CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« "在り方"という備え | Main | 咲いた花と、時間。 »
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
桜、咲く - 2017[2017年04月06日(Thu)]
sakura2017.jpg

桜の季節がやってきた。

「あと、何回桜をみれるかねえ」
年老いた祖母のそういう言葉を
随分前から、耳にしてきた。

だいじょうぶ。
もうそんな心配も忘れるくらい
おばあちゃんは、元気だ。

***

1月下旬から一週間ほど、サンフランシスコ郊外で
Bay NVC Leadership Programというコースを受講してきた。

その学びをシェアする場をつくる準備をしながら
こんなことを、言葉にした。

「NVCに興味があるっていう人に、NVCを伝える場を
設けますってアナウンスしていくのって
とてもシンプルなことだと思う。

でも、NVCっていう言葉でも方法論でもなく
本当に分かち合いたいと思うのはその精神性だし
それは、ひとが、ひとりひとり、
可能性にひらいていく、勇気だとか
人間性への信頼のことだと思う。

NVCって言葉を使わなくても
その人たちにとって"もっとも自然に"
関係を紡いでいくことだと思う。

教えるとか、教えられるとかではなく。

そういう"場"の設け方のことを
いつも、ずっと、考えているんだ...」

***

この、ふと呟いた言葉は
考えてみればきちんとシェアしたことが
なかったかもしれないけれど

自分にとって、とても大切にしていることだし
いつもいつも考えていることで。

だからここに、記しておこうと思った。

今年の桜の思い出として。
タグ:合気道 変化 NVC
【日々のことの最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/662
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像