CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 選択 | Main | 佇まい »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
解す[2015年07月21日(Tue)]
hayama.jpg

解す(ほぐす)というは
「ほおずき」という言葉とも似ている

(「ほおずき」は「鬼灯」と漢字で書くと、急に遠くに感じるけれど
「ほぐす」だって「解す」にすると
急に、哲学か理科の時間みたい)

***

姿勢をよくするのに、どうしたらいいか
を調べていると

「自然に、力を抜いた状態をとる」
のがいい、とでる。

姿勢の悪さは
余計なところに力が入って、
無理がでている、状態なのだと

***

「エネルギーの無駄な消費」
は、人の中で、常に起こってる

そのことを改めて感じたのは

「目の見えない人は 世界をどう見ているのか」
という、伊藤亜紗さんという方の本を読んでいてのこと。

例えば、コンビニに立ち寄って
「うかうかしていると、公共料金を払いにきたのに
プリンを買ってしまったりする」というのは

目に情報が飛び込むゆえに
思わず、してしまいそうな、こと。

影響力から自由でいることは、
私たちが、人生を思いもかけないものに
消費しないでいるために
とても大切な、スキルなのかもしれない。

デジタルデトックス、というと、優雅なようだけれど
例えばそういうことも
切実に、サバイバル・スキルに関わること・・・
のように思えるのは

私がいま、
あらゆる意味の「味覚音痴」の危機に
陥っているからに、きっと、ほかならない。

***

「エネルギーの無駄な消費」について
一番つよく思うことは

怒り疑念、見栄だとか怖れみたいなものを
振り落としたら

もっと、さらさら、流れ出すよね、ということ。

怒りとか、なんとかっていうのは
とっても精神論的に聞こえるから、あれだけど

目を閉じてみたなら、
もし、何も耳に届かないならば

そういう、 "もしも"を通して

普段、自分が慣れ親しんでいる
"フィルター"の存在に
敏感になることは、
きっと、多くの
気づきをもたらしてくれることだろう。

***

フィルターの掃除
・・・って、実際、省エネにも、とても役立つし。

***

精神的盲目・難聴について ひとは案外、無自覚。

そんなとき、
見えない、聞こえない自分を嘆き、
矯正しようとする代わりに

こころの中の
エラー・リフレッシュ・モードのボタンをおしてみよう

ミントの雫を添えて。

***

追記:
本の中で紹介されている、脳性まひの小児科医・熊谷晋一郎さんによる
障害者の自立についての定義:
「自立とは依存先を増やすことである」

そして思う。

「あの、高い棚にある、あの本をとってください」
っていうくらい、少しのこころづかいで
交換できる「依存」を
増やしていくのがいいのだと思う。

それって、制度とかの世界じゃ、ないよね。
【こころと身体の最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/yukikazet/archive/502
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
プロフィール

makiko21さんの画像