2017年04月17日(Mon)]
aikido_kawaguchiko.jpg

風景に雪のような薄紅の香る時間が、
今年はいつもより長い。

この春のことを
私はどれくらい覚えているだろうか。

***

合気道の合宿で河口湖畔を訪れた。
雪を冠した富士が
目の前に聳(そび)えている。

田畑の境を
積み重ねられた溶岩が彩る。

この、ごつごつとした塊は
かつては真っ赤な恐ろしい様相で
山をくだってきたのだろう。

時は眠る、
そして、ときどき、目を覚ます。

とうてい誰も置き去りになどできない
とてつもない力で。

***

"ただ、我に帰るってことだよね"

帰りの電車に揺られながら
とある先輩から、
ふと、そんな言葉を受けとった。

それは、こころの深い部分について
触れようとするときに
人がつい目指しがちな
"覚醒"や"目覚め"
あるいは"霊性や意識の高さ"
といったことがらについて
より、しっくりくる感覚をつかもうとして
交わした会話の中で
出会った言葉のひとつだ。

"正気になる、というか。
我に帰るというか。
その感覚を持てたら、
人は、自分の力で
たちあがれると思う"

なるほどなあ...と思った。

こんな風にさりげない言葉で
さらりと、表現できる。
先輩のあり方に、またひとつ
憧れを感じてしまった。

***

2枚目の写真は
合宿先の稽古場の近くでみかけた雉。

甲高い鳴き声は
あまりに大きく響くので、
すぐ傍にあるのに
自然とは認識できないくらいで

枯れた藪の茂みの中に
この鮮やかな色彩を目にした時の感動は
もったいないくらい、大きくて

目の前にいる他のひとたちに
知らせることが、できなかった。

雉にこうして出会えたのは、
先輩とわたしのふたりで、

きっと、ふたりで
近くの神社にお参りをしたからだなと
思うことにしている。

kiji.jpg
タグ: 合気道 NVC
【日々のことの最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/665
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像